2017年度の第1四半期末を迎えましたので、2017年6月末時点の資産状況を公開します。

【参考】前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

201701Q2
国内債券 44.3%(目標配分:45%)
国内株式 5.0%(目標配分:  5%)
先進国株式 39.7%(目標配分:40%)
新興国株式 11.0%(目標配分:10%)

株式市場の上昇により、国内債券の比率が目標配分よりも小さくなっていたため、6月分の積立でリバランスを実施しました。ボーナスの一部を普通預金(国内債券代わり)に追加入金しています。普通預金がまとまった金額になってきたので、証券会社のキャンペーンを利用し、個人向け国債にリレー投資していきたいと思います。

なお、2017年6月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、66%:34%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
201701Q1
今まで取り崩すことなく積立投資を続けてきたため、投資額が順調に積み上がっています。また、世界的に株式市場が好調なため、評価額も過去最高額を更新。相場が好調だと、つい気が大きくなりがちですが、あらかじめ決めておいたアセットアロケーションに従い、定期積立を続けています。

月々の余力やボーナスの大部分は、投資待機資金として、キャッシュポジションを確保し、次の「〇〇ショック」に備えて置きたいと思います。

まとめ

前回の資産状況報告でも書きましたが、今年のどこかで相場の転換期を迎えるのかもしれません。しかし、相場がどのようであっても、低コストのインデックスファンドを中心に、国際分散投資を続けていきます。

次回の公開は、2017年9月の予定です。