2016年度の第3四半期末になりましたので、2016年12月末時点の資産状況を公開します。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

assetallocation201612

国内債券 43.0%(目標配分:45%)
国内株式 5.2%(目標配分:  5%)
先進国株式 41.1%(目標配分:40%)
新興国株式 10.7%(目標配分:10%)

11月のアメリカ大統領選の結果を受けた円安・株高の流れで、国内株式および先進国株式の比率が高まり、相対的に、国内債券の比率が低くなりました。それぞれ目標配分から上下していますが、許容範囲なので、特にリバランスすることなく、様子を見たいと思います。

2016年12月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、64%:36%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
asset-situation201612

淡々と積立投資を続けた結果、"トランプ・ラリー"のおかげで、評価額が過去最高額を更新しました。他のブロガーの方の記事を拝見しても、同様に好調のようですが、浮かれずに、今後も地道に元金を積み上げていきます。

まとめ

2016年は、イギリスのEU離脱問題(いわゆる、Brexit)やトランプ・ショックなどで、相場が急落。一時的に、運用資産の一部がマイナス評価になりました。しかし、相場に残り続けた結果、年末の上げ相場で、恩恵を受けることができた1年になったように思います。

今後、相場が上がるのか下がるのかは分かりませんが、来年2017年も国内外のインデックスファンドをバイ&ホールドしていきます。


次回の公開は、2017年3月の予定です。