発売されたばかりの『毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資』(ぱる出版, 2017.7)を読みました。

概要

毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資 / 吊ら男.
東京 : ぱる出版, 2017.7. 208p : 19cm.

著者の吊ら男(つらお)さんは、人気ブログ「吊られた男の投資ブログ(インデックス投資)」の管理人で、現役のサラリーマン投資家です。本書が、初の著作になります。

本書の目次は、次のとおりです。
  • 第1章 ズボラ投資は100円からだって可能です!
  • 第2章 ズボラなあなたの代わりに世界中の人に働いてもらう
  • 第3章 なぜズボラ投資は儲かるのか?
  • 第4章 ズボラ投資家を誘惑するボッタクリ投資の見抜き方
  • 第5章 ズボラ投資でより儲けるために
発売日当日に、最寄りの書店に買いに行ったところ、同じくタイトルに「ズボラ」を含む『ズボラでも「投資」って、できますか?』(高橋忠寛著)と並べて、売られていました。



ズボラ投資 = インデックス投資

吊ら男さんが書かれた本書は、「ズボラ投資」というキーワードを使い、長期で分散投資を行うインデックス投資を勧める本になっています。

ブログでは、理詰めで論理を積み上げていく文章が持ち味になっていますが、本書は投資初心者を意識した内容になっており、分かりやすい文章で、インデックス投資のエッセンスをまとめた構成になっています。

ボッタクリ商品の避け方

本書のもうひとつの特徴が、ボッタクリ商品の避け方について、詳しく書かれている点です。

第4章では、ポンジ・スキームと呼ばれる金融詐欺、金融機関が勧めるボッタクリ商品(マジメ系ボッタクリ)の避け方が、具体例とともに説明されています。

私自身にも経験がありますが、投資に興味を持ち始めると、「もっといい投資法はないか」「もっといい商品がないか」と、様々な投資法や金融商品に目移りしがちです。

しかし、世の中には、「ぼったくり」と言いたくなるような商品が多く存在するため、「いかにボッタクリ商品を避け、着実に資産形成していくか」ということが重要になります。その際、投資初心者が陥りがちな罠について取り上げ、丁寧に解説を行なった本書はとても参考になると感じました。

まとめ

本書をおすすめしたいのは、これまで貯金しかしてこなかったような投資初心者の方です。本書を読むことで、インデックス投資の有効性、ボッタクリ投資の避け方を、ざっくりと知ることができます。

ただ、全体的に、投資初心者向けを意識しているためか、インデックス投資に関する細かい話は、あまり書かれていません。そのため、本書でインデックス投資に興味を持ち、なおかつ理屈っぽい話も知りたいと思った方は、他の本も読んでみることをおすすめします。