世界一ラクなお金の増やし方

NightWalkerさんが執筆された「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」を読みました。

本書は、投資初心者に向けて、インデックス投資の魅力をわかりやすく解説した本で、つみたてNISAで投資をはじめてみようと考えている方におすすめの一冊です。

概要

世界一ラクなお金の増やし方 : #インデックス投資はじめました / NightWalker著.
東京 : ぱる出版, 2018.6. 207p : 19cm.
ISBN: 978-4-8272-1127-6


著者のNightWalker(ナイトウォーカー)さんは、「NightWalker's Investment Blog」という投資ブログを運営されている投資ブロガー。「投資ブロガー界の仙人」とも呼ばれています。

何度か投資イベントで、NightWalkerさんをお見かけしたことがありますが、物腰は柔らか。でも、言うべきことはしっかり発言される、実に紳士な方でした。「仙人」とも呼ばれるのも納得です。

また、NightWalkerさんは、2015年にアーリーリタイアを実現されています。

この本は、アーリーリタイアのきっかけとなった会社での一コマからはじまっており、NightWalkerさんの経験をもとに、インデックス投資のメリット、暴落時をやり過ごす秘訣などが書かれています。

章の構成は、次のとおり。

  • 序章 そしてインデックスファンドが残った
  • 第1章 そもそもインデックス投資って何?
  • 第2章 「つみたてNISA」で超おトクに始めよう
  • 第3章 「長期投資に出遅れナシ」っていうこれだけの理由
  • 第4章 ど素人でもお金が育つ運用のツボ
  • 第5章 暴落を利益に変えるシンプルなリスク管理法
  • 第6章 アーリーリタイアする時チェックしたこと
  • 第7章 世界一カンタン ゆるトク出口戦略
  • おわりに インデックス投資をブレずに続けるコツ


「なんとかなっちゃうな」と思わせてくれるインデックス投資

本の冒頭で、早期退職を決断された時のことを次のように表現されています。

この10年くらいたんたんと運用してきたインデックス投資で、収入ナシでも10年は生活できる資産を形成できていたのです。その後、冷静に年金のことなど色々と計算した結果「あ、やっぱりなんとかなっちゃうな」と判断。こうして、にわかハムレットはあっという間に幕を閉じ、ケッコーお気楽に会社を去ることにしたのです。
(3ページから引用)


早期退職と言えば、一般的には悲壮なイメージ。ですが、NightWalkerさんのエピーソードは、哀しげな印象を感じさせません。むしろライフステージの変化を楽しんでいる様子。(もちろんアーリーリタイアの決断に至る背景には、それまでコツコツと仕事やインデックス投資を続けられてきたNightWalkerさんの努力があったとは思いますが)


この「なんとかなっちゃうな」という感覚、私にも経験があります。

「将来、お金が必要になったとき、用意できる?」「自分たちの世代は、本当に年金を貰えるのだろうか」

漠然と将来のお金のことが不安で、大学院を修了する頃、資産形成をはじめました。

はじめに手を出した個別株は値動きが激しく、株価の変動が気がかりで落ち着きません。それに、分散投資をしたいと思っても、保有銘柄を増やすためには、資金が必要です。

何かいい方法はないかと思い、投資本を読み漁るうちに出会ったのが、インデックス投資

この本のなかで、NightWalkerさんが挙げられているように
  • 手間いらず
  • 低コスト
  • ローリスク
というインデックス投資の特徴に魅力を感じました。

さらに、「わたしのインデックス」を使って、色々と試してみた結果、インデックス投資なら「なんとかなっちゃうかも」という感覚になったのでした。

漠然と不安だった将来のことが、ある程度、コントロール可能なものだと思えるようになったのは、資産形成を続ける上で、大きな転換点になりました。

本書では、インデックス投資のメリット、長期投資をはじめる理由などがわかりやすく説明されています。将来のお金のことに不安を感じている人には、ぜひこの本を読んで、楽になる感覚を味わってもらいたいと思います。

いつか必ず起きる市場の暴落に備えるために

これからインデックス投資をはじめる人だけでなく、すでにインデックス投資をはじめている人にもよく読んでもらいたいのが、第5章の「暴落を利益に変えるシンプルなリスク管理法」です。

幸いなことに、私は投資家として、リーマン・ショック規模の暴落を経験していません。途中、東日本大震災、チャイナショック、Brexit(ブレグジット)といった下落局面はあったものの、基本的には右肩上がりの相場しか経験していないからです。

そのため、先輩投資家の皆さんが、市場が暴落したときに、どのように感じ、どのように乗り越えてきたのか、ということに興味があります

第5章では、NightWalkerさんの経験を通して、リーマン・ショック級の暴落をやり過ごすための秘訣が語られています。株価の下落インパクトなどの定量的なデータは簡単に手に入りますが、実体験に基づく定性的なデータは貴重。とても参考になりました。

いつか必ず起きる市場の暴落。その時、「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、しっかりと読み込んでおきたい部分です。

長期投資への旅立ちを後押ししてくれる良書

本書には、難しい専門用語はあまり出てきません。優しい語り口で、インデックス投資や分散投資の理論的背景がさらりと解説されています。

投資初心者の方を意識した内容、構成になっているので、投資をはじめてみようと考えている方におすすめの一冊です。長期投資への旅立ちを後押ししてくれるきっかけになると思いますよ。

また、アーリーリタイアを実現されたNightWalkerさんだからこそ書ける「アーリーリタイアをするときのチェックポイント」「長期投資の出口戦略」についても章が割かれていますので、投資中上級者の方にも楽しめる内容です。




【関連記事】インデックス投資家必見の一冊。『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ著)