インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

IMG_0506

確定拠出年金法の制度改正によって、2017年1月から個人型確定拠出年金(通称、iDeCo)の加入対象者が拡大されます。今回、私も加入できるようになるため、現在、検討を行っています。

手始めに、SBI証券に資料請求したところ、本日、資料が到着しました。

SBI証券プランの手数料

個人型確定拠出年金は、加入時手数料に加え、月額で口座管理手数料(国民年金基金連合会、事務委託先金融機関、運営管理機関の3機関に対する手数料)を取られますが、口座管理手数料のうち、運営管理機関に支払う手数料は、金融機関によって異なります

SBI証券で、加入者(掛金拠出者)の場合、運営管理機関(SBI証券)に対して支払う口座管理手数料は、下記のとおりです。
  • 年金資産残高が50万円以上: 無料
  • 年金資産残高が50万円未満: 324円

ただし、年金資産残高の多寡に関わらず、国民年金基金連合会に対する手数料(103円)と事務委託先金融機関に対する手数料(64円)は、月額で徴収されるので、ご注意ください。


金融機関をどこにするか、迷っています・・・

SBI証券をメインで使用しているため、個人型確定拠出年金もSBI証券にしようと安易に考えていました。

しかし、私の場合、月額12,000円までしか拠出できないため、50万円以上で口座管理手数料が無料になるSBI証券のプランは、少し不利なのではないかと迷い始めています。楽天証券の方が、手数料的に良いのではないかと思えてきたり・・・

最近、山崎元さんの『確定拠出年金の教科書』を読み始めたので、個人型確定拠出年金の勉強と併せて、口座を開設する金融機関の選定を進めたいと思います。

竹川美奈子さんの『臆病な人でもうまくいく投資法 : お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話』を読みました。

概要

臆病な人でもうまくいく投資法 : お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話 / 竹川美奈子.
東京 : プレジデント社, 2016.3.  237p : 19cm.

著者の竹川美奈子さんは、ファイナンシャル・ジャーナリストとして活躍されている方で、多くの著書を出されています。

本書の目次は、次のとおりです。

  • 第1章 投資信託を使った積み立て投資はなぜ、最適の資産形成法なのか?
  • 第2章 低コストのインデックスファンドを組み合わせて、世界に丸ごと分散投資する方法
  • 第3章 たった1本保有するだけで、簡単&手軽に国際分散投資ができるバランス型投信の活用法
  • 第4章 「非課税」という武器を最大限に生かす確定拠出年金を使った投資法
  • 第5章 自分が応援したい会社や事業を投資家という立場で、サポートし、長期的なリターンを得る方法
  • 第6章 コツコツ投資を始める前に押さえておきたい7つのこと


「コツコツ投資家」11人から学ぶお金の本

本書は、投資信託などを活用し、長期でじっくり資産形成に取り組む「コツコツ投資家」11人を紹介した本で、彼・彼女たちの事例を通して、お金との付き合い方増やし方を学ぶことができる本になっています。

これまで、「ウォーレン・バフェットなどの著名な投資家たちを紹介した本」や「投資で成功した本人が書いた本」などは、数多く出版されていますが、ごく普通の個人投資家たち(例えば、会社の同僚やお隣さんのような人たち)を紹介した本というのは、とても珍しいように思います。

この本に登場する11人の「コツコツ投資家」たちは、簡単なプロフィールとともに

  • どういったきっかけで、投資を始めることになったのか
  • どういった情報源(本やブログなど)を参考にしたのか
  • どういった資産配分で投資を行い、どういった商品を積み立てているのか
  • 投資を実践するなかで、どういったことを感じたのか

などが、彼・彼女たちの言葉を通して、紹介されています。

11人それぞれが実践する投資法は、「長期でじっくり資産形成に取り組む」という大方針は共通しているものの

  • 低コストのインデックスファンドを組み合わせている人
  • バランス型投信を中心に投資を行っている人
  • 確定拠出年金を使っている人
  • コツコツ投資の基本形を守った上で、個別銘柄やアクティブファンドにも投資を行っている人

といったように様々です。

年齢や職業などのプロフィールに加え、投資に対する取り組み方を参考にすれば、自分に近いと思えるコツコツ投資家を見つけられると思います。

似た境遇の方には共感し、異なる境遇の方からは新たな知見を得られるという楽しみ方が、この本にはありました。(普段、投信ブロガーの方の記事を読んでいる時と同じ楽しみです。実際、投信ブロガーの方も紹介されていました)


まとめ

本書は、はじめに投資信託を使ったコツコツ投資の基礎知識を解説した上で、11人の事例紹介で出てくるキーワードについても補足説明を行っています。また、最終章では、コツコツ投資を始める人が知っておきたい疑問点について、Q&A方式で解説していますので、投資初心者でも簡単に読み進めることができます。

本書を読めば、投資は決して「特別な人たち」だけが行っているものではなく、「ごく普通の私たち」も実践できるものであると実感できるのではないでしょうか。

ニッセイアセットマネジメントから「ベンチマークと運用実績の乖離について」と題する臨時レポートが出されました。

臨時レポートが出されたきっかけは?

事の発端は、先日のアメリカ大統領選挙でした。

選挙結果が判明した11月9日の東京市場には、大きな混乱(いわゆるトランプショック)が発生したものの、翌日には為替、株式市場ともに大きく値を戻す展開となりました。

しかしながら、11月10日のニッセイ外国株式インデックスの基準価額の騰落率を見ると、同じアセットクラスのたわらノーロード先進国株式外国株式インデックスeに比べて、低い上昇にとどまったため、ブログやtwitter上で、何かあったのではないかと話題になっていました。

ニッセイ外国株、1日で0.28%の信託財産を失う | 40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ

ニッセイ外国株式インデックスファンドの不審な挙動 | 投信で手堅くlay-up!

【トラッキングエラー】ニッセイ外国株式インデックスファンドが「安物買いの銭失いファンド」だった | 一方通行投資で気楽に資産形成。

トラッキングエラー多発のニッセイ外国株式インデックスファンドは信頼できるのか? | 81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

ベンチマークとの乖離の理由

今回の臨時レポートによれば、ベンチマークであるMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)と運用実績の乖離が起きた原因は、

当ファンドでは大きな資金流入にあたっては、ファンドに与える影響を抑制すべく、前営業日に必要な取引を行うことで乖離を抑制しています。(中略)11月10日マザーファンドに大きな資金流入が見込まれたため、これまでと同様、ベンチマークとの連動率を高めるべく、必要な為替取引を9日にTTMに合わせて実施しました。しかしながら、米国大統領選挙の開票につれ、大きく円高が進行したことで、TTMが日中に変更されたため、結果としてベンチマークと運用実績の乖離が発生することとなりました。
(2016年11月15日更新臨時レポートより引用)

とのことです。

他にもブログやtwitter上では、ニッセイ外国株式インデックスファンドのマザーファンド規模の小ささを指摘する意見も見受けられます。

ニッセイアセットマネジメントへの期待

今回のように、市場が乱高下する際、ベンチマークと運用実績が乖離することは、もちろん望ましいことではありませんが、短期間の比較では、ファンドを乗り換えるかどうかについての判断はできません。もう少し長い間、動きを注視してみたいと考えています。今後は、より安定した運用が行われることを望みます。

また、ブログなどでの騒ぎがどれくらい影響があったのかはわかりませんが、受益者の不安に対応するかのように、臨時レポートで公式発表を行ったニッセイアセットマネジメントの姿勢は、評価したいと思いました。今後も積極的な情報発信を期待しています。

↑このページのトップヘ