台湾旅行記・中正紀念堂
2017年〜2018年の年越しは、3泊4日で台湾に行ってきました。はじめての台湾旅行です。

航空券、ホテルを予約しただけの行き当たりばったりでしたが、ご飯は美味しいし、物価も比較的安かったので、楽しむことができました。

1日目:空港到着早々、トラブル発生!?

台湾旅行記・台北松山空港
今回、利用したのは、羽田空港〜台北松山空港の飛行機。貯まっていたマイルを使ったので、航空券代を抑えることができました。羽田を出発してから、約4時間で台北松山空港に到着。フライト時間が短いと楽ですね。

無事、入国審査を終え、現地通貨のニュー台湾ドルを入手しようとしたところで、トラブルが発生しました

クレジットカードでキャッシングしようと、ATMを操作しましたが、お金が出てきません。レシートには、"Transaction failed, Please retry or refer to your card issuer"と書いてあります。

カードの国際ブランドがJCBなので、1回目はJCB扱いで操作しましたが、2回目はcirrus(シーラス)扱いで操作してみることに。すると、今度は、無事、お金を引き出すことができました。レートは、1TWD = 3.82080円。

帰国後、JCBのカスタマーセンターの方に聞いてみましたが、現地ATMの設定や通信障害などで、ブランドマークがあっても利用できないことがあるそうです。失敗分は、請求が上がってきていないため、問題ないとのこと。

その後、台北MRTでホテルまで移動。ホテル周辺の自助餐(ビュッフェ形式の食堂)で食事をとり、初日は終了しました。自助餐での食事は、妻とふたりで85元(≒ 340円)。安いだけでなく、美味しかったですよ。

2日目:誠品R79〜台北車站〜中正記念堂〜台北101〜士林観光夜市

2日目は、ホテルの近くにあった「誠品R79」と呼ばれる地下街を散策してみることにしました。

誠品R79は、台湾で有名な書店・誠品書店が運営する書店街で、本屋さんを中心に雑貨店などが出店しています。本好きにはたまらない雰囲気でした。

地下街をそのまま歩いていくと、台北車站(台北駅)に着きます。昼食は、台北車站2階のフードコート。魯肉飯とビーフンの炒めもので、100元(≒ 400円)ぐらい。

午後は中正紀念堂からスタート。衛兵の交代式が有名なところですね。巨大な蒋介石の像に圧倒されました。ただ、記念堂が外装工事中だったのは残念でした。
台湾旅行記・中正紀念堂風景
その後は、台北101に移動。鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包を食べました。行列ができる人気店ですが、事前に整理券を貰えば、席が用意されるまで、台北101内のショップで時間を潰すことが可能です。店員さんも慣れたもので、日本語が通じました。
台湾旅行記・鼎泰豊
2日目の最終目的地は、士林観光夜市です。様々な屋台が軒を連ね、活気にあふれています。日本で言えば、上野のアメ横みたいな感じでした。

3日目と4日目の旅行記は、下記の記事をご覧ください。

【関連記事】台北市立動物園でパンダを見学。3泊4日台湾旅行記(その2)