インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

eMAXIS_Slim
(上図は、三菱UFJ国際投信株式会社のプレスリリース(2017.02.10)より転載)

既に多くのブロガーが記事にしていますが、三菱UFJ国際投信株式会社から新たなインデックスファンド「eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)」の設定が発表されました。

公式発表前の2017年2月8日に、日経新聞が報じた「三菱UFJ国際投信、投信手数料「常に業界最低に」」という記事をきっかけに、インデックス投資ブロガー界隈が大きな盛り上がりをみせていた話題です。

当初、eMAXISシリーズの既存ファンド4本の信託報酬を引き下げるのではないか、との見方が優勢でしたが、いざ公式発表を見てみると、新たに低コストのインデックスファンド4本が追加設定されるという形になりました。今回、新規設定されるのは、次の4本です。
  • eMAXIS Slim 国内株式インデックス(税抜・年率:0.18%)
  • eMAXIS Slim 国内債券インデックス(税抜・年率:0.14%)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(税抜・年率:0.20%)
  • eMAXIS Slim 先進国債券インデックス(税抜・年率:0.17%)
それぞれeMAXISシリーズ内の類似ファンドと、マザーファンドを共有するため、新規ファンドとはいえ、安定した運用が期待できそうです。

次に、私が積立を行っている「国内株式」と「先進国株式」について、詳しく見てみたいと思います。

国内株式インデックス

eMAXIS TOPIXインデックス、eMAXIS Slim 国内株式インデックス、<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドの信託報酬率の内訳を比較したものが、次の表です。

国内株式インデックスファンド信託報酬率比較
信託報酬率(年率・税抜)
委託会社販売会社受託会社合計
eMAXIS TOPIXインデックス0.35%0.05%0.40%
eMAXIS Slim 国内株式インデックス0.08%0.08%0.02%0.18%
ニッセイTOPIXインデックスファンド0.08%0.08%0.02%0.18%

※ 「eMAXIS TOPIXインデックス」、「eMAXIS Slim 国内株式インデックス」は、"受益者還元型"信託報酬率を適用していますが、上記の信託報酬率比較では、500億円未満の部分に適用されるものを使用しています。

eMAXIS Slim 国内株式インデックスの信託報酬率の内訳を見てみると、現時点で、最も低コストな<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドの信託報酬率に合わせているようです。

先進国株式インデックス

eMAXIS 先進国株式インデックス、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬率の内訳を比較したものが、次の表です。

先進国株式インデックスファンド信託報酬率比較

信託報酬率(年率・税抜)
委託会社販売会社受託会社合計
eMAXIS 先進国株式インデックス0.54%0.06%0.60%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.09%0.09%0.02%0.20%
ニッセイ外国株式インデックスファンド0.10%0.08%0.02%0.20%

※ 「eMAXIS 先進国株式インデックス」、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は、"受益者還元型"信託報酬率を適用していますが、上記の信託報酬率比較では、500億円未満の部分に適用されるものを使用しています。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの信託報酬率は、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドと同額ですが、eMAXIS Slimの方が販売会社の取り分が0.01%高くなっています。

最安値に並ばれたニッセイにとっては、委託会社の取り分を、eMAXIS Slimと同額まで引き下げれば、更に信託報酬率を引き下げられそうです。今後、どういう戦略をとってくるのか、注目したいと思います。

他社は、どういう戦略を取ってくるのでしょうか?

既存ファンドの信託報酬率引き下げではなく、新規ラインナップを追加してきたことに対して、インデックス投資ブロガーの間では、様々な意見が出ています。

私の単純な感想としては、新規ファンドとはいえ、業界最低水準の運用コストを目指すファンドを追加してきた三菱UFJ国際投信株式会社の姿勢は評価したいと思います。ただ、eMAXIS Slimの信託報酬率が、現時点で最安値の<購入・換金手数料なし>シリーズと同額の間は、ファンドを乗り換えるつもりはありません。ベンチマークも「配当込み」の方が好みですし・・・

今後、「eMAXIS Slim」の登場によって、低コスト争いをしてきたニッセイたわらiFreeがどういう戦略を見せてくるのか、注目していきたいと思います。

IMG_0579
クラウドファンディングReadyforで、筑波大学附属図書館が支援金を募集しています。


国立大学に配分される「運営費交付金」が減額され、筑波大学附属図書館では資料購入費が減少し、主要な雑誌や新聞の購読さえも中止せざるを得ない状況に。学習・研究を支える基礎となる本を提供することは、図書館の大切な使命です。大学教育の質を下げないための工夫が迫られる中、クラウドファンディングを通じ、良質な本を充分に揃えるため支援金を募集します。
Readyforのページより引用)
昨年、同じ大学図書館の悲しすぎる台所事情として、大阪大学の事例がニュースになっていました。

参考:大阪大学図書館の「悲しすぎる台所事情」 外国語学部なのに「中国語研究」「ロシア月報」など70冊購読中止

大阪大学や筑波大学のような研究型の総合大学であっても、大学図書館が置かれている状況は厳しいようです。筑波大学のプロジェクト概要によれば、2017年度の購読雑誌は前年から半減、2015年度の図書購入冊数は最盛期の約半分とのこと。

同じ教育業界に勤めている立場からのポジショントークになってしまいますが、近年、大学に振り分けられる予算は減っており、経営を維持するためには、外部資金の獲得が重要になっています。今後も教育・研究に必要な環境を整備していくためには、民間からの寄付が欠かせません。

筑波大学附属図書館の業務統計によれば、2015年度の資料購入費は約6億6千4百万円とのこと。そのため、今回、募集している3百万円は、資料購入費全体の約0.5%にしかならないようです。

とは言え、「金食い虫」と揶揄される図書館が、クラウドファンディングで、資金集めを行う事例は珍しく、成功すれば、文部科学省などから、先進的な事例として評価されるでしょう。私自身、大学図書館には、お世話になることが多いため、是非、成功してほしいと思っています。

P.S.
毎年、微々たる金額ですが、某大学基金への寄付を継続しています。今年度は、まだ寄付していなかったので、近日中に行う予定です。

<追記>2017.01.31

目標の3百万円を達成したようです。筑波大学附属図書館の皆さん、おめでとうございます。

現時点では、筑波大学基金内に、附属図書館の支援プロジェクトはないようですが、継続的な支援を呼びかけるためにも、基金のひとつとして、プロジェクトを設けられたら良いのではないでしょうか。

piggy-bank-1344135_1920
2017年の初投資として、1月分の定期積立を行いました。
今月、購入したファンドは、次の4本です。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・新興国株式

購入するファンドは、昨年から変わっていません。

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド」と「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、低コストであることに加え、「Fund of the Year 2016」でも高評価だったため、購入を継続します。

新興国株式は、より低コストな「たわらノーロード新興国株式」に乗り換えるかどうか迷いましたが、ファンドの設定から1年が経過していないため、もう少し様子をみることにしました。

この所、トランプ次期大統領の発言などで、為替と株の値動きが荒い展開になっていますが、今年も目標アセットアロケーションに従い、淡々と積立投資を行なっていきます。

↑このページのトップヘ