インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

タグ:ニッセイ外国株式インデックスファンド

<購入・換金手数料なし>シリーズ5商品が信託報酬率引き下げ
2017年10月6日付で、ニッセイアセットマネジメント株式会社が、<購入・換金手数料なし>シリーズ5商品の信託報酬率引き下げを発表しました。3年連続3回目の引き下げです。

【外部リンク】<購入・換金手数料なし>シリーズ5商品の信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について(PDF)|ニッセイアセットマネジメント株式会社

概要

今回、信託報酬率引き下げが発表されたのは、次の5商品です。
ニッセイ信託報酬率引き下げファンド
今回の引下げによって、上記の5ファンドが、信託報酬率最安値になりました。それぞれのクラスにおいて、これまでの信託報酬率最安値から0.001%引き下がる形での更新です。

先日、発表されたニッセイ新興国株式インデックスファンドもライバルファンドから0.001%低い信託報酬率の設定でした。これからは0.001%単位で、激しい信託報酬率引き下げ競争が繰り広げられるのかもしれません。

【参考】ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズに、新興国株式とバランスファンド(6資産均等型)が登場

Fund of the Yearで、4年連続の1位はあるか?

ニッセイのプレスリリースによれば、<購入・換金手数料なし>シリーズ合計の純資産総額が1,000億円を超えたそうです(2017年9月末時点、全9商品)。

後発のインデックスシリーズですが、ニッセイ外国株式インデックスファンドを中心に、順調に純資産総額を伸ばしていることがわかります。(ちなみに、9月末時点におけるニッセイ外国株式の純資産総額は、約629億円)

ニッセイ外国株式インデックスファンドといえば、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で、2014年から3年連続1位を獲得したファンド

2016年11年に発生したベンチマークからの乖離問題やライバルファンドの登場によって、人気に陰りがでていましたが、今回の信託報酬率引き下げによって、4年連続1位の可能性が高まったように思います。

ニュース
アウターガイさんの速報で、<購入・換金手数料なし>シリーズから「ニッセイ新興国株式インデックスファンド」と「ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)」が発売されることを知りました。

【外部リンク】ニッセイAMが<購入・換金手数料なし>シリーズに新興国株式と6資産均等型の2本を追加|バリュートラスト

2017年9月27日現在、ニッセイアセットマネジメント株式会社のサイトには、プレスリリースがありません。下記の情報は、EDINETで公開されている情報です。

ニッセイ新興国株式インデックスファンド(設定日2017年10月13日)

ニッセイ新興国株式インデックスファンド」の信託報酬率は、下記のとおりです。
ニッセイ新興国株式インデックスファンド
※ 「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」は、"受益者還元型"信託報酬率を採用。上記の信託報酬率は、500億円未満の部分に適用されるものを使用しています。

ニッセイ新興国株式インデックスファンドの信託報酬率は、「0.339%」。これまで最も低かった「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の信託報酬率を0.001%下回っています。内訳をみてみると、委託会社の取り分を0.001%下げていることがわかります。

また、ニッセイ新興国株式インデックスファンドは、eMAXIS Slimと同様に、信託財産留保額がありません

ここ数ヶ月の間で、新興国株式を対象としたインデックスファンドで、信託報酬の値下げ競争が繰り広げられています。先進国株式に比べると、割高だった新興国株式の信託報酬率が、0.3%代にまで下がってきたのは、うれしいですね。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)(設定日2017年10月13日)

国内株式、国内債券、J-REIT、外国株式、外国債券、先進国リートの6資産に対して、均等に投資するバランスファンドです。信託報酬率は、次のとおり。
ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)
これまで、<購入・換金手数料なし>シリーズには、4資産均等型(国内株式、国内債券、外国株式、外国債券)のバランスファンドがありました。今回、国内外のREITを加えたバランスファンドが追加された形です。

「Coming soon!」がようやく実現

<購入・換金手数料なし>シリーズの商品一覧に、"Coming soon"の文字があったため、長い間、新しいファンドの誕生を待っていました。

だいぶ待たされた感じはありますが、新興国株式を対象としたインデックスファンドの追加が、個人的にはうれしいです。1回目の運用報告書が出るまで、純資産総額の伸びなどをチェックしていきたいと思います。

