インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

カテゴリ: 資産状況

2016年度の第3四半期末になりましたので、2016年12月末時点の資産状況を公開します。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

assetallocation201612

国内債券 43.0%(目標配分:45%)
国内株式 5.2%(目標配分:  5%)
先進国株式 41.1%(目標配分:40%)
新興国株式 10.7%(目標配分:10%)

11月のアメリカ大統領選の結果を受けた円安・株高の流れで、国内株式および先進国株式の比率が高まり、相対的に、国内債券の比率が低くなりました。それぞれ目標配分から上下していますが、許容範囲なので、特にリバランスすることなく、様子を見たいと思います。

2016年12月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、64%:36%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
asset-situation201612

淡々と積立投資を続けた結果、"トランプ・ラリー"のおかげで、評価額が過去最高額を更新しました。他のブロガーの方の記事を拝見しても、同様に好調のようですが、浮かれずに、今後も地道に元金を積み上げていきます。

まとめ

2016年は、イギリスのEU離脱問題(いわゆる、Brexit)やトランプ・ショックなどで、相場が急落。一時的に、運用資産の一部がマイナス評価になりました。しかし、相場に残り続けた結果、年末の上げ相場で、恩恵を受けることができた1年になったように思います。

今後、相場が上がるのか下がるのかは分かりませんが、来年2017年も国内外のインデックスファンドをバイ&ホールドしていきます。


次回の公開は、2017年3月の予定です。

予定よりも遅くなってしまいましたが、2016年度の第2四半期末になりましたので、資産状況を公開します。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

1

国内債券 46.9%(目標配分:45%)
国内株式 4.8%(目標配分:  5%)
先進国株式 37.2%(目標配分:40%)
新興国株式 11.1%(目標配分:10%)

各資産の比率が目標配分の許容範囲に収まってきました。しばらくの間は、特に強弱をつけずに、目標配分のとおりの比率で、積立投資を行っていけば良さそうです。

2016年9月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、63%:37%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
名称未設定
評価額、元金ともに過去最高額を更新しました。ここ最近相場が軟調なこともあり、伸び率が低迷していますが、地道に資産を積み上げていきたいと思います。

次回の公開は、2016年12月の予定です。

2016年度の第1四半期末になりましたので、資産状況を公開します。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

20161q1

国内債券 51.0%(目標配分:45%)
国内株式 4.5%(目標配分:  5%)
先進国株式 34.7%(目標配分:40%)
新興国株式 9.8%(目標配分:10%)

前回の公開以降、「国内株式」、「先進国株式」、「新興国株式」の比率を高めに積立投資を行ってきたため、だいぶ目標配分に近づいてきました。しかし、まだ「先進国株式」の比率が低いままなので、引き続き積立比率を調整することで、目標配分を目指します。

2016年6月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、57%:43%と、前回からあまり変わっていません。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
20161q2
運用資産全体でみると、利益は出ていますが、"Brexitショック"の影響から「先進国株式」と「新興国株式」は評価損の状態です。イギリスのEU離脱を巡って、今後も株価が低迷するかもしれませんが、コツコツと積立投資を続けていきます。次回の資産状況公開は、2016年9月末の予定です。

001
そろそろ新入社員の皆さんも初任給を貰う時期なのではないでしょうか。社会人歴7年になってしまった私も当時の初心を思い出すために、当時の資産を振り返ってみました。

基本給

  • 新入社員時代 100(初任給を100としています)
  • 現在 126

ありがたいことに、少しづつではありますが、毎年昇給することができています。

個人資産のアセットアロケーション

新入社員時代(2010年4月)

  • 現金 4%
  • 普通預金 66%
  • 定期預金 17%
  • 外貨預金 8%
  • MRF 1%
  • 国内株式 4%

現在(2016年4月)

  • 現金 1%
  • 普通預金 11%
  • 定期預金 43%
  • 国内債券 15%
  • 国内株式 18%
  • 先進国株式 9%
  • 新興国株式 3%

上記は、生活防衛資金や運用資産といった諸々の資産を加えた個人資産全体のアセットアロケーションです。すっかり忘れていましたが、昔は外貨預金をやっていました。最終的にはプラスで撤退することができましたが、今考えると、なんとも残念な投資です。

当時は、結婚資金を貯めることを優先していたため、普通預金や定期預金の比率が高めです。また、新入社員時代は、国内株式の個別銘柄のみで、インデックスファンドへの投資は行っていませんでした。もっと早くからインデックス投資を始めていれば・・・

まとめ

改めて、当時を振り返ってみると、外貨預金を利用していたり、生活防衛資金を1ヵ月分しか確保できていなかったりと、全般的に金融リテラシーが低いですね・・・当時に比べると、少しはマシになったかもしれませんが、これからも勉強を続けながら、投資を実践していきたいと思います。

最後に、有名ブロガーの水瀬さんが新入社員向けの記事を書かれていますので、ご紹介します。7年目の私が読んでも参考になる記事なので、ぜひご一読を!

新入社員の皆さんへ、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーからのメッセージ(2016年版)|梅屋敷商店街のランダムウォーカー

先日、資産状況を公開したばかりですが、年度末のため、改めて2016年3月末時点での資産状況を確認しました。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2015_4Q

国内債券 55.9%(目標配分:45%)
国内株式 4.1%(目標配分:  5%)
先進国株式 30.8%(目標配分:40%)
新興国株式 9.2%(目標配分:10%)

先日の記事以降に約定したファンドがあったことから、各比率は若干異なっていますが、「国内債券と先進国株式の比率が、目標配分から乖離している」という状況は変わっていません。今後、追加投資する比率を調整することで、目標配分に近づけていきます。

なお、3月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、58%:42%でした。今後、コア部分を中心に積み立てることで、比率を高めていきます。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
推移
今後も資産状況は、四半期ごとに公開していきます。

↑このページのトップヘ