インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

先日、資産状況を公開したばかりですが、年度末のため、改めて2016年3月末時点での資産状況を確認しました。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2015_4Q

国内債券 55.9%(目標配分:45%)
国内株式 4.1%(目標配分:  5%)
先進国株式 30.8%(目標配分:40%)
新興国株式 9.2%(目標配分:10%)

先日の記事以降に約定したファンドがあったことから、各比率は若干異なっていますが、「国内債券と先進国株式の比率が、目標配分から乖離している」という状況は変わっていません。今後、追加投資する比率を調整することで、目標配分に近づけていきます。

なお、3月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、58%:42%でした。今後、コア部分を中心に積み立てることで、比率を高めていきます。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
推移
通算の損益率は+30.69%、2011年4月に運用を開始してからの年率平均リターンは+5.50%でした。今後も資産状況は、四半期ごとに公開していきます。

個人向け国債ロゴ
本日、個人向け国債 変動10年(第72回債)にリレー投資しました。

変動10年(第72回債)の発行条件
発行日:       平成28年4月15日
適用利率(税引前): 0.05%

詳細は、こちらでご確認ください。
また、今回は野村證券のキャンペーンを利用しました。
キャッシュバックされる現金は、運用資産に組み入れ、リターンの向上に充てます。

今後も、国内債券の金額が積み上がってきたら、キャンペーン等を利用しながら、リレー投資していきます。

資産構造
個人資産を下記のように分け、管理しています。

1. 生活防衛資金

病気や失業といった非常時のための資金として、生活費の2年間分以上の金額を定期預金で運用しています。

2. 運用資産(コア部分)

長期的に運用することを目的にしている運用資産のうち、コア部分にあたるものです。

低コストのインデックスファンドに投資し、資産を積み上げていきます。運用の様子は、このブログで報告していきます。目標アセットアロケーションは、次の記事をご覧ください。

【参考】目標アセットアロケーション


3. 運用資産(サテライト部分)

長期的に運用することを目的にしている運用資産のうち、サテライト部分にあたるものです。

「投資待機資金」と「個別銘柄」で構成されています。運用の様子については、このブログでは、原則非公開です。

投資待機資金

相場の急落時に追加投資するための資金で、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金で運用しています。毎月、積み立てますが、ある程度、まとまった金額になったら、コア部分の積立投資に回します。

個別銘柄

株主優待や配当金を目当てに数銘柄保有。長期保有したいと思える銘柄に限定し、短期的な売買はしません。

インデックス投資をはじめる前に、個別銘柄への投資をしていた名残です。趣味の範囲で、運用を続けます。

4. 目的別の資金

生活防衛資金の他にも目的別の資金(旅行代、賃貸の更新費など)として、普通預金または定期預金で運用を行なっています。こちらもブログでは非公開。


今後は、運用資産(コア部分)の様子を中心に報告していきます。

今現在、コア部分とサテライト部分の比率は、60%:40%といったところですが、段階的にコア部分の割合を増やし、90%:10%の比率にしていきたいと考えています。

↑このページのトップヘ