日経IR・投資フェア2017
東京ビッグサイトで開催された「第12回日経IR・投資フェア2017」に参加してきました。参加するのは、今回が初めて。

日経IR・投資フェアとは?

日経IR・投資フェアは、日本経済新聞社が主催する日本最大級のIRイベント。今年は、2017年8月25日、26日の2日間にわたって、東京ビッグサイトで開催されています。
日経IR・投資フェアブース
会場内には、出展企業のブースが設けられていて、企業のトップやIR担当者が会社説明を行なっていました。

また、株式投資に関する講演会やミニセミナーも開催されているので、株式投資に関する情報が満載のイベントになっています。

平日だったこともあり、参加者の年齢層はやや高め。少数ですが、若い人たちも参加していました。

今回、ETFセミナーと会社説明会に参加してきたので、簡単にご紹介します。

ETFセミナー

ETFコーナーで開催されていた「ETF(上場投信)から始める資産運用」に参加しました。講師は、東京証券取引所の職員の方。(なお、柴崎が聞き取れた・理解できた範囲でのメモであることをあらかじめご了承ください。事実誤認等があれば、コメント欄等でご指摘いただければ幸いです)

  • ETF(上場投資信託)は、投資信託と株式を掛け合わせた良いとこ取りの商品
  • 取引所に上場されていること」と「インデックスファンドであること」がポイント
  • 日経平均採用銘柄にすべて投資しようとすると数億円が必要。ETFを使えば、同じことが少額でできる
  • ETFの約70%の銘柄は、2万円以下で購入可能
  • ETFの優位点は、低額な信託報酬。信託報酬の差が、将来の収益の差につながるので、とても重要
  • もちろんNISA口座でも利用可能。少額投資が可能なので、余剰枠を有効に活用できる
  • ETFの銘柄数は200以上、組み合わせれば簡単に分散投資が可能
  • 短期型ETF(レバレッジ型・インバース型)の人気が高い。ただし、長期間保有すると、想定するパフォーマンスからの乖離が発生するので注意が必要
  • スマホ世代を意識し、より視覚的に資産形成について学べるサイト「東証マネ部!」を開設。様々な条件からETFの銘柄検索ができるので、ぜひ活用を!!

20分程度の短いセミナーでしたが、ETFの基礎をきちんと抑えていた印象です。

短期型ETFの注意点は、初めて知りました。ネット証券の売買ランキングを見ると、「〇〇インバースETF」や「△△インバース」といったETFが上位にランキングされているので、確かに人気が高いようです。注意が必要ですね。

会社説明会

それぞれの出展企業が趣向を凝らしているので、ブースを見て回るだけでも面白かったです。ある企業は、大学の落研とコラボして、大喜利形式で会社をPRしていました。

なによりも、直接、IR担当者の方に事業計画などを質問できる点が魅力的。

保有している会社、投資を検討している会社が出展していれば、情報収集のいい機会になると思いました。

まとめ

元々、こういう見本市は好きなんですが、自分の業界のフェアや「ツーリズムEXPOジャパン」にしか参加したことがなく、投資系のフェアは初参加でした。

フェアの対象は異なっても、同じ興味をもった人たちが集まり、企業の最新情報を知ることができるイベントはやっぱり楽しいですね。

最終日の明日は、金融庁の方が「貯蓄から資産形成へ〜金融行政とつみたてNISA〜」と題する講演を行うようです。ご興味がある方は、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。