インデックス投資で長期航海

インデックス投資で、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資と資産状況を公開しています。

カテゴリ: 投資記録

piggy-bank-1344135_1920
本日、2017年7月分の定期積立を行いました。通算18回目の積立投資です。

今回、購入したファンドは、次の4本。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード新興国株式

先月から新興国株式クラスの購入ファンドを「たわらノーロード新興国株式」に変更しています。もちろんファンド変更の理由は、コスト削減です。

ただ、6月の投資報告の中で、「欲を言えば、あともう少し信託報酬を引き下げたい」と書いていた所、今月に入って、嬉しいニュースが飛び込んできました。

新興国株式クラスのインデックスファンドで、信託報酬が最安値となる「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の登場です。

参考: eMAXIS Slimシリーズから新興国株式インデックス(信託報酬年率0.34% 税抜)が登場!
「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の登場によって、新興国株式クラスでも低コスト化の流れが加速したことは、インデックス投資家の私にとって、嬉しいできごとでした。他のファンドの動向にも期待しています。

これからも低コスト・インデックスファンドの動向に注目しながら、コツコツと積立投資を続けていきます。

piggy-bank-1344135_1920
2017年6月分の定期積立を15日に行いました。通算17回目の積立投資です。

今回、購入したファンドは、次の4本。
  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード新興国株式
前回記事にしたとおり、今月から新興国株式クラスの積立商品を「たわらノーロード新興国株式」に変更しました。

参考記事:新興国株式クラスの積み立てを「たわらノーロード 新興国株式」に変更します。前回の記事にも書きましたが、一番の理由はコスト削減。たわらノーロード新興国株式に変更したことで、信託報酬を0.105%(年率・税抜き)引き下げることができました。(欲を言えば、あともう少し信託報酬を引き下げたいところですが・・・)

また、ポートフォリオに占める株式の割合が高くなっていたため、今月は通常よりも多めの金額を普通預金に充てています。普通預金が、まとまった金額になってきたので、折を見て個人向け国債に切り替えていこうと思います。

piggy-bank-1344135_1920
2017年5月分の定期積立を行いました。通算16回目の積立投資です。今回、購入したファンドは、次の4本です。
  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・新興国株式
トランプ政権とロシアとの関係を巡る疑惑(ロシアゲート)で、円高・株安が進んだ中での積立になりました。2016年11月の大統領選以降、トランプ大統領の言動によって、市場が大きく動いているように思います。

今後、どちらの方向に相場が動いていくのかは分かりませんが、これからもコツコツと資産形成を進めて行きます。

piggy-bank-1344135_1920
2017年4月分の定期積立を行いました。通算15回目の積立投資になります。今回、購入したファンドは、次の4本です。
  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・新興国株式
今回から積立投資の通算回数についても記録しています。

2011年に、インデックスファンドへの投資を始めたため、実際の積立回数はもう少し多いのですが、きちんとした記録が手元に残っていません。そのため、ブログ開始のタイミングを起点に、積立回数をカウントしていくことにしました。

最終的に、通算回数をどこまで伸ばせるかは分かりませんが、まずは「100回」を目標に積立投資を続けていきます。

piggy-bank-1344135_1920
2017年3月分の定期積立の発注を行いました。今月、購入したファンドは、次の4本です。
  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・新興国株式
毎月購入している同じ顔ぶれです。

ここ最近、先進国株式クラスを「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるブロガーが増えています。たわらノーロードの方が、実質コストの点で優れていますが、下記の2点の理由から乗り換えに踏み切れず、ニッセイ外国株式を継続しています。
  • たわらノーロード先進国株式の純資産総額が100億円未満であること
  • 資産流入状況をみると、流入額がニッセイに負けていること
「たわらノーロード先進国株式」の純資産総額がもう少し増えたら、乗り換えを検討しようと思います。

今月の積立投資で、2016年度の投資活動が終了しました。来月から新年度が始まりますが、来年度も淡々と積立投資を続けていきます。

↑このページのトップヘ