インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

カテゴリ: 読書記録

Book_Bank
橋本卓典さんの『捨てられる銀行2 悲産運用』(講談社, 2017.4)を読みました。

概要

捨てられる銀行2 非産運用 / 橋本卓典.
東京 : 講談社, 2017.4. 285p : 18cm.

著者の橋本卓典さんは、共同通信社経済部の記者で、『捨てられる銀行』(講談社, 2016.5)を執筆された方です。

本書の目次は、次のとおりです。
  • はじめに 「売られるあなた」
  • 第1章 動き出した資産運用改革
  • 第2章 ニッポンのヒサンな資産運用
  • 第3章 フィデューシャリー・デューティーとは何か
  • 第4章 年金制度の変化と資産運用改革
  • 第5章 改革の挑戦者から何を学ぶか
  • 終章 「売られないあなた」になるために
  • おわりに


前作の『捨てられる銀行』(講談社, 2016.5)では、森信親金融庁長官が進める改革のうち「企業・経済の持続的成長」を取り上げ、地域金融の問題について解説していました。本書では、もうひとつの改革方針である「安定的な資産形成」を取り上げています。

「悲産運用」とは?

金融資産の推移
(出典:金融庁「長期・積立・分散投資に資する投資信託に関するワーキング・グループ」第1回・事務局説明資料より転載)

上記の図は、本書の冒頭で紹介されているものです。

金融庁がまとめた資料によれば、ほぼ同時期において、アメリカの家計金融資産は3.11倍、イギリスは2.27倍に増加した一方で、日本は1.47倍にしか増えていません。

こうした状況を踏まえ、橋本さんは、これまでの日本の資産運用は「資産運用に非らず」だったとして、「非産運用」という造語を本書のタイトルにされています。

非産で、悲惨でもあった日本の資産運用が、金融庁の改革でどのように変化しようとしているか、ということが本書の大きなテーマになっています。

資産運用改革のキーワード「フィデューシャリー・デューティー」

森信親金融庁長官による資産運用改革のキーワードが「フィデューシャリー・デューティー(Fiduciary Duty)」です。第3章では、フィデューシャリー・デューティーについて、歴史的経緯や海外の事情を紹介しながら、解説が行われています。

これまで金融機関は、顧客との間にある情報量の差を利用し、金融機関にとって都合のいい商品を顧客に売りつける営業を行ってきました。

しかし、「企業・経済の持続的成長と安定的な資産形成」を最重要テーマに掲げる金融庁の改革では、フィデューシャリー・デューティー(真に顧客本位の業務運営)が重視されているため、金融機関の中には「フィデューシャリー・デューティー宣言」を公開するところも出てきているそうです。

「足るを知る」の哲学 巨大資産運用会社バンガード

第5章「改革の挑戦者から何を学ぶか」では、資産運用を取り巻く金融機関の改革として、国内外の事例が紹介されています。その中でも一番興味を持ったのが、資産運用会社バンガード(Vanguard)の事例です。

一部のインデックス投資家の間で、熱狂的な支持を受けるバンガード。本書では、創業者のジョン・C・ボーグルのエピソードやバンガードの企業姿勢が紹介されています。簡単にご紹介すると

  • 外部株主を持たない統治構造。バンガードの米国籍の各ファンドが運用残高に応じてバンガードの株式を所有している。
  • 世界初の個人投資家向けインデックスファンドを売り出した時、「ボーグルの愚行(Bogle's folly)」とさえ揶揄された。
  • 年に一度、「ボーグルヘッド・カンファレンス」というバンガード・ファンの個人投資家(ボーグルヘッド)を本社に招くイベントを開催。
  • 徹底したコスト管理。運用報告書を印刷する場合、外注よりも内製化した方が安いと判断したら、自社の印刷工場で印刷を行う。
  • 販売会社に対して、手数料をキックバックしないという世界的な方針を持っている。

私自身は、バンガードのファンドを保有していません。しかし、本書に書かれたエピソードを読むと、多くのインデックス投資家が、バンガードを支持する理由がわかりました。

まとめ

本書は、日本の悲惨な資産運用の実態を概観した上で、森信親金融庁長官の改革によって、「資産運用の現場がどのように変化しようとしているか」について、解説を行っています。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」にメッセージを出したことから、インデックス投資家の間でも話題に挙がることが多い森信親金融庁長官。本書は、森信親金融庁長官が推し進める資産運用改革を知るためにも、また日本の資産運用の実態を知るためにも欠かすことができない一冊だと思います。


3000円投資生活

横山光昭さんの『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム, 2016.7)を読みました。

概要

はじめての人のための3000円投資生活 / 横山光昭.
東京 : アスコム, 2016.7. 223p : 18cm.

