インデックス投資で長期航海

インデックス投資で、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資と資産状況を公開しています。

タグ:ニッセイ外国株式インデックスファンド

New York Stock Exchange
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」の純資産総額が500億円を突破しました。

先進国株式クラスのインデックスファンドで、純資産総額が500億円を突破したのは、「SMTグローバル株式インデックス・オープン」に次いで2例目です。

低コストインデックスファンドの純資産総額(2017年5月10日時点)

先進国株式インデックスファンド純資産総額比較
ファンド名純資産総額
SMTグローバル株式インデックス・オープン576.68億円
ニッセイ外国株式インデックスファンド501.05億円
eMAXIS先進国株式インデックス362.04億円
外国株式インデックスe151.81億円
たわらノーロード先進国株式91.99億円
野村インデックスファンド・外国株式73.30億円
(出典:各運用会社のデータ(2017年5月10日時点)より柴崎シュンスケが作成)

ファンドの純資産総額を見てみると、低コストインデックスファンド第一世代の「SMTグローバル株式インデックス・オープン」と「eMAXIS先進国株式インデックス」が、未だ大きな純資産総額を保っていることが分かります。

一方、「ニッセイ外国株式インデックス」は後発のインデックスファンドですが、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で3連覇しており、急速に純資産総額を伸ばしています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの資金流出入状況

ニッセイ外国株式インデックスファンドの直近6ヶ月の資金流出入状況は、次のとおりです。 
  • 2017年3月: 29.70億円
  • 2017年2月: 14.97億円
  • 2017年1月: 15.94億円
  • 2016年12月: 1.16億円
  • 2016年11月: 9.44億円
  • 2016年10月: 13.35億円
ばらつきはありますが、平均すると1ヶ月あたり10億円を超える資金が流入しています。

果たしてマザーファンドの純資産総額の伸びは?

安定的に純資産総額を伸ばしている「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」ですが、マザーファンドの純資産総額はどれだけ伸びているのか気になります。

直近の運用報告書(第18期)によれば、マザーファンドの純資産総額は624億円。ライバルのマザーファンドは、概ね2,000億円を超えているため、ニッセイの規模の小ささが目立つ形になっています。

ニッセイ外国株式を保有する立場から、「運用実績の安定化」と「実質コストの低下」のために、マザーファンドの純資産総額も伸びていれば嬉しいのですが・・・次回、運用報告書が公開されたら、マザーファンドの純資産総額の伸びにも注目したいと思います。

ニッセイアセットマネジメントから「ベンチマークと運用実績の乖離について」と題する臨時レポートが出されました。

臨時レポートが出されたきっかけは?

事の発端は、先日のアメリカ大統領選挙でした。

選挙結果が判明した11月9日の東京市場には、大きな混乱(いわゆるトランプショック)が発生したものの、翌日には為替、株式市場ともに大きく値を戻す展開となりました。

しかしながら、11月10日のニッセイ外国株式インデックスの基準価額の騰落率を見ると、同じアセットクラスのたわらノーロード先進国株式外国株式インデックスeに比べて、低い上昇にとどまったため、ブログやtwitter上で、何かあったのではないかと話題になっていました。

ニッセイ外国株、1日で0.28%の信託財産を失う | 40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ

ニッセイ外国株式インデックスファンドの不審な挙動 | 投信で手堅くlay-up!

【トラッキングエラー】ニッセイ外国株式インデックスファンドが「安物買いの銭失いファンド」だった | 一方通行投資で気楽に資産形成。

トラッキングエラー多発のニッセイ外国株式インデックスファンドは信頼できるのか? | 81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

ベンチマークとの乖離の理由

今回の臨時レポートによれば、ベンチマークであるMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)と運用実績の乖離が起きた原因は、

当ファンドでは大きな資金流入にあたっては、ファンドに与える影響を抑制すべく、前営業日に必要な取引を行うことで乖離を抑制しています。(中略)11月10日マザーファンドに大きな資金流入が見込まれたため、これまでと同様、ベンチマークとの連動率を高めるべく、必要な為替取引を9日にTTMに合わせて実施しました。しかしながら、米国大統領選挙の開票につれ、大きく円高が進行したことで、TTMが日中に変更されたため、結果としてベンチマークと運用実績の乖離が発生することとなりました。
(2016年11月15日更新臨時レポートより引用)

とのことです。

他にもブログやtwitter上では、ニッセイ外国株式インデックスファンドのマザーファンド規模の小ささを指摘する意見も見受けられます。

ニッセイアセットマネジメントへの期待

今回のように、市場が乱高下する際、ベンチマークと運用実績が乖離することは、もちろん望ましいことではありませんが、短期間の比較では、ファンドを乗り換えるかどうかについての判断はできません。もう少し長い間、動きを注視してみたいと考えています。今後は、より安定した運用が行われることを望みます。

また、ブログなどでの騒ぎがどれくらい影響があったのかはわかりませんが、受益者の不安に対応するかのように、臨時レポートで公式発表を行ったニッセイアセットマネジメントの姿勢は、評価したいと思いました。今後も積極的な情報発信を期待しています。

↑このページのトップヘ