インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

タグ:インデックス投資

2017年度の第2四半期末になりましたので、2017年9月末時点の資産状況を公開します。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2017年2Qアセット・アロケーション
国内債券 43.2%(目標配分:45%)
国内株式 5.1%(目標配分: 5%)
先進国株式 40.4%(目標配分:40%)
新興国株式 11.3%(目標配分:10%)

運用資産(コア部分)のアセットアロケーションは、前期末とほぼ変わっていません。国内債券の割合が目標を下回っていますが、リバランスは行わず、毎月の積み立ても目標アセットアロケーションの割合で行いたいと思います。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
2017年2Q
投資額が順調に積み上がっています。また、国内外の株式市場が堅調だったため、評価額も過去最高額を更新しました

2017年度第2四半期(7月〜9月)の運用資産(コア部分+サテライト部分)の収益率は+3.99%、今年度始めからの収益率は+7.00%でした(ざっくりとした計算ですが、下記の計算式で収益率を算出)。

今期末評価額 ÷ (前期末評価額 + 今期投資額)

なお、2017年9月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、68%:32%でした。もう少しコア部分の割合を高めたいのですが、のんびりいきます。

今後の投資方針

9月に参加した「つみたてNISAフェスティバル2017」のパネルディスカッションで、ファンド情報編集長の岡田篤さんが仰っていた「続けること、続けること、そして続けること」という言葉が、とても印象に残っています。

【参考】「つみたてNISAフェスティバル2017」に参加。市場に残り続けることの重要性を再認識

今後、相場環境の急激な悪化が起きるかもしれません。そのような時でも市場に残り続けられるように、これからも無理がない範囲で、コツコツと積み立て投資を続けていきたいと思います。

次回の公開は、2017年12月の予定です。

piggy-bank-1344135_1920
本日、2017年9月分の定期積立を行いました。通算20回目の積立投資です。

今回、購入した商品は、次の5本。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • 個人向け国債 変動10年
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード新興国株式

今月は、一時的に円高・株安になったものの、その後、急回復。日経平均株価は約1ヶ月ぶりの2万円台、米国株式市場も高値を更新するタイミングでの投資になりました。月末になるまでわかりませんが、短期的にはタイミングを逃したかもしれません。

また、今月は、普通預金がまとまった金額になったため、個人向け国債にリレー投資しました。今回も証券会社のキャンペーンを利用。後日、キャッシュバックが振り込まれる予定です。

News
2017年9月5日付で、大和証券投資信託委託株式会社アセットマネジメントOne株式会社の両社が、インデックスファンドシリーズの信託報酬率引き下げを発表しています。

【外部リンク】iFree 6 ファンドの運用管理費用(信託報酬率)の引き下げについて|大和証券投資信託委託株式会社(PDF)

【外部リンク】「たわらノーロード」の信託報酬を一部引き下げ|アセットマネジメントOne株式会社(PDF)

iFreeシリーズ・信託報酬率引き下げ対象ファンド(変更予定日2017年10月2日)

iFreeシリーズのインデックスファンドのうち、信託報酬率引き下げの対象となるのは、次の6ファンド。

iFreeシリーズ・信託報酬引き下げ対象ファンド
信託報酬率(年率・税抜)つみたてNISA
引き下げ前引き下げ後
iFree 日経225インデックス0.190%0.170%
iFree TOPIXインデックス0.190%0.170%
iFree JPX日経400インデックス0.205%0.195%
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジ)0.210%0.190%
iFree 外国株式インデックス0.210%0.190%
iFree 8資産バランス0.230%0.220%
※ 「◯印」は、つみたてNISAの要件を満たすファンド(ただし、最終的に確定したものではないため、ご留意ください)

6ファンドすべてが、つみたてNISAの要件を満たしたファンドです。今回の信託報酬率引き下げは、つみたてNISAの開始を視野に入れたものであることが伺えます。

たわらシリーズ・信託報酬率引き下げ対象ファンド(変更予定日2017年12月30日)

たわらノーロードシリーズのインデックスファンドのうち、信託報酬率引き下げの対象となるのは、次の9ファンドです。

たわらノーロードシリーズ・信託報酬引き下げ対象ファンド

信託報酬率(年率・税抜)つみたてNISA
引き下げ前引き下げ後
たわらノーロード 日経2250.195%0.170%
たわらノーロード TOPIX0.180%0.170%
たわらノーロード 国内債券0.150%0.140%
たわらノーロード 国内リート0.300%0.250%
たわらノーロード 先進国株式(為替ヘッジ)0.225%0.200%
たわらノーロード 先進国株式0.225%0.200%
たわらノーロード 先進国債券0.200%0.170%
たわらノーロード 先進国リート0.350%0.270%
たわらノーロード 新興国株式
0.495%0.340%
※ 「◯印」は、つみたてNISAの要件を満たすファンド(ただし、最終的に確定したものではないため、ご留意ください)