著者の横山光昭さんは、家計再生コンサルタントとして、貯金法などのマネー本を数多く出されています。本書では、投資初心者向けに少額から始める積立投資について、書かれています。

本書の目次は、次のとおりです。
  • Part 1 さあ、3000円投資生活を始めよう
  • Part 2 3000円投資生活なら「貯金感覚」でコツコツ増える
  • Part 3 1万人の家計を見てきてわかった「投資の分かれ道」
  • Part 4 絶対にやってはいけない、投資とお金の使い方

本の奥付を見ると、なんと26刷でした。20回以上、刷り増しされたことを考えると、本書の売れ行きは好調のようです。

本書の概要を簡単にご紹介します。

「貯金+投資」で、将来に備える

本書の中で、横山さんがすすめている投資法は、非常にシンプルなものです。
月々3000円で投資をスタートし、バランス型の投資信託を買う
(17ページより引用)

「3000円」という金額は、横山さんがこれまでの経験をもとに考えた金額とのこと。
  • 始めて投資をする方が、おそらくあまり怖さを感じずに投資にまわせる金額
  • 貯金をしながら投資をスタートさせるのに、ちょうどいい金額
(19-20ページより)
確かに、3000円程度の金額であれば、無理なく投資を始めることができそうです。本書では「3000円投資生活」というキーワードで、貯金積立投資を組み合わせた資産形成法が、わかりやすい言葉で解説されています。

「遠くの100万円」ではなく、「近くの1000円」を目指す

本書の中で、一番心に残った文章が次のものです。
これから3000円投資生活を始めようというみなさんは、決して大もうけは狙わないでください。「遠くの100万円」ではなく、あくまでも「近くの1000円」を目指しましょう。
(115ページより引用)
私が実践しているインデックス投資は、どちらかというと地味な投資法です。相場の上げ下げに乗じて大儲けを狙うというよりは、資本主義経済の成長に従って、ゆっくりと資産を増やしていく投資法だからです。

投資を始めると「老後までに数千万貯めたい」といったように、つい目標を高く設定してしまいがちです。しかし、まずは「1000円を増やす喜び」を知った上で、地道に資産形成を続けていくことが大切だと、改めて感じました。

まとめ

本書は、わかりやすい文章で、積立投資やお金の管理法について解説が行われています。また、文字や行間が大きめなので、サクサクと読み進めることができます。

本書には基本的なことしか書かれていないので、「インデックス投資を行っている人」や「似たようなマネー本を読んだことがある人」にとっては、得られる情報はあまり多くありません。

しかし、投資初心者の方にとっては、投資を始めるきっかけとなる一冊だと思います。「3000円投資生活」を通して、「1000円を増やす喜び」を知ってみませんか。


analysis-1841158_1920
『週刊エコノミスト』(2017年5月30日号)の特集記事「今から始める長期投資」で、インデックス投資が取り上げられていました。

特集記事の内容は、次のとおりです。
  • 積立NISAで広がるか 積立投資による長期運用 / 井出真吾, 花谷美枝, 荒木宏香
  • インタビュー 積立NISAの狙い / 米澤康博
  • 積立NISA対象投信予想
  • Q&A インデックス投資の基礎知識 / 深野康彦
  • 目論見書のポイント
  • 魅惑のハイリスクハイリターン1 : 恐怖指数 下落局面でもうけるETF / 大山弘子
  • 資産配分 成果の9割を決める資産配分 / 吉井崇裕, 編集部
  • 税優遇 老後資金には確定拠出年金 / 高橋忠寛
  • 意外と知らない インデックス大解説 / 市川雅浩
  • 魅惑のハイリスクハイリターン2 : レバレッジ短期で2倍のパフォーマンス / 田茂井治
  • インデックス投信シリーズ 信託報酬の引き下げ競争 / 篠田尚子
  • 魅惑のハイリスクハイリターン3 : アクティブ投信 運用成績の定期的確認が必須 / 編集部

