インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

タグ:資産形成

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
橘玲(たちばな あきら)さんの『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬社, 2017.8)を読みました。経済合理的な考え方を学ぶことができる良書でした。

概要

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 : 知的人生設計のすすめ / 橘玲.
東京 : 幻冬社, 2017.8. 418p : 16cm.

著者の橘玲さんは、投資や経済に関する著書を数多く執筆されている方です。これまでの著作には、本ブログでご紹介した『臆病者のための億万長者入門』があります。

【参考】資産運用の真実を解き明かす本。『臆病者のための億万長者入門』(橘玲著)

本書の目次は、次のとおり。
  • 0 「黄金の羽根」ができるまで
  • 1 世界にひとつしかないお金持ちの方程式
  • 2 誰も知らない資産運用の常識
  • 3 不動産の呪縛を解き放つ法則
  • 4 生命保険は損をすることに意味がある
  • 5 見えない「貧困化」が拡がっている
  • 6 国家に惜しみなく奪われるひとびと
  • 7 「個人」と「法人」、ふたつの人格を使いこなす
  • 8 マイクロ法人で人生が変わる
  • 9 不可能を可能にする奇跡のファイナンス
  • 10 税金について知りたいほんとうのこと
  • 11 税務調査の裏と表
  • 12 クリエイティブクラスとマックジョブ

本書は、2002年12月に発売された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬社)がベースになっています。

文庫化にあたって、マイナンバーの導入、法人に対する社会保険の加入義務の厳格化、海外資産の捕捉強化についての記述が加筆され、再構成されています。

「黄金の羽根」とは?

タイトルを見たとき、まず気になるのが「黄金の羽根」の意味。本書では、次のように定義されています。

黄金の羽根
制度の歪みから構造的に発生する"幸運"。手に入れた者に大きな利益をもたらす。
(3ページから引用)

2002年に開催された日韓ワールドカップでのチケット争奪戦を例に挙げながら、制度の歪みがもたらす経済的な利益について説明が行われています。

本書は、このような制度の歪みを紹介することで、自由な人生を過ごすために必要な資産の築き方を指南する内容になっています。

内容を大きく分けると、
  1. 資産運用
  2. マイクロ法人
という2つのテーマに分けることができます。

テーマ1:資産運用の知識

前半部分(1章〜5章)では、資産運用の知識が解説されています。話の大枠は、『臆病者のための億万長者入門』の内容と同じでした。

本書でも、これまで資産運用の「常識」とされてきたことが、実は間違っていることを、明快な文章で明らかにしています

ただ、個人的には、「長期投資が成功するとはかぎらない」(144〜150ページ)の部分は、少しもやもやしています。国内外の株式に分散投資する場合だったら、橘さんの主張はどうなんだろうか・・・(もう少し読み込んで、頭を整理したい部分です)

テーマ2:マイクロ法人の知識

後半部分(6章〜11章)では、「個人」と「法人」の2つの人格を使い分けるマイクロ法人化の知識が紹介されています

いかにサラリーマンは国家から搾取されているのか、ということを論じた上で、税金・社会保険料のコストを抑えるための戦略として、マイクロ法人化が説明されています。

搾取される側である、典型的なサラリーマンの私にとっては、「そういう世界もあるのか」と、非常に勉強になりました。こちらの戦略をすぐに取り入れることはできませんが、選択肢のひとつとして覚えておきたいと思います。

経済合理的な人生設計を考えたい方に

歯切れの良い文体の本書は、読んでいて痛快。また、本書を読むことで、資産運用だけでなく、働き方も含めた広い意味での人生戦略を学ぶことができます。

経済合理的な人生設計を考えたい方におすすめの一冊です



世界投資者週間
投資者教育、金融リテラシーに関するグローバルなキャンペーン活動として、世界投資者週間(WIW:World Investor Week)が、2017年10月2日から10月8日までの期間で実施されます。

本キャンペーンは、世界各国の証券監督当局・証券取引所などから構成される証券監督者国際機構(IOSCO)が実施するものです。日本からは金融庁が参加、日本証券業協会が協力しています。

