インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

カテゴリ: 読書記録

IMG_0333
星野泰平さんの『半値になっても儲かる「つみたて投資」』を読みました。

概要

半値になっても儲かる「つみたて投資」 / 星野泰平.
東京 : 講談社, 2010.12.  204p : 18cm.

目次は、次のとおりです。

  • プロローグ 「安く買って高く売る」に縛られすぎた日本人
  • 第1章 「値下がり安心」効果 : どんなに下がっても安心
  • 第2章 「スピード回復」効果 : 損から素早く回復する
  • 第3章 「リバウンド」効果 : 下がった後に戻ればリターンが得られる
  • 第4章 「ストレス抑制」効果 : 上がっても下がってもストレスが抑えられる
  • 第5章 「タイミング・フリー」効果 : 始めるタイミングに悩まない
  • 第6章 「プロセス」効果 : 初値・終値だけでなく、経過の値動きが大切
  • 第7章 「継続」効果 : ケイゾクハチカラナリ
  • 第8章 「予測不要」効果 : 考えたってわからない
  • 第9章 何のためにつみたて投資をするのか
  • 第10章 つみたて投資研究記 : 一つの証券会社がなくなった物語
  • 終章 つみたて投資とはどういう投資か 

「つみたて投資」の効果を説いた本

この本で解説する「つみたて投資」は、預金などの「今あるお金」ではなく、お給料や不動産収入などの、これから生まれる「未来のお金」の投資方法です。この「未来のお金」の投資は、今までの投資とはまったく異なり、投資商品の成績と投資の効果が一致しないのですが、そういう特徴がほとんど解説されてきませんでした

(9-10ページより引用)

本書では、「積立投資」の特徴と効果が、「一括投資」との比較で、説明されています。ただ、注意しなければならないのは、本書が「積立投資の方が有利だ」と述べているわけではない、ということです。

積立投資の「定量価値」についても説明されていますが、どちらかというと安心感や親近感といった「定性価値」の方に重点がおかれています。

「投資の評価の公式」とその効果

投資の評価 = 口数 × 価格

(22ページより引用)

「ドル・コスト平均法」の説明の際、よく言われることですが、積立投資の場合、投資する商品が安い時にはより多くの口数を買うことができ、投資する商品が高い時には少ない口数しか買うことができません。
こうした性質から、積立投資には、次の効果があるとのことです(それぞれ章題になっています)。

  1. 「値下がり安心」効果
  2. 「スピード回復」効果
  3. 「リバウンド」効果
  4. 「ストレス抑制」効果
  5. 「タイミング・フリー」効果
  6. 「プロセス」効果
  7. 「継続」効果
  8. 「予測不要」効果


「値下がり安心」効果、「スピード回復」効果、「リバウンド」効果について知っていると、相場の急変期でも安心して投資を続けることができます。

また、本書では、「いつ投資を始めるか」というタイミングを気にしなくても良い「タイミング・フリー」効果が説明されています。

仮に、毎月の積立投資を10年間続けた場合、スタート時の価格は120分の1のインパクトしか持たないため、投資成果に与える影響はごく僅かです。そのため、「投資開始のタイミングを気にするよりは、さっさと積立投資を始めた方が得策」とのことでした。

積立投資に対して二の足を踏んでいる人にとって、「タイミングフリー」効果は、投資を始める後押しになる効果だと思います。

無税国家構想

終章の中で、資産を築いた偉人たちとして、二宮尊徳、安田善次郎、本多静六、松下幸之助の4人が紹介されています。その中でも特に、松下幸之助の無税国家構想が面白かったので、ご紹介します。松下幸之助は、著作の中で、

  1. 効率的な政治、行政をすることで、毎年の国費を節約することができる
  2. 節約した国費を積立、運用することで、運用益を得ることができる
  3. この運用益を国費に充てることで、ゆくゆくは無税国家になることができる

という無税国家構想を述べていたそうです。実現は相当困難だと思いますが、壮大で面白い構想だと思いました。

まとめ

本書は、積立投資を始めようか迷っている人にとっては、一歩を踏み出すきっかけになる図書であり、積立投資を行っている人にとっては、投資を継続するための精神的な支えになる図書であると思います。

ただ、具体的にどういった商品を選べば良いのかといった方法論は書かれていませんので、他の図書を参考にする必要があります。


参考:具体的な商品の選び方などは、下記の図書が参考になります。

IMG_0305
『全面改訂 ほったらかし投資術』に引き続き、中野晴啓さんの『投資バカ』を読みました。

概要

投資バカ : 賢い人は金融機関を信じない / 中野晴啓.
東京 : 朝日新聞出版, 2015.7.  205p : 18cm.

