前回は、目標アセットアロケーションについて書きましたので
2016年3月現在の運用資産(コア部分)の状況について報告します。

資産状況201603















国内債券  58.2%
国内株式    4.3%
先進国株式  29.0%
新興国株式   8.6%

最近まで、国内債券として、MMFを多めに積み立てていたため、国内債券の割合が目標を上回っています。

一方、先進国株式の割合は、目標を大きく下回っています。

そのため、当面の間、先進国株式と新興国株式を中心に積み立てながら、目標のアセットアロケーションに近づけていく予定です。

参考:目標アセットアロケーションは、以下をご参照ください。