インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

カテゴリ: 読書記録

landscape
人口減少に関する2冊の本を読みました。どちらも読んだ感想は、絶望です。

概要

1冊目:『未来の年表』

未来の年表 : 人口減少日本でこれから起きること / 河合雅司.
東京 : 講談社, 2017.6. 206p : 18cm.

1冊目は、河合雅司さんが書かれた『未来の年表 : 人口減少日本でこれから起きること』。

本書は、人口政策、社会保障政策を専門とする河合さんが、さまざまな統計データを用いて、これから人口が減少する日本の未来予想図を、年表形式でまとめた本です。

「2018年 国立大学が倒産の危機へ」という直近の予想から、「2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる」「2045年 東京都民の3人に1人が高齢者に」といった中長期の未来予測までが紹介されています。

2冊目:『縮小するニッポン』

縮小ニッポンの衝撃 / NHKスペシャル取材班.
東京 : 講談社, 2017.7. 198p : 18cm.

2冊目は、2016年9月25日に放送された番組をもとにした『縮小ニッポンの衝撃』です。

こちらの本では、NHK番組スタッフの取材を通して、日本で唯一、財政再生団体になった北海道・夕張市、「消滅可能性都市」のひとつにあげられた東京都・豊島区、過疎化が進む島根県・雲南市などの取り組みが紹介されています。

縮小する日本:「当たり前の日常」が崩れていく社会

2冊の本が提示する日本の未来像は、悲観的です。簡単にご紹介すると

  • 東京オリンピックを開催する2020年には、女性の2人に1人が50歳以上になる
  • 地方から人を集めてきた東京も、2025年には人口が減少する
  • 大都市に住む高齢者が増加することで、輸血用血液や火葬場が不足する
  • 人口減少の結果、税収が不足。当たり前と思っていた公共サービスが受けられなくなる

夏に帰省したとき、私の地元でも、「小中学校のクラス数が減っている」、「お墓を受け継ぐ人がいないため、墓じまいをする人が増えている」など、段々と縮小していく様子を、見聞きしました(帰省の直前に読んでいたため、いつも以上に気になっただけかもしれませんが)。

2冊を読むまで、「人口減少の問題は、地方だけの問題。大都市圏は関係ない」と思い込んでいましたが、間違っていたようです。

『未来の年表』は統計データの分析から、『縮小ニッポンの衝撃』は全国各地の取材結果から、人口減少の問題が、日本全体に影響を及ぼす問題であることを教えてくれます。

両書が予測するように、近い将来、日本全体で人口が減少し、当たり前だと思っている日常が崩れていくのだとしたら・・・空恐ろしささえ感じてしまいました。

2冊の本を読んで考えたこと

経済的基盤の確立が必要

両書が予測する日本の将来は、「当たり前と思っていた公共サービスが受けられなくなるかもしれない」、「社会を維持していくためには、人々の負担が増えるかもしれない」というものです。

公共サービスに期待できないのであれば、自分の力でやっていくしかありません。将来に向けて、経済的基盤の確立を目指す必要があると感じました。

国際分散投資が大切

今後の政策によって、進み方の度合いは変わるかもしれませんが、長期的には、人口減少は避けられないようです。

日本の人口が減少するなかで、生産性の向上などが進まないとしたら、日本の経済的な存在感も低下していくかもしれません。そのときの保険として、国外の資産にも投資を続け、リスクを分散していきます

自分にできることをやっていきたい

『縮小ニッポンの衝撃』で紹介されていた事例は、衝撃的なものばかりでした。

なかでも、「耐震化工事のための財源がないため、全国の幼稚園・保育園の約2割は耐震基準を満たしていない」、「財源の余裕によって、耐震基準を満たしているかどうかの自治体間格差が生じている」との指摘には考えさせられました。

ふるさと納税や寄付によって、少しでも力になれるのであれば、できることから協力していきたいと思っています。

おわりに

両書で指摘されているように、今、私たちがすべきことは、現実をしっかりと直視し、問題を先送りにしないことです。

日本の現状を把握するためにも、できるだけ多くの人たちに手にとって欲しい2冊です。




縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)
NHKスペシャル取材班
講談社
2017-07-19

Good_idea
アイデアのつくり方』(ジェームス・W・ヤング著)を再読しました。本書は、発想法のバイブルだとあらためて感じました。

概要

アイデアのつくり方 / ジェームス・W・ヤング. ; 今井茂雄訳.
東京 : 阪急コミュニケーションズ, 1988.4. 102p : 18cm.
原題: A Technique for Producing Ideas.