著者の中野さんは、セゾン投信株式会社の代表取締役社長です。

目次は、次のとおりです。

  • 序章 肉食投資は儲からない
  • 第1章 どうして短期トレードはダメなのか
  • 第2章 ゼロサムゲームのFXでは資産を築けない
  • 第3章 株式の個別銘柄投資なんて止めましょう
  • 第4章 投資信託の「仕掛け」に騙されてはいけない
  • 第5章 この金融機関で投資信託を買ってはいけない
  • 第6章 使えないETFにご用心
  • 第7章 これがNISAの落とし穴
  • 第8章 「新興国投資は長期で」のウソ
  • 第9章 保険は運用商品にならない
  • 第10章 こんな投資話に騙されるな
  • 終章 投資バカにならないために

「投資バカ」とは?

「投資バカ」とは、次のような人たちのことを言うそうです。

  • 金融知識を持たず、また持とうという努力もせずに、金融機関のいいなりになって、「とんでも投資商品」を買わされている人たち
  • 企業に投資するのではなく、株価の値動きに投資するような、ギャンブル投資で資産を形成しようと考えている人たち

(27-28ページより)

本のタイトルにもなっている「投資バカ」は、中野さんが以前書かれた『預金バカ』という本に対応しているようです。なかなかドギツいタイトルですが、中身は個人が資産を形成するための注意点が書かれています。以下は、印象に残ったポイントと感想です。

株式の個別銘柄投資について

中野さんは、下記の点から株式の個別銘柄投資は、個人投資家の資産形成に向かないことを指摘されています。

  • 個別銘柄投資をするために必要な企業分析は、個人投資家にとってハードルが高いこと
  • 「個人投資家」と「プロの投資家」の情報格差が、絶望的な程に大きいこと
  • 「自分の好きな企業に投資する」という基準だけでは、投資判断を誤らせる可能性があること
  • 資金力に乏しい個人投資家にとって、分散投資(最低でも20銘柄程度)が難しいこと

(64-79ページより)

その上で、投資信託を活用した投資を推奨されています。中野さんの立場を考えると、少々ポジショントークと感じることもあるのですが、全体的な指摘については、納得できる内容でした。

私は数銘柄ですが、個別銘柄を保有しています。確かに、中野さんが仰るとおり、個人投資家にとって個別銘柄投資は難しいかもしれません。少なくとも私には、儲かる銘柄を見分ける力はありませんし・・・

株主優待を目当てに保有しているのですが、「その企業が好き」という理由だけで持ち続けることがないように、気をつけたいと思いました。今後は、インデックスファンドの比率を高めることで、分散投資を進めるつもりです。

ETFについて

中野さんは、出来高が少ないETFが散見されることに対して、次のように指摘されていました。

結局のところ出来高の少ないETFが、このようにいくつも散見されるのは、ひとえに証券会社がETFの流通市場を育てようとしていないからでもあります。もっとETFの利点をアピールし、売買する投資家が増えれば、流動性の問題は徐々に解決するはずです。

(130ページより引用)

ここ最近、あるETFに興味を持ち、調べていたのですが、気になっていた点がまさに流動性でした。そのETFは、出来高が安定しておらず、少ない時は2口の出来高しかないことも。原則、バイ・アンド・ホールド戦略ですが、不測の事態が起きた時などに、現金化しづらいと困ってしまいます。

中野さんが仰るように、今後、ETFの市場が拡大し、私たち個人投資家にとっても使いやすい商品になることを願っています。

新興国投資について

「今の新興国は、日本の高度経済成長期に該当する」というロジックで、販売金融機関が新興国投資を勧めがちだ、と述べた上で、新興国が先進国になるための要素として、次の4点を挙げていました。

  1. 教育水準が高いこと
  2. 民族紛争がないこと
  3. 格差が一定範囲内に収まっていること
  4. 民主主義が確立されていること

(157ページより)

上記の4点を考えると、「今の新興国は、必ずしも日本の高度成長期に合致しない」との指摘です。この指摘は、とても興味深いものでした。世界的な分散投資を行うためには、新興国を無視するわけにはいきませんが、過度に期待せず、ほどほどのウェイトにしたほうがいいのかな、と思いました。

