インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

カテゴリ: 雑記

先週に引き続き、投資マンガ『インベスターZ』で、本多静六の『私の財産告白』が取り上げられていました。

【参考】今週の『インベスターZ』で、本多静六の『私の財産告白』が紹介

私の財産告白 / 本多静六.
東京 : 実業之日本社, 2005.7. 213p : 19cm.


私の財産告白
本多 静六
実業之日本社
2005-07-10


今回のエピソードで、キーワードのひとつになっていた本多式「四分の一貯金法」をご紹介したいと思います。

本多式「四分の一貯金法」とは?

本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学者。日比谷公園などの設計・改良に携わり、「公園の父」として知られています。

林学や造園学分野での活躍に加え、倹約で貯めたお金を投資し、莫大な資産を築いた投資家としても著名な人物です。

そんな本多静六が実践した貯金法が、「四分の一貯金法」でした。

貯金法の考え方を方程式にすると

貯金 = 通常収入 × 1/4 + 臨時収入 × 1/1

通常収入: 給料などの月々の決まった収入、利子
臨時収入: 著作収入、賞与、旅費残額などの臨時的な収入

つまり、「給料などの通常収入は四分の一を天引きで貯金し、賞与などの臨時収入は全額貯金する」という貯金法です。

元々、本多静六は、幼少期から貧乏生活を送っていました。ある時、「生活の独立」「精神の独立」を得るため、貧乏生活から抜け出そうと決意します。

貧乏を征服するには、まず貧乏をこちらから進んでやっつけなければならぬと考えた。貧乏に強いられてやむを得ず生活をつめるのではなく、自発的、積極的に勤勉貯蓄をつとめて、逆に貧乏を圧倒するのでなければならぬと考えた。
(22-23ページより引用)

ただでさえ、生活にゆとりがない中で、通常収入の四分の一を天引き貯金するのですから、最初のうちは大変な苦労だったようです。

しかし、次第に、貯金の利子や配当といった収入が増え、40歳の頃には、大学から貰う給料よりも多い副収入を得ていました

ブレンターノ先生の教え

本多静六が、勤勉貯蓄に励んだ背景には、ドイツ留学時代の恩師ブレンターノ(Lujo Brentano, 1844-1931)の教えがありました。

ブレンターノ先生から言われた言葉として、本多は次の言葉を紹介しています。

財産を作ることの根幹は、やはり勤勉貯蓄だ。これなしには、どんなに小さくとも、財産と名のつくほどのものはこしらえられない。さて、その貯金がある程度の額に達したら、他の有利な事業に投資するがよい。(中略)現にドイツの富豪貴族の多くは、決して勤勉貯蓄ばかりでその富を得たものではない。こうした投資法によって国家社会の発展の大勢を利用したものである
(29-30ページより引用)

本多は、ブレンターノ先生からの助言に従い、「四分の一貯金法」で貯めたお金を、鉄道株や山林などに投資しました。その結果、莫大な資産を築くことができたのです。

「仕組みづくり」と「本業による収入」が重要

本多静六が実践した「四分の一貯金法」は、資産を築くために必要な「雪だるまの芯」を作る方法です。「雪だるまの芯」を作るための仕組みづくりは大変かもしれませんが、仕組みさえできてしまえば、後はゆっくりと資産を大きくしていくことができます。そのため、最初のうちに、しっかりとした仕組みを作っておくことが重要です。

また、もうひとつ重要なことは、「四分の一貯金法」の実践には、本業による収入が欠かせない、ということ。はじめから大きな資産を持っていない限り、月々の通常収入は貴重な収入源です。まずは、本業からの収入で、ある程度の資産を貯めていき、次第に配当などの副収入の割合を高めていくことが重要です。

今週の『モーニング』(2016年48号)に掲載された「インベスターZ」で、本多静六の『私の財産告白』が紹介されていました。

「インベスターZ」は、超進学校である男子中高一貫校が舞台の投資マンガ。各学年の成績優秀者たちが集まる「投資部」を中心に、投資や経済に関するエピソードが描かれています。

作者は『ドラゴン桜』で知られる三田紀房さんで、2013年から『モーニング』で連載を開始されています。

今週のエピソードは、ある登場人物が、主婦に対して、家計管理のアドバイスをするという話。その中で、本多静六の「四分の一天引き貯金法」が紹介されていました。

私の財産告白 / 本多静六.
東京 : 実業之日本社, 2005.7. 213p : 19cm.