本書は、アメリカ最大の広告代理店ジェイ・ウォルター・トンプソンの重鎮であったジェームス・W・ヤング(Young, James Webb)が、アイデアのつくり方を指南した本で、1940年に出版されて以来、特に広告業界で、名著とされてきた一冊です。

本書の目次は、次のとおり。
  • まえがき
  • この考察をはじめたいきさつ
  • 経験による公式
  • パレートの学説
  • 心を訓練すること
  • 既存の要素を組み合わせること
  • アイデアは新しい組み合わせである
  • 心の消化過程
  • つねにそれを考えていること
  • 最後の段階
  • 二、三の追記

シカゴ大学のビジネス・スクールで行なった講義がもとになっており、シンプルな5つのステップで、アイデアを産み出す秘訣を明らかにしています。

なぜ再読しようと思ったか?

今年から本業とは別に、社外の仕事を兼務することになりました。

兼務している仕事は、企画を考えることが主な仕事。まだ業務に慣れていないため、毎回、大変な思いをしながら、企画会議に臨んでいます。

そこで、少しでも企画づくりの参考になればと考えたことが、再読の理由です。

アイデアのつくり方:「二大原理」と「5つのステップ」

どんな技術を習得する場合にも、学ぶべき大切なことはまず第一に原理であり第二に方法である。これはアイデアを作りだす技術についても同じことである。
(25ページから引用)

二大原理

ヤングは、アイデア作成の基礎として、次の2つの原理を挙げています。

  1. アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ
  2. 既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性をみつけ出す才能に依存する

「アイデアが降ってくる」という表現があるように、素晴らしい発想をひらめく瞬間は「神秘的なもの」として捉えられがちです。

しかし、ヤングは、この二大原理を理解した上で、次の5つのステップをたどれば、アイデアをつくり出す能力は身につけられる、と述べています。

5つのステップ

次に、アイデアを産み出すための5つのステップをご紹介します。

  1. 資料を収集する
  2. 資料を咀嚼する(資料をさまざまな観点から検討する、部分的なアイデアを書き留める)
  3. 問題を放棄する(問題を意識の外に出し、想像力や感情を刺激するものに、意識を移す)
  4. アイデアの誕生
  5. アイデアを磨く(現実的な条件に照らし合わせて、具体化させる)

それぞれのステップの関連性を理解し、順番にたどっていくことが、アイデアをつくり出すための鍵のようです。

特に、重要視されていたステップが、「資料を収集する」ステップ。「特殊資料」と「一般的資料」というキーワードで、資料収集のコツが説明されています。

「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ」という原理を考えると、もととなる要素を数多く持つことが必要なようです。自分の中の引き出しを増やすためには、普段からの情報収集が大切だと感じました。

本書のもう一つの魅力、竹内均さんによる解説

本書のもう一つの魅力が、地球物理学者の竹内均さんによる解説です。

この本のページ数は、102ページと薄いのですが、ヤングによる文章は約40ページ程度。残りの約半分のページが、竹内さんの解説です。

ヤングの「アイデアのつくり方」が、広告業界だけでなく、自然科学分野などの他の分野にも適用可能であることを、ご自身の経験をもとに、解説しています。

まとめ

本書をおすすめしたいのは、企画づくりに悩んでいる方です。

訳文がやや古めかしいため、少し読みにくいのが難点ですが、短い時間で、アイデアを産み出すための、基本原理と方法論を学ぶことができます。読み終わったとき、きっと何かしらのヒントが得られるはずです。

ぜひともおすすめしたい一冊です。

アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング
CCCメディアハウス
1988-04-08

発売されたばかりの『毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資』(ぱる出版, 2017.7)を読みました。

概要

毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資 / 吊ら男.
東京 : ぱる出版, 2017.7. 208p : 19cm.