まとめ

特に印象に残ったのは冒頭のインタビュー記事。金融庁の「長期・積立・分散投資に資する投資信託に関するワーキング・グループ」で、座長を務めた米澤康博さんが、積立NISAに適する投信にインデックスファンドが多く残った理由、GPIFと個人投資家の運用などについて語っています。

一部、アクティブ投信に配慮したと思われる部分はありましたが、特集記事の内容は「インデックスの解説」から「最近の信託報酬の引き下げ競争」まで、インデックス投資について、バランス良く学べる内容になっていたと思います。

scholarship
仕事関連の本として、『奨学金が日本を滅ぼす』(朝日新聞出版, 2017.2)を読みました。

概要

奨学金が日本を滅ぼす / 大内裕和.
東京 : 朝日新聞出版, 2017.2. 261p : 18cm.

著者の大内裕和さんは、中京大学国際教養学部教授で、「奨学金問題対策全国会議」の共同代表を務められている方です。

本書の目次は、次のとおりです。
  • 第1章 この30年で大きく変わった大学生活
  • 第2章 なぜ奨学金を借りなければならないか
  • 第3章 奨学金を返せないとブラックリストに
  • 第4章 奨学金返済で「結婚」「出産」「子育て」できない
  • 第5章 学費と奨学金制度の過去から現在
  • 第6章 奨学金をめぐる改善の動き
  • 第7章 奨学金制度 : 当面の改善策
  • 第8章 奨学金制度の抜本的改革が必要

奨学金を利用する学生が増えている2つの理由

本書は、様々な統計データを紹介しながら、社会問題化している「奨学金問題」を明らかにしています。

特に印象に残ったのが、冒頭で紹介されていた「大学生の奨学金利用者の割合は、1996年の21.2%から、2012年には52.5%に上昇した」との統計結果です。

幸いにも、私自身は奨学金を借りることなく大学院まで修了することができました。また、業務として奨学金に携わることもなかったため、半数以上の大学生が奨学金を利用しているとの認識がありませんでした。

大内さんによれば、奨学金の利用者が増加した原因として、次の2点が考えられるそうです。

  1. 大学の授業料が値上がりしていること
  2. 学費を負担している保護者の所得が減少していること

1980年代以降、国立大学、私立大学ともに授業料が値上がりしている一方で、1990年代半ばから平均年収は減少しています。昔と今では、大学生活を取り巻く環境が大きく変わっているにも関わらず、「国立大学の学費は安い」といったイメージを持ったままの世代も多く、世代間ギャップが存在しているそうです。

奨学金を返せないとブラックリストに!?

本書では、奨学金回収の厳しい実態も明らかにされています。

最近、日本学生支援機構による取り立てが強化されていて、奨学金の返済が滞ると
  • 本人や保証人への電話による督促
  • 債権回収専門会社への回収移行
  • 個人信用情報機関への登録
  • 裁判所に支払督促の申し立て
などが行われているとのこと。

本書では、奨学金制度の説明だけではなく、リアルな事例も紹介されており、奨学金の返済が困難になっている実態について知ることができます。

少し気になる点も・・・

本書は、統計データの分析から「奨学金問題」は、個人だけで解決できる問題ではなく、社会として取り組むべき課題であると指摘しています。

しかしながら、個人的には少し気になる点もありました。それは、奨学金の管理が親や保護者任せになっており、貸与されている金額や使い道を把握していない学生が多い点です。

大内さんも主張されていますが、
  • 奨学金を利用するか否かは、利用する本人と話し合った上で決定する
  • 奨学金の金額や使い道については、きちんと本人に伝える
ことが重要だと感じました。自分が置かれている状況を正確に把握できないと、その後の対応が誤ったものになる可能性があるからです。

