投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018
今年も「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました。今回で3回目の投票です。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018とは

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

公式サイトから引用)
個人投資家の目線で投資信託を選び、表彰するイベントです。2018年9月30日までにブログを開始している投信ブロガーであれば、投票する資格があります。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」は、個人投資家が自らの想いを投票に託し、運用会社に伝えることができる貴重な機会です。

ひとりひとりの声は小さくとも、集まることで大きな力になります。自らの手でよりよい投資環境を作っていくためにも、ぜひ多くの投信ブロガーに参加してもらいたいイベントです。

投票期間は11月30日まで。投票されていない投信ブロガーは、忘れないうちに投票してみてはいかがでしょうか?

【外部リンク】投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

Fund of the Year 2018の投票基準

投票したファンドは秘密ですが、次の投票基準で、持ち点の5ポイントを割り振りました。


投票基準)
  • 投資初心者に、お薦めのファンド(4ポイント)
  • 今年、投資環境の改善に貢献したと思うファンド(1ポイント)

一番の評価ポイントは、「投資初心者に薦められるかどうか」です。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の結果を見て、投資信託を選ぶ人もいるかもしれません。ランキングがファンド選びの参考になるように、長期での資産形成に役立つファンドを選びました。

もうひとつの評価ポイントは、今年、投資環境の改善に貢献したファンドです。

毎年、似たような顔ぶれが上位にランキングされても面白くありません。そこで、 2018年に話題を集め、よりよい投資環境作りに貢献したと思うファンドを選び、1ポイント投票しました。投票したのは、新たな選択肢を増やしてくれた、あのファンドです!

皆さん、それぞれの観点で投票されているようです。果たして、どのファンドが1位に輝くのか、2019年1月13日に予定されている結果発表が楽しみです。

特別アンケートも実施中!

「リーマンショックから10年」と題した特別アンケートも実施されています。こちらは投信ブロガーだけでなく、一般の方も参加可能とのこと。

【外部リンク】#foy2018 アンケート「リーマンショックから10年」

「Fund of the Year 2018」の投票と同時に、こちらのアンケートにも回答しました。

当時、連日のように報道されていた株式市場のニュースを見て、投資に興味を持ちました。資産形成をはじめるきっかけになったリーマンショックから10年も経ったのか、と思うと感慨深いものがあります。