私の財産告白
本多 静六
実業之日本社
2005-07-10


『私の財産告白』は、私自身、何度も繰り返し読んでいる本で、地道に財産を築くための方法と心構えが書かれた名著です。後日、レビューを書きたいと思いますが、既に何名かのブロガーがレビューを書かれていますので、ご紹介します。

【外部リンク】「私の財産告白」(本多静六著)は私たち凡人の蓄財法&生き方の決定版 | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

【外部リンク】本多静六『私の財産告白』はシンプルで力強い良書 | ちんあおの小さなお金のブログ

【外部リンク】本多静六「私の財産告白」を読む | ろくすけの長期投資の旅

これまで「インベスターZ」では、投資やお金にまつわる考え方が分かりやすく解説されてきました。本多静六の投資哲学についても、来週以降もっと踏み込んだ解説が行われると思います。来週の連載も楽しみです。

【参考】「雪だるまの芯」を作る方法 本多式「四分の一貯金法」

インベスターZ(1)
三田紀房
コルク
2013-09-20

books-1246674_640
部屋の整理を行い、不要になった本とCDを売却しました。

仕事関係の本や古いCDが中心のため、査定額には期待していなかったのですが、予想よりも高い金額で引き取ってもらうことができました。

わざわざ店頭まで売りに出かけるという手間をかけましたが
  • ちょっとした臨時収入を得られたこと
  • 不用品でふさがっていたスペースを確保できたこと
2点の効果が得られたため、満足しています。

今回得た臨時収入は、投資の原資として活用し、更なるキャッシュフローの創出を目指します。今後も"塵も積もれば山となる"の精神で、臨時収入は極力投資に回していきます。

リレー投資で個人向け国債を購入する際に参加していた野村證券の「春の個人向け国債キャンペーン」のキャッシュバックが入金されました。

参考:個人向け国債にリレー投資しました
初めて野村證券のキャンペーンに参加したのですが、入金のお知らせがわざわざ郵送されてくるんですね。メール連絡で構わないので、その分キャッシュバック金額を増やして欲しいです笑

夏の個人向け国債キャンペーンも行われているようですが、春のキャンペーンに比べると、キャッシュバック金額が下がっています・・・
金額が下がってしまったのは残念ですが、少しでもリターンを増やすために、今後もこうしたキャンペーンを利用していきたいと思います。

IMG_0291
投資家の皆さんにはお馴染みの東京証券取引所を見学してきました。

東京証券取引所とは

日本最大の証券取引所で、株券等の有価証券が取引されています。ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所と並んで「世界三大市場」のひとつに数えられているそうです。東証の株式市場としては、一部、二部、そして新興企業向けのマザーズ、JASDAQがあり、3,521社が上場しています(2016.5.2現在)

2013年1月に、大阪証券取引所と経営統合し、「株式会社日本取引所グループ」が運営を行っています。ちなみに、日本取引所グループ(8697)自身も、東証一部に上場しているため、東証の株主になることが可能です。

見学について

見学施設の「東証Arrows」は、見学時間内であれば、誰でも見学することができます。私の他にも、就職活動中の学生さんや外国人の方が見学されていました。

IMG_0293
見学者用の入り口は、正面横の西口です。ゲート型の金属探知機で、手荷物検査を受け、簡単な受付を済ませると、見学スタートです。
IMG_0298
ニュースや経済番組でよく見る風景ですね。円形の電光掲示板は「チッカー」と呼ばれているそうです。取引が成立した順に株価が表示され、ぐるぐると回っています。株価が表示される速度は8段階あり、売買の活発度によって、速度が変わるとのこと。
IMG_0294
こちらの電光掲示板もよく見かけますよね。この電光掲示板には、各種指標や個別銘柄の株価が表示されていました。残念なことに、本日は値下がりした銘柄が多かったようです。

写真はありませんが、他にも「株式投資体験コーナー」や「証券史料ホール」等があり、結構楽しむことができました。JPXのロゴが入ったポロシャツやボールペン等がお土産として売られていました笑

個人投資家ならぜひ見学を!

個別株式への投資をしない方でも日経平均やTOPIXの算出で、東証は欠かすことができない存在です。日本経済の動きを体感できる場所なので、ぜひ一度見学されてはいかがでしょうか。

見学時間等の詳細は、下記の日本取引所グループのサイトでご確認ください。

東証Arrows見学について

↑このページのトップヘ