著者の吊ら男(つらお)さんは、人気ブログ「吊られた男の投資ブログ(インデックス投資)」の管理人で、現役のサラリーマン投資家です。本書が、初の著作になります。

本書の目次は、次のとおりです。
  • 第1章 ズボラ投資は100円からだって可能です!
  • 第2章 ズボラなあなたの代わりに世界中の人に働いてもらう
  • 第3章 なぜズボラ投資は儲かるのか?
  • 第4章 ズボラ投資家を誘惑するボッタクリ投資の見抜き方
  • 第5章 ズボラ投資でより儲けるために
発売日当日に、最寄りの書店に買いに行ったところ、同じくタイトルに「ズボラ」を含む『ズボラでも「投資」って、できますか?』(高橋忠寛著)と並んで、売られていました。



ズボラ投資 = インデックス投資

吊ら男さんが書かれた本書は、「ズボラ投資」というキーワードを使い、インデックス投資をすすめる内容になっています。

ブログでは、理詰めで論理を積み上げていく文章が持ち味ですが、本書は投資初心者を意識した内容になっており、分かりやすい文章で、インデックス投資のエッセンスがまとめられています。

ボッタクリ商品の避け方

本書のもうひとつの特徴が、ボッタクリ商品の避け方について、詳しく書かれている点です。

第4章では、ポンジ・スキームと呼ばれる金融詐欺、金融機関が勧めるボッタクリ商品(マジメ系ボッタクリ)の避け方が、具体例とともに説明されています。

私自身にも経験がありますが、投資に興味を持ち始めると、「もっといい投資法はないか」「もっといい商品がないか」と、様々な投資法や金融商品に目移りしがちです。

しかし、世の中には、「ぼったくり」と言いたくなるような商品が多く存在するため、「いかにボッタクリ商品を避け、着実に資産形成していくか」ということが重要になります。その点で、投資初心者が陥りがちな罠について取り上げ、丁寧に解説を行なった本書はとても参考になると感じました。

まとめ

本書をおすすめしたいのは、これまで貯金しかしてこなかったような投資初心者の方です。本書を読むことで、インデックス投資の有効性、ボッタクリ投資の避け方を、ざっくりと知ることができます。

ただ、全体的に、投資初心者向けを意識しているためか、インデックス投資の理屈っぽい話は、あまり書かれていません。そのため、本書でインデックス投資に興味を持ち、なおかつ理論的背景を知りたい方は、他の本も読んでみることをおすすめします。


臆病者のための億万長者入門
橘玲(たちばな あきら)さんの『臆病者のための億万長者入門』(文藝春秋, 2014.5)を読みました。

概要

臆病者のための億万長者入門 / 橘玲.
東京 : 文藝春秋, 2014.5. 254p : 18cm.

著者の橘玲さんは、金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。小説の他にも投資や経済に関する著書を数多く執筆されている方です。

本書の目次は、次のとおりです。
  • はじめに 金融業界の不都合な真実をすべてのひとに
  • 第1章 資産運用を始める前に知っておきたい大切なこと
  • 第2章 「金融の常識」にダマされないために
  • 第3章 臆病者のための株式投資法
  • 第4章 為替の不思議を理解する
  • 第5章 「マイホーム」という不動産投資
  • 第6章 アベノミクスと日本の未来
  • 終章 ゆっくり考えることのできるひとだけが資産運用に成功する
  • あとがき 金融リテラシーの不自由なひとに感謝を

金融業界では、誰もが当たり前だと思っているけれど、不都合であるため、ほとんどの人が説明してこなかった「資産運用の常識」。本書は、そんな資産運用の常識をシンプルな論理で説明してくれます。

株式投資、為替、不動産投資といった資産運用全般に関わるテーマを取り上げ、リスク耐性が低く「臆病者の投資家」である個人投資家に対して、自分や家族の生活を守るための方法を指南する構成になっています。

あとがきのタイトルが、「金融リテラシーの不自由なひとに感謝を」となっていることからもわかるように、説明の語り口はややシニカル。クスリと笑ってしまうような文章が散りばめられています。


インデックス投資家におすすめなのが、第3章の「臆病者のための株式投資法」。

「レバレッジ」、「複利」、「複雑系」といったキーワードを挙げながら、株式投資やインデックス投資の有効性を説明しています。

特に、次の文章が印象に残っています。
「資本主義」とは、複利とレバレッジによってバランスシートを拡張していく運動のことなのだ。
(109ページから引用)
株式会社は、株主から集めた資本金に、銀行などからの借金(=レバレッジ)を加えた総資産を運用しているため、長期的に市場が成長していくのであれば、レバレッジをかけた分だけ有利である、という主張でした。

本書は、株式投資のほかにも
  • 「マイホームと賃貸、どちらが得か」といった議論
  • 金融商品としてみた「宝くじ」の罠(「愚か者に課せられた税金」という表現が印象的)
  • 為替の不思議
  • 年金問題
といったお金に関わる様々な常識を解説しています。

金融リテラシーを高めるためにも、時折読み返すことで、本書が取り上げている金融の常識を身につけていきたいと思います。

Book_Bank
橋本卓典さんの『捨てられる銀行2 悲産運用』(講談社, 2017.4)を読みました。

概要

捨てられる銀行2 非産運用 / 橋本卓典.
東京 : 講談社, 2017.4. 285p : 18cm.