【外部リンク】What is World Investor Week? | IOSCO

特設ページに掲げられていたキーメッセージが素晴らしかったため、皆さんにもご紹介したいと思います。

賢い投資家になるための9つのポイント

日本語訳された世界投資者週間のキーメッセージは、下記のとおり。
賢い投資家は、
  • 投資専門家(業者、外務員等)がライセンスを受けていることを確かめる
  • 投資を行う前に商品についてリサーチする
  • 投資の選択に際して手数料の影響を検証する
  • 全ての投資にはリスクがあることを理解する
  • "すぐ儲かる"、"損しない"スキームは避ける
  • 複利の効果を認識する
  • 分散の重要性を認識する
  • 将来の必要性・目標に沿って計画し、投資する
  • 長期、積立、分散投資の利点を認識する

(「平成29年度「投資の日」特設サイト|日本証券業協会」から引用)


シンプルな9つのメッセージに、賢い投資家になるためのポイントがまとめられています。個人投資家であれば、ぜひ読んで欲しいメッセージです。

次に、個人的に感じたことを書いておきます。

目標に向けて、投資を継続することが大切

一番重要なのは、「将来の必要性・目標に沿って計画し、投資する」というメッセージだと思います。

人によって、家族構成や経済状況は異なります。また、「将来、どのような生活を送りたいのか」といった人生の目標も人それぞれでしょう。

だからこそ、現在の状況を見定め、自分自身で投資の目標を決める必要があります

投資を始めると、具体的な商品の選択・購入に目がいきがちですが、それよりも「将来の目標に向けて、投資を継続することが重要である」と改めて思いました。

着実な資産形成の方法を選ぶことも重要

残り8つのメッセージは、着実な資産形成方法を選ぶためのポイントです

ゴールに向けて歩きはじめると、目の前には、たくさんのルートが存在しています。一見、近道のように見えても、その先には、思わぬ落とし穴が待ち受けているかもしれません。途中で道に迷ったり、怪我をしないためには、着実なルート選びが重要です。

しっかりとした資産形成の方法を選ぶために、「投資を行う前に商品についてリサーチする」「"すぐ儲かる"、"損しない"スキームは避ける」といったポイントは、よく覚えておきたいと思います。

まとめ

賢い投資家になるための9つのポイントとして、世界投資者週間のキーメッセージをご紹介しました。

今後、つみたてNISAやiDeCoで、投資を始めてみようと考えている初心者の方は多いかもしれません。そんな初心者の方にも知っておいて欲しいポイントです。

account
大学生の頃から、4つの口座で、個人資産を管理しています。きっかけは、竹川美奈子さんの『「しくみ」マネー術』(PHP研究所, 2008.8)を読んだことでした。

竹川さんは、お金の仕組み化が大切として、「生活口座」「貯蓄用の口座」「プール用の口座」「投資用の口座」の4つに分けた使い分けを提案されていました。

貧乏学生だった私は、これなら自分にもできそうだと思い、さっそく使い分けを開始。その後、微修正を加えながら、今に至っています。

1. 生活資金

メインで使っている都市銀行の普通預金口座を利用しています。生活資金を管理する口座で、給与の振込先口座、光熱費・クレジットカードの引き落とし口座として使っています。だいたいクレジットカードの利用限度額以上の金額は入れるようにしています。

あくまで決済を目的にした口座なので、金利の低さには目をつぶっています。

2. 生活防衛資金

メインで使っている都市銀行の定期預金口座(一部、普通預金口座も併用)を利用。病気や失業といった非常時に備えた資金で、2年分以上の生活費を確保しています。

守り」を意識したお金なので、こちらも金利の低さは気にしていません。

3. 予備積立金

メインで使っている都市銀行の普通預金口座を利用しています。1〜2年以内に使うことを予定している資金(冠婚葬祭費、賃貸住宅の更新費、旅行代など)を積み立てて管理しています。

当初は、サブで使っている都市銀行を利用していましたが、決済の時、生活資金に移し替えるのが面倒になり、メインの銀行に集約化しました。

エクセルで、使用目的と積立額を管理しています。

4. 投資用口座

ネット証券の特定口座、NISA口座を利用しています。長期的に増やしていくことを目的にした口座。いわば「攻め」のお金です。

現在は、低コストのインデックスファンド、国内個別株式、個人向け国債を活用し、分散投資しています。

まとめ

夫婦共有の口座も含めると、他にもいくつか口座を持っているのですが、同様に「4つの口座」を意識して使い分けています。

口座が増えすぎると管理が面倒になるというデメリットもありますが、個人的には「心の会計(メンタルアカウンティング)」を利用した今の管理方法が気に入っています。

NHK・Eテレの番組「ねほりんぱほりん」で、株式投資で1億円以上儲けた「億り人(おくりびと)」が取り上げられていました。

「ねほりんぱほりん」とは?