まとめ

初めて中野さんの著作を読みましたが、分かりやすい記述で、勉強になることも多くありました。他の著作も読んでみようと思います。ただ、やっぱりタイトルが煽り過ぎかな・・・(最近の新書全体に言えることですが)

IMG_0287

ゴールデンウィークの休みを利用し、『全面改訂 ほったらかし投資術』を再読しました。

概要

全面改訂ほったからし投資術 : インデックス運用実践ガイド / 山崎元, 水瀬ケンイチ.
東京 : 朝日新聞出版, 2015.6.  239p : 18cm.




経済評論家の山崎元さんと有名ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の管理人である水瀬ケンイチさんの2人によるインデックス投資の入門書です。

目次は、次のとおりです。
  • 序章 人はどのようにしてインデックス投資家になるか : 水瀬ケンイチの投資遍歴
  • 第1章 さっそく、始めてみよう! : インデックス投資の正しい手順ガイド
  • 第2章 一歩先行くあなたへ : インデックス投資説明編
  • 第3章 商品ガイド編 : インデックスファンド、ETFの「ミナセ・シュラン」
  • 第4章 マニア向けの特別付録 ETF運用の現場を知りたい! : 日興アセットマネジメントETFセンター長・今井幸英さんに聞く

インデックス投資の正しい手順ガイド(第1章)

第1章では、章題のとおり、インデックス投資を始めるための手順が紹介されています。
筆者らが紹介する手順は、次のとおりです。
  1. 家計の状態を把握する
  2. 資産配分(アセットアロケーション)を決める
  3. アセットクラスごとにベストな商品を選ぶ
  4. 商品を売買する金融機関を決める
  5. DC(確定拠出年金)、NISA(少額投資非課税制度)を最大限に利用する
  6. モニタリングとメンテナンス
(30-31ページより引用)
細かな点については、お二人の意見が異なる部分もあるようで、両者の意見がそれぞれ併記されています。お二人の意見のうち、どちらを参考にするかについては、自身の状況を踏まえながら、取捨選択してけばよいと思います。

ちなみに私は、生活防衛資金の金額については水瀬派(= 生活費の2年分程度の確保が必要)、リバランスの方法については山崎派(= ノーセル・リバランスを時期に関係なく実施)でした。

インデックス投資を続けるための秘訣(第2章)

続く第2章では、インデックス運用の利点および欠点について整理した上で、インデックスファンド、ETFを選ぶためのポイント、運用中の心構えなどが説明されています。

お二人が説明するインデックスファンド、ETFの選択ポイントは、次の4点です。
  1. 信託報酬・実質コストができるだけ低い商品(低ければ低いほどよい)
  2. 純資産額が大きい商品(少なくとも100億円以上欲しい)
  3. 不安定な要素ができるだけない商品(市場価格と基準価額の乖離や、繰上償還の可能性は小さいほどよい)
  4. 利便性が高い商品(少額から購入できる、分配金再投資が自動でできる、積立投資が自動でできるなど)
(139ページより引用)
この4点を意識すれば、今後新たな商品がでてきても、「投資すべき商品かどうか」について、自分で判断できそうです。

また、第2章の「ほったらかし」にするためのテクニック集やいわゆる出口戦略は、とても参考になります。特に、出口戦略ですが、「リタイア直後に暴落したらどうするのか」や「定額解約がいいのか、定率解約がいいのか」といった疑問に対する考え方のヒントが書かれており、将来の売り方を再考するきっかけになりました。

最後に「インデックス派VS.アクティブ派「神学論争」でのふるまい方」として、無用な争いを避けるための振る舞い方が紹介されています。投資スタイルは、人それぞれのため、他の投資スタイルを無闇に批判することは気をつけたいと思いました。

具体的な商品ガイドとETF運用の現場について(第3章、第4章)

第3章では、投資候補商品として、具体的なインデックスファンド、ETFが紹介されています。これからインデックス投資を始める方にとっては、商品選びの参考になるのではないでしょうか。第4章のETF運用の現場についてのインタビューは、難しい部分もありますが、始めて知ることも多く、勉強になりました。

まとめ

インデックス投資を始めたい方や既に実践している方にもオススメの一冊です。私自身、時々再読していきたいと思っています。

↑このページのトップヘ