インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

カテゴリ: 資産状況

2017年度の第2四半期末になりましたので、2017年9月末時点の資産状況を公開します。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2017年2Qアセット・アロケーション
国内債券 43.2%(目標配分:45%)
国内株式 5.1%(目標配分: 5%)
先進国株式 40.4%(目標配分:40%)
新興国株式 11.3%(目標配分:10%)

運用資産(コア部分)のアセットアロケーションは、前期末とほぼ変わっていません。国内債券の割合が目標を下回っていますが、リバランスは行わず、毎月の積み立ても目標アセットアロケーションの割合で行いたいと思います。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
2017年2Q
投資額が順調に積み上がっています。また、国内外の株式市場が堅調だったため、評価額も過去最高額を更新しました

2017年度第2四半期(7月〜9月)の運用資産(コア部分+サテライト部分)の収益率は+3.99%、今年度始めからの収益率は+7.00%でした(ざっくりとした計算ですが、下記の計算式で収益率を算出)。

今期末評価額 ÷ (前期末評価額 + 今期投資額)

なお、2017年9月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、68%:32%でした。もう少しコア部分の割合を高めたいのですが、のんびりいきます。

今後の投資方針

9月に参加した「つみたてNISAフェスティバル2017」のパネルディスカッションで、ファンド情報編集長の岡田篤さんが仰っていた「続けること、続けること、そして続けること」という言葉が、とても印象に残っています。

【参考】「つみたてNISAフェスティバル2017」に参加。市場に残り続けることの重要性を再認識

今後、相場環境の急激な悪化が起きるかもしれません。そのような時でも市場に残り続けられるように、これからも無理がない範囲で、コツコツと積み立て投資を続けていきたいと思います。

次回の公開は、2017年12月の予定です。

2017年度の第1四半期末を迎えましたので、2017年6月末時点の資産状況を公開します。

【参考】前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

201701Q2
国内債券 44.3%(目標配分:45%)
国内株式 5.0%(目標配分:  5%)
先進国株式 39.7%(目標配分:40%)
新興国株式 11.0%(目標配分:10%)

株式市場の上昇により、国内債券の比率が目標配分よりも小さくなっていたため、6月分の積立でリバランスを実施しました。ボーナスの一部を普通預金(国内債券代わり)に追加入金しています。普通預金がまとまった金額になってきたので、証券会社のキャンペーンを利用し、個人向け国債にリレー投資していきたいと思います。

なお、2017年6月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、66%:34%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
201701Q1
今まで取り崩すことなく積立投資を続けてきたため、投資額が順調に積み上がっています。また、世界的に株式市場が好調なため、評価額も過去最高額を更新。相場が好調だと、つい気が大きくなりがちですが、あらかじめ決めておいたアセットアロケーションに従い、定期積立を続けています。

月々の余力やボーナスの大部分は、投資待機資金として、キャッシュポジションを確保し、次の「〇〇ショック」に備えて置きたいと思います。

まとめ

前回の資産状況報告でも書きましたが、今年のどこかで相場の転換期を迎えるのかもしれません。しかし、相場がどのようであっても、低コストのインデックスファンドを中心に、国際分散投資を続けていきます。

次回の公開は、2017年9月の予定です。

2016年度の第4四半期末を迎えましたので、2017年3月末時点の資産状況を公開します。

【参考】前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2016-4q2
国内債券 42.6%(目標配分:45%)
国内株式 5.2%(目標配分:  5%)
先進国株式 40.7%(目標配分:40%)
新興国株式 11.5%(目標配分:10%)

前期と比べると、新興国株式の比率が高くなりました。相対的に、国内債券の比率が、目標配分よりも小さくなっています。ただ、リバランスを実施するほどのズレではありませんので、次期も目標配分に従って積立投資を行っていきます。

なお、2017年3月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、65%:35%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
2016-4q1
期中において、国内外の株価が堅調だったこともあり、評価額が過去最高額を達成しました。投資額の方も順調に積み上がっています。

新たなチャレンジとして、米国株に挑戦したいと書いていましたが、実際にはまだ投資していません。最近は、国内の個別株にも投資していませんし、コア部分のインデックスファンドを淡々と積み上げている感じです。段々と、インデックス投資に傾倒してきているのかも

まとめ

2016年度は、ブレグジットやトランプ・ショックなどで、一時的に相場が急落する場面が何度かありました。しかし、後半にかけて、株価が持ち直したため、結果的には評価額が過去最高額を達成することができました。

2017年度は、どこかで相場の転換期を迎えるのかもしれませんが、相場がどのようであっても、低コストのインデックスファンドを中心に、分散投資を続けていきます。

次回の公開は、2017年6月の予定です。

2016年度の第3四半期末になりましたので、2016年12月末時点の資産状況を公開します。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

assetallocation201612

国内債券 43.0%(目標配分:45%)
国内株式 5.2%(目標配分:  5%)
先進国株式 41.1%(目標配分:40%)
新興国株式 10.7%(目標配分:10%)

11月のアメリカ大統領選の結果を受けた円安・株高の流れで、国内株式および先進国株式の比率が高まり、相対的に、国内債券の比率が低くなりました。それぞれ目標配分から上下していますが、許容範囲なので、特にリバランスすることなく、様子を見たいと思います。

2016年12月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、64%:36%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
asset-situation201612

淡々と積立投資を続けた結果、"トランプ・ラリー"のおかげで、評価額が過去最高額を更新しました。他のブロガーの方の記事を拝見しても、同様に好調のようですが、浮かれずに、今後も地道に元金を積み上げていきます。

まとめ

2016年は、イギリスのEU離脱問題(いわゆる、Brexit)やトランプ・ショックなどで、相場が急落。一時的に、運用資産の一部がマイナス評価になりました。しかし、相場に残り続けた結果、年末の上げ相場で、恩恵を受けることができた1年になったように思います。

今後、相場が上がるのか下がるのかは分かりませんが、来年2017年も国内外のインデックスファンドをバイ&ホールドしていきます。


次回の公開は、2017年3月の予定です。

予定よりも遅くなってしまいましたが、2016年度の第2四半期末になりましたので、資産状況を公開します。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

1

国内債券 46.9%(目標配分:45%)
国内株式 4.8%(目標配分:  5%)
先進国株式 37.2%(目標配分:40%)
新興国株式 11.1%(目標配分:10%)

各資産の比率が目標配分の許容範囲に収まってきました。しばらくの間は、特に強弱をつけずに、目標配分のとおりの比率で、積立投資を行っていけば良さそうです。

2016年9月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、63%:37%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
名称未設定
評価額、元金ともに過去最高額を更新しました。ここ最近相場が軟調なこともあり、伸び率が低迷していますが、地道に資産を積み上げていきたいと思います。

次回の公開は、2016年12月の予定です。

↑このページのトップヘ