著者の橋本卓典さんは、共同通信社経済部の記者で、『捨てられる銀行』(講談社, 2016.5)を執筆された方です。

本書の目次は、次のとおりです。
  • はじめに 「売られるあなた」
  • 第1章 動き出した資産運用改革
  • 第2章 ニッポンのヒサンな資産運用
  • 第3章 フィデューシャリー・デューティーとは何か
  • 第4章 年金制度の変化と資産運用改革
  • 第5章 改革の挑戦者から何を学ぶか
  • 終章 「売られないあなた」になるために
  • おわりに


前作の『捨てられる銀行』(講談社, 2016.5)では、森信親金融庁長官が進める改革のうち「企業・経済の持続的成長」を取り上げ、地域金融の問題について解説していました。本書では、もうひとつの改革方針である「安定的な資産形成」を取り上げています。

「悲産運用」とは?

金融資産の推移
(出典:金融庁「長期・積立・分散投資に資する投資信託に関するワーキング・グループ」第1回・事務局説明資料より転載)

上記の図は、本書の冒頭で紹介されているものです。

金融庁がまとめた資料によれば、ほぼ同時期において、アメリカの家計金融資産は3.11倍、イギリスは2.27倍に増加した一方で、日本は1.47倍にしか増えていません。

こうした状況を踏まえ、橋本さんは、これまでの日本の資産運用は「資産運用に非らず」だったとして、「非産運用」という造語を本書のタイトルにされています。

非産で、悲惨でもあった日本の資産運用が、金融庁の改革でどのように変化しようとしているか、ということが本書の大きなテーマになっています。

資産運用改革のキーワード「フィデューシャリー・デューティー」

森信親金融庁長官による資産運用改革のキーワードが「フィデューシャリー・デューティー(Fiduciary Duty)」です。第3章では、フィデューシャリー・デューティーについて、歴史的経緯や海外の事情を紹介しながら、解説が行われています。

これまで金融機関は、顧客との間にある情報量の差を利用し、金融機関にとって都合のいい商品を顧客に売りつける営業を行ってきました。

しかし、「企業・経済の持続的成長と安定的な資産形成」を最重要テーマに掲げる金融庁の改革では、フィデューシャリー・デューティー(真に顧客本位の業務運営)が重視されているため、金融機関の中には「フィデューシャリー・デューティー宣言」を公開するところも出てきているそうです。

「足るを知る」の哲学 巨大資産運用会社バンガード

第5章「改革の挑戦者から何を学ぶか」では、資産運用を取り巻く金融機関の改革として、国内外の事例が紹介されています。その中でも一番興味を持ったのが、資産運用会社バンガード(Vanguard)の事例です。

一部のインデックス投資家の間で、熱狂的な支持を受けるバンガード。本書では、創業者のジョン・C・ボーグルのエピソードやバンガードの企業姿勢が紹介されています。簡単にご紹介すると

  • 外部株主を持たない統治構造。バンガードの米国籍の各ファンドが運用残高に応じてバンガードの株式を所有している。
  • 世界初の個人投資家向けインデックスファンドを売り出した時、「ボーグルの愚行(Bogle's folly)」とさえ揶揄された。
  • 年に一度、「ボーグルヘッド・カンファレンス」というバンガード・ファンの個人投資家(ボーグルヘッド)を本社に招くイベントを開催。
  • 徹底したコスト管理。運用報告書を印刷する場合、外注よりも内製化した方が安いと判断したら、自社の印刷工場で印刷を行う。
  • 販売会社に対して、手数料をキックバックしないという世界的な方針を持っている。

私自身は、バンガードのファンドを保有していません。しかし、本書に書かれたエピソードを読むと、多くのインデックス投資家が、バンガードを支持する理由がわかりました。

まとめ

本書は、日本の悲惨な資産運用の実態を概観した上で、森信親金融庁長官の改革によって、「資産運用の現場がどのように変化しようとしているか」について、解説を行っています。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」にメッセージを出したことから、インデックス投資家の間でも話題に挙がることが多い森信親金融庁長官。本書は、森信親金融庁長官が推し進める資産運用改革を知るためにも、また日本の資産運用の実態を知るためにも欠かすことができない一冊だと思います。


↑このページのトップヘ