イギリス
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」の純資産総額が600億円を突破しました。

500億円を超えたのが、2017年5月10日。約4ヶ月で、100億円増加したことになります。

【参考】ニッセイ外国株式インデックスファンド純資産総額、500億円を突破

低コストインデックスファンドの純資産総額(2017年9月13日時点)

先進国株式インデックスファンド純資産総額比較
ファンド名純資産総額
ニッセイ外国株式インデックスファンド607.91億円
SMTグローバル株式インデックス・オープン587.82億円
eMAXIS先進国株式インデックス346.27億円
外国株式インデックスe152.60億円
たわらノーロード先進国株式134.91億円
野村インデックスファンド・外国株式77.40億円
(出典:各運用会社のデータ(2017年9月13日時点)から柴崎シュンスケが作成)

先進国株式を対象とした低コストインデックスファンドの純資産総額をランキングにしてみると、前回(2017年5月10日時点)からの変更は、次の2点です。

1. 純資産残高のトップが変更

8月16日に、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産総額が、SMTグローバル株式インデックス・オープンの純資産総額を上回りました。その結果、純資産残高のトップが、ニッセイ外国株式インデックスファンドに変わっています

2. 上位5ファンドの純資産総額が100億円越え

たわらノーロード先進国株式の純資産残高も順調に伸びた結果、上位5ファンドの純資産残高が、すべて100億円越えを達成しています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの資金流出入状況

ニッセイ外国株式インデックスファンドの直近6ヶ月(2017年2月〜7月)の資金流出入状況は、次のとおり。 
  • 2017年7月:30.11億円
  • 2017年6月:17.87億円
  • 2017年5月:14.98億円
  • 2017年4月:16.72億円
  • 2017年3月:29.70億円
  • 2017年2月:14.97億円
3月と7月は約30億円の資金が流入。2017年前半は、株価の大きな調整がなかったため、資金が安定的に流入しているようです。

マザーファンドの純資産総額の伸びは? 信託報酬の引き下げはある?

ファンドの保有者として、次の2点が気になっています。

1点目は、「マザーファンドの純資産総額がどれだけ伸びているのか」ということ。

前回、500億円を超えたときにも書きましたが、ライバルのファンドと比べると、ニッセイのマザーファンドの規模の小ささが目立ちます。ベビーファンドのニッセイ外国株式インデックスファンドは、順調に純資産総額を伸ばしていますが、マザーファンドはどれくらい伸びているのでしょうか。次回、運用報告書が公開されたら、確認したいと思います。

2点目は、「信託報酬率」についてです。

ニッセイの人気の理由は、信託報酬率を引き下げてきた姿勢にあると思います。

ただ、ここ最近、つみたてNISAの開始に向けて、ライバルのファンドたちによる信託報酬率の引き下げが相次いでいるため、油断していると人気が衰えることになるかもしれません。

Fund of the Yearの時期が近づくと噂される信託報酬率の引き下げ。今年も見計らったようなタイミングで、発表されるのでしょうか。ファンドの保有者としては、少し期待しています。

【参考】「iFreeシリーズ」、「たわらノーロードシリーズ」一部ファンドの信託報酬率を引き下げ!

piggy-bank-1344135_1920
8月21日に、2017年8月分の定期積立を行いました。通算19回目の積立投資です。

今回、購入したファンドは、次の4本。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード新興国株式

今月分の発注を行う際、先月の発注ミスに気づきました。通常であれば、NISA口座で定期積立購入を行うのですが、先月はすべて一般の特定口座で購入していました。

購入するファンドと金額は合っているため、問題はありませんが、今後は気をつけます。

さて、連休前のバタバタと帰省&旅行で、目を離していたうちに、いくつか大きな動きがありました。個別記事にすることができなかったため、簡単にまとめたいと思います。

SBI証券、楽天証券が一日10万円以下の取引手数料を無料化

SBI証券が、一日10万円以下の場合、取引手数料を無料化すると発表。続いて、ライバルの楽天証券も一部無料化を発表しています。

最近は、インデックスファンドへの投資ばかりで、個別株式の取引を行なっていませんが、少額の個別株式やETFを購入する際に、恩恵を受けられそうです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式の純資産総額が首位に!!