自分の状況を把握し、適切な対応策を考える。この部分は、個人でも取り組むことができる部分なのではないでしょうか。

まとめ

本書は、奨学金問題の全体像を分かりやすく解説するとともに、抜本的な改革案を提示しています。本来、「人への投資」であるべき奨学金が、「将来の債務」になっている奨学金問題。この問題を解決していくために、一人でも多くの方に、現状を知って欲しいと思います。

奨学金が日本を滅ぼす (朝日新書)
大内裕和
朝日新聞出版
2017-02-13

職場の問題地図
ゴールデンウィークの休みを利用して、積読状態になっていた『職場の問題地図 : 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方』(技術評論社, 2016.10)を読みました。

概要

職場の問題地図 : 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方 / 沢渡あまね.
東京 : 技術評論社, 2016.10. 221p : 19cm.

著者の沢渡あまねさんは、日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、あまねキャリア工房を設立。現在は、複数の企業で「働き方見直しプロジェクト」などのファシリテーター・アドバイザーとして、活躍されている方です。

本書の目次は、次のとおりです。
  • はじめに なぜ、日本の職場の生産性はいつまでたっても低いままなのか?
  • 1丁目 手戻りが多い 
  • 2丁目 上司・部下の意識がズレてる
  • 3丁目 報連相ができていない
  • 4丁目 ムダな会議が多い
  • 5丁目 仕事の所要時間を見積もれない
  • 6丁目 属人化
  • 7丁目 過剰サービス
  • 8丁目 「何を」「どこまでやればいいのか」が曖昧
  • 9丁目 仕事をしない人がいる
  • 10丁目 だれが何をやっているのかわからない
  • 11丁目 実態が上司や経営層に伝わっていない
  • おわりに

「制度」「プロセス」「個人スキル」「場」の4つの観点から見直そう

本書の目次を見た時、うちの職場のことが書かれているんじゃないかと思いました

私の職種は専門職とみなされており、他の課との人事交流が少ない職場です。人事異動が少ないと、専門職としてキャリアを磨くことができるというメリットがある一方で、どうしても仕事が属人化しがちです。

加えて、業務量は増えているのに、人員補充がままならないため、年々負担が増えています。その結果、時間外労働の増加 → 退職者が発生 → 更に負担が増える → 時間外労働の増加といった悪循環が起きています。

最近では、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、官民を挙げて様々な取り組みが行われていますが、まだまだ「忙しくて休めない」「時間外労働が多い」というのが実態ではないでしょうか。

本書では、「制度」「プロセス」「個人スキル」「場」の4つの観点から、職場の問題点を洗い出し、解決策を提示しています。重要なポイントは、フローチャートやイラストで図示化されているため、さくっと読み進めることができるのも本書の特徴です。

5つの要素で仕事をとらえる

本書では、「仕事」を5つの要素に分解して、定義しています。
  1. 目的
  2. インプット
  3. 成果物
  4. 関係者
  5. 効率

(34-35ページより)

「仕事がうまく回らない」「職場に問題がある」という状態は、上記の5つの要素のいずれかに問題があるとのこと。

この5要素はシンプルな図にまとめられており、職場の問題点を特定する「」として、繰り返し登場します。

働き方改革のTips

本書が提示する改善策の中には、日常の心がけレベルから上司や経営層にしか取り組めないレベルのものまでありました。下記に挙げたものは、平社員の私でも取り組めそうな改善策。備忘録として、残しておきたいと思います。

  • 仕事の早い段階で、成果物のイメージを「ポンチ絵」で確認しておく
  • 「無駄な会議」「会議の無駄」を減らすために、「会議の目的(種類)とアウトプット」「出席者選び」「議事録を取りやすい発言」「3本締め(決定事項・宿題事項・次回予告)」の4点を意識する
  • 「野生のカン」に頼るのではなく、業務プロセスを意識する
  • 属人化は避けられない。ただし、悪い属人化(=あたり前の仕事が特定の人しかできない状態)は減らす
  • 結果に加えて、プロセスを報告する

まとめ

本書は、思わず「あるある」と頷いてしまう職場の問題点を、シンプルなイラストと分かりやすい説明で、解き明かしています。加えて、様々な改善策を提示しているため、「働き方改革」の入門書として、役に立つのではないでしょうか。上司の席に、こっそり置いておきたい一冊です。

↑このページのトップヘ