まだお正月気分が抜けませんが、明日の大発会から2017年の相場が始まります。
リスク許容度を再確認するために、わたしのインデックスで公開されている資産配分ツールでポートフォリオの分析を行いました。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

資産配分ツールに入力したアセットアロケーションは、直近のデータ(2016年12月末)です。

国内債券 43.0%
国内株式 5.2%
先進国株式 41.1%
新興国株式 10.7%


平均リターンとリスク

過去20年実績データ(1996年12月-2016年11月、円ベース)でみると、次のような結果になりました。
平均リターンとリスク
(「わたしのインデックス」の資産配分ツールより転載)

平均リターン: 5.1%
リスク: 11.0%
シャープレシオ: 0.47

大暴落時のポートフォリオ

「資産配分ツール」では、次の4期間におけるポートフォリオの状況を調べることができます。
  • アジア通貨危機(1997年7月-1998年10月)
  • ITバブル崩壊、テロ(2000年3月-2003年3月)
  • 世界金融危機(2007年7月-2009年2月)
  • リーマン・ショック(2008年8月-2009年2月)
最大の下落率だった世界金融危機時で調べた時、ポートフォリオの状況は、次のようになりました。
大暴落時のポートフォリオ
(「わたしのインデックス」の資産配分ツールより転載)

世界金融危機並みの大暴落が起きた場合、38.4%の評価損になるようです。

一般に、年率リターンのバラツキが、平均リターンを中心とする正規分布に従うと仮定した時
  • 平均リターン ± 1標準偏差(= リスク)の間に収まる確率: 68.3%
  • 平均リターン ± 2標準偏差の間に収まる確率: 95.4%
  • 平均リターン ± 3標準偏差の間に収まる確率: 99.7%
といった確率になることが知られています。

私のポートフォリオの場合
  • 平均リターン ± 1標準偏差: -5.9%〜16.1%
  • 平均リターン ± 2標準偏差: -16.9%〜27.1%
  • 平均リターン ± 3標準偏差: -27.9%〜38.1%
ぐらいの変動の間に、それぞれの確率で、年率リターンが収まる計算になります。

ざっくりまとめると
  • 大暴落が起きた時、1年間で約30%の評価損を抱えることになる
  • 世界金融危機のように株価低迷が長引けば、約40%の評価損を抱えることになる

このことを念頭に置きながら、2017年もインデックス投資を続けていきます

下記の図書は、暴落時でも積立投資の継続が、いかに重要かということを教えてくれます。