8月16日に、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産総額が、SMTグローバル株式インデックス・オープンの純資産総額を上回りました。

ニッセイ外国株式の純資産総額が首位になるタイミングを見逃すまいと、先月頃からウォッチしていました。まさか、旅行で目を離しているうちに、上回るとは・・・

ファンドの受益者としては、順調に純資産総額が伸びているのは嬉しい限りです。

莵道りんたろうさん、くは72さんが記事を書かれていますので、ぜひご参照ください。


【外部リンク】<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産残高がカテゴリーのトップに立つ|The Arts and Investment Studies

【外部リンク】ついに<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式がSMTグローバル株式の純資産残高を追い抜く!|4+4=6でもない。8はパーなのだ。

iFreeシリーズからS&P500を対象にしたインデックスファンドが誕生

相互リンクさせていただいているアウターガイさんの記事で知りました。

大和証券投資信託委託が、S&P500指数への連動を目標とする低コスト・インデックスファンド(信託報酬率0.225%)を追加するそうです。

運用会社の方々を招いた「第3回金融庁と個人投資家の意見交換会」でも、「S&P500をベンチマークにした商品の開発はないのか?」といった質問をされた個人投資家の方がいました。元々、S&P500を対象にしたファンドへのニーズは高かったようですね。

他の運用会社の動向も含め、今後も注目していきたいと思います。

【参考】第3回金融庁と個人投資家の意見交換会に参加してきました

投資の最新情報をまとめてくださる先輩投資ブロガーの皆さんに感謝

先輩投資ブロガーの皆さんが、日々、投資の最新情報をまとめてくださるおかげで、最新情報にキャッチアップすることができました。勉強になるだけでなく、時間の節約にもなっています。本当にありがとうございます。

New York Stock Exchange
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」の純資産総額が500億円を突破しました。

先進国株式クラスのインデックスファンドで、純資産総額が500億円を突破したのは、「SMTグローバル株式インデックス・オープン」に次いで2例目です。

低コストインデックスファンドの純資産総額(2017年5月10日時点)

先進国株式インデックスファンド純資産総額比較
ファンド名純資産総額
SMTグローバル株式インデックス・オープン576.68億円
ニッセイ外国株式インデックスファンド501.05億円
eMAXIS先進国株式インデックス362.04億円
外国株式インデックスe151.81億円
たわらノーロード先進国株式91.99億円
野村インデックスファンド・外国株式73.30億円
(出典:各運用会社のデータ(2017年5月10日時点)より柴崎シュンスケが作成)

ファンドの純資産総額を見てみると、低コストインデックスファンド第一世代の「SMTグローバル株式インデックス・オープン」と「eMAXIS先進国株式インデックス」が、未だ大きな純資産総額を保っていることが分かります。

一方、「ニッセイ外国株式インデックス」は後発のインデックスファンドですが、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で3連覇しており、急速に純資産総額を伸ばしています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの資金流出入状況

ニッセイ外国株式インデックスファンドの直近6ヶ月の資金流出入状況は、次のとおりです。 
  • 2017年3月: 29.70億円
  • 2017年2月: 14.97億円
  • 2017年1月: 15.94億円
  • 2016年12月: 1.16億円
  • 2016年11月: 9.44億円
  • 2016年10月: 13.35億円
ばらつきはありますが、平均すると1ヶ月あたり10億円を超える資金が流入しています。

果たしてマザーファンドの純資産総額の伸びは?

安定的に純資産総額を伸ばしている「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」ですが、マザーファンドの純資産総額はどれだけ伸びているのか気になります。

直近の運用報告書(第18期)によれば、マザーファンドの純資産総額は624億円。ライバルのマザーファンドは、概ね2,000億円を超えているため、ニッセイの規模の小ささが目立つ形になっています。

ニッセイ外国株式を保有する立場から、「運用実績の安定化」と「実質コストの低下」のために、マザーファンドの純資産総額も伸びていれば嬉しいのですが・・・次回、運用報告書が公開されたら、マザーファンドの純資産総額の伸びにも注目したいと思います。

↑このページのトップヘ