たわらノーロードシリーズのほうは、信託報酬率引き下げの対象となるファンドに、「国内債券」「国内リート」などが含まれています。


個人的に注目したいのは、「新興国株式」の信託報酬率引き下げ

今年の6月に、新興国株式のファンドを変更し、毎月「たわらノーロード 新興国株式」に、投資しています。

ファンドを変更した理由のひとつに、「信託報酬率の低さ」を挙げていたわけですが、今回の引き下げによって、「たわらノーロード 新興国株式」の信託報酬率が、さらに下がることになりました。ファンドの保有者としては、嬉しい限り。

【参考】新興国株式クラスの積み立てを「たわらノーロード 新興国株式」に変更します。

他社ファンドの動向にも注目

互いに図ったかのようなタイミングでの発表でしたが、信託報酬率の値下げ競争によって、インデックス投資の環境が良くなることは、喜ばしいことです

ここ最近の動きを見ると、「つみたてNISA」の開始に向けて、各社の競争が激化している様子。今回のiFreeシリーズ、たわらノーロードシリーズの信託報酬率引き下げによって、インデックスファンドの低コスト化がさらに進んだわけですが、他社はどのような反応を見せるのでしょうか。今後の動向に注目したいと思います。

piggy-bank-1344135_1920
8月21日に、2017年8月分の定期積立を行いました。通算19回目の積立投資です。

今回、購入したファンドは、次の4本。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード新興国株式

今月分の発注を行う際、先月の発注ミスに気づきました。通常であれば、NISA口座で定期積立購入を行うのですが、先月はすべて一般の特定口座で購入していました。

購入するファンドと金額は合っているため、問題はありませんが、今後は気をつけます。

さて、連休前のバタバタと帰省&旅行で、目を離していたうちに、いくつか大きな動きがありました。個別記事にすることができなかったため、簡単にまとめたいと思います。

SBI証券、楽天証券が一日10万円以下の取引手数料を無料化

SBI証券が、一日10万円以下の場合、取引手数料を無料化すると発表。続いて、ライバルの楽天証券も一部無料化を発表しています。

最近は、インデックスファンドへの投資ばかりで、個別株式の取引を行なっていませんが、少額の個別株式やETFを購入する際に、恩恵を受けられそうです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式の純資産総額が首位に!!

8月16日に、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産総額が、SMTグローバル株式インデックス・オープンの純資産総額を上回りました。

ニッセイ外国株式の純資産総額が首位になるタイミングを見逃すまいと、先月頃からウォッチしていました。まさか、旅行で目を離しているうちに、上回るとは・・・

ファンドの受益者としては、順調に純資産総額が伸びているのは嬉しい限りです。

莵道りんたろうさん、くは72さんが記事を書かれていますので、ぜひご参照ください。


【外部リンク】<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産残高がカテゴリーのトップに立つ|The Arts and Investment Studies

【外部リンク】ついに<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式がSMTグローバル株式の純資産残高を追い抜く!|4+4=6でもない。8はパーなのだ。

iFreeシリーズからS&P500を対象にしたインデックスファンドが誕生

相互リンクさせていただいているアウターガイさんの記事で知りました。

大和証券投資信託委託が、S&P500指数への連動を目標とする低コスト・インデックスファンド(信託報酬率0.225%)を追加するそうです。

運用会社の方々を招いた「第3回金融庁と個人投資家の意見交換会」でも、「S&P500をベンチマークにした商品の開発はないのか?」といった質問をされた個人投資家の方がいました。元々、S&P500を対象にしたファンドへのニーズは高かったようですね。

他の運用会社の動向も含め、今後も注目していきたいと思います。

【参考】第3回金融庁と個人投資家の意見交換会に参加してきました

投資の最新情報をまとめてくださる先輩投資ブロガーの皆さんに感謝

先輩投資ブロガーの皆さんが、日々、投資の最新情報をまとめてくださるおかげで、最新情報にキャッチアップすることができました。勉強になるだけでなく、時間の節約にもなっています。本当にありがとうございます。

piggy-bank-1344135_1920
本日、2017年7月分の定期積立を行いました。通算18回目の積立投資です。

今回、購入したファンドは、次の4本。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード新興国株式

先月から新興国株式クラスの購入ファンドを「たわらノーロード新興国株式」に変更しています。もちろんファンド変更の理由は、コスト削減です。

ただ、6月の投資報告の中で、「欲を言えば、あともう少し信託報酬を引き下げたい」と書いていた所、今月に入って、嬉しいニュースが飛び込んできました。

新興国株式クラスのインデックスファンドで、信託報酬が最安値となる「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の登場です。

【参考】 eMAXIS Slimシリーズから新興国株式インデックス(信託報酬年率0.34% 税抜)が登場!
「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の登場によって、新興国株式クラスでも低コスト化の流れが加速したことは、インデックス投資家の私にとって、嬉しいできごとでした。他のファンドの動向にも期待しています。

これからも低コスト・インデックスファンドの動向に注目しながら、コツコツと積立投資を続けていきます。

↑このページのトップヘ