顔出しNGの訳ありゲストはブタに、聞き手の山里亮太とYOUはモグラの人形にふんすることで「そんなこと聞いちゃっていいの〜?」という話を"ねほりはほり"聞き出す新感覚のトークショー。作りに作り込んだEテレお得意の人形劇と、聞いたこともないような人生の"裏話"が合体した人形劇×赤裸々トークをお楽しみください!

番組公式ページの「番組情報」より引用)

「ねほりんぱほりん」は、毎週水曜午後11時に放送されているトークショーで、かわいらしい人形に扮したゲストが、赤裸々な体験談を語る番組です。

NHKにしては、なかなか攻めた内容で、これまで「養子」、「痴漢えん罪経験者」、「2次元しか本気で愛せない女たち」などが放送されています。

2017年1月4日に放送された番組では、ゲストとして「億り人」が登場していました。

番組内容

簡単に、番組内容をご紹介します。なお、リアルタイムで観ただけなので、理解できた範囲でのメモであることをあらかじめご了承ください。


  • ゲストは、20代独身の男性。保険会社にSEとして勤務
  • 株式投資をしていた母親の影響で、自身も小学校3年生の頃から株式投資を始めた
  • 新聞3紙、雑誌13誌に目を通し、世の中の動向をチェック
  • 『会社四季報』を通読(証券コードから企業名などを言い当てられるレベル)
  • 休日はスポーツジムで自転車を漕ぎながら、『世界国勢図会』を読んでいる
  • 月に1、2回は、投資家仲間とオフ会を開催
  • 年収1年分の損失を出したことも。その時は、落ち込んで1日中寝込んだ・・・
  • 時には、豪遊することもある(高級ホテルのランチブッフェ、パスタの食べ歩き)


番組中では、これから値上がりすると思う銘柄を教えあうオフ会の様子や、株の恐怖体験として、製薬ベンチャーで2億円失った投資家、仕手株で失敗した人などが紹介されていました。

株式投資は恋愛に通じる」とのエピソードから、進行役のYOUが株式投資に興味を持ち始める、という一幕もありました。

感想

ゲストで登場した男性は、ファンダメンタルズ派のアクティブ投資家のようでした。現在、私が行っているインデックス投資は、世界経済の成長に連動して、数%の平均リターンを目指す投資法です。そのため、ゲストのように、短期間で1億円越えの資産を築くことはできません。

しかしながら、銘柄分析に時間をかける必要がなく、基本的に「ほったらかし」にできる所を気に入っています。こっちの方が、私には合っていると思うので、これからもインデックス投資をメインに、資産形成を続けていきます。

私事ですが、今月をもって30歳になりました。30歳という節目を迎えたことから、仕事のこと、生活のことなど色々と考えています。その一環で資産運用についても考えているのですが、30代に入ったことで、資産運用にも何らかの変更が必要なのでしょうか?

基本的には、変更は不要

結論から言うと、現時点では、資産運用に対する考えを大きく変えるつもりはありません
資産運用の肝とされるアセットアロケーションですが、元々、次の2つの理由から株式の割合を低めに設定しています。
  1. サテライト部分で個別銘柄の株式投資を行っているため、コア部分の運用では株式の割合を抑えたい
  2. 「潰しが利かない」職種のため、リスク許容度を低めに設定したい
参考記事:目標アセットアロケーション

一般的によく言われる「100から年齢を引いた数字の割合をリスク資産の割合にする」という考え方からすると、株式の割合が55%である私の目標アセットアロケーションはかなり老け込んだものかもしれませんが、この目標値は今の私にとって心地よいものです。

今後、職場の待遇や家庭環境に大きな変化が生じた場合には、その都度、リスク許容度を考え、目標アセットアロケーションを見直すつもりですが、現時点では特に変更せずに、現在の目標アセットアロケーションで投資を続けていきます。

ただ、ちょっとしたチャレンジも始めてみたい。

このブログでは、公開していませんが、サテライト部分の運用で、勉強を兼ねて米国株の運用を開始する予定です。きっかけは、メインで利用しているSBI証券で、外国株式の特定口座対応が可能になったことです。あくまで、趣味の範囲に留め、チャレンジしてみたいと思います。

これからも運用の中心はインデックス投資

これからも毎月の収入の中からインデックスファンドへの積立投資を続けていきます。その様子を本ブログにおいて公開していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