インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

カテゴリ: 資産状況

先日、資産状況を公開したばかりですが、年度末のため、改めて2016年3月末時点での資産状況を確認しました。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2015_4Q

国内債券 55.9%(目標配分:45%)
国内株式 4.1%(目標配分:  5%)
先進国株式 30.8%(目標配分:40%)
新興国株式 9.2%(目標配分:10%)

先日の記事以降に約定したファンドがあったことから、各比率は若干異なっていますが、「国内債券と先進国株式の比率が、目標配分から乖離している」という状況は変わっていません。今後、追加投資する比率を調整することで、目標配分に近づけていきます。

なお、3月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、58%:42%でした。今後、コア部分を中心に積み立てることで、比率を高めていきます。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
推移
今後も資産状況は、四半期ごとに公開していきます。

前回は、目標アセットアロケーションについて書きましたので
2016年3月現在の運用資産(コア部分)の状況について報告します。

資産状況201603















国内債券  58.2%
国内株式    4.3%
先進国株式  29.0%
新興国株式   8.6%

最近まで、国内債券として、MMFを多めに積み立てていたため、国内債券の割合が目標を上回っています。

一方、先進国株式の割合は、目標を大きく下回っています。

そのため、当面の間、先進国株式と新興国株式を中心に積み立てながら、目標のアセットアロケーションに近づけていく予定です。

参考:目標アセットアロケーションは、以下をご参照ください。

↑このページのトップヘ