インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

職場の問題地図
ゴールデンウィークの休みを利用して、積読状態になっていた『職場の問題地図 : 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方』(技術評論社, 2016.10)を読みました。

概要

職場の問題地図 : 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方 / 沢渡あまね.
東京 : 技術評論社, 2016.10. 221p : 19cm.

著者の沢渡あまねさんは、日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、あまねキャリア工房を設立。現在は、複数の企業で「働き方見直しプロジェクト」などのファシリテーター・アドバイザーとして、活躍されている方です。

本書の目次は、次のとおりです。
  • はじめに なぜ、日本の職場の生産性はいつまでたっても低いままなのか?
  • 1丁目 手戻りが多い 
  • 2丁目 上司・部下の意識がズレてる
  • 3丁目 報連相ができていない
  • 4丁目 ムダな会議が多い
  • 5丁目 仕事の所要時間を見積もれない
  • 6丁目 属人化
  • 7丁目 過剰サービス
  • 8丁目 「何を」「どこまでやればいいのか」が曖昧
  • 9丁目 仕事をしない人がいる
  • 10丁目 だれが何をやっているのかわからない
  • 11丁目 実態が上司や経営層に伝わっていない
  • おわりに

「制度」「プロセス」「個人スキル」「場」の4つの観点から見直そう

本書の目次を見た時、うちの職場のことが書かれているんじゃないかと思いました

私の職種は専門職とみなされており、他の課との人事交流が少ない職場です。人事異動が少ないと、専門職としてキャリアを磨くことができるというメリットがある一方で、どうしても仕事が属人化しがちです。

加えて、業務量は増えているのに、人員補充がままならないため、年々負担が増えています。その結果、時間外労働の増加 → 退職者が発生 → 更に負担が増える → 時間外労働の増加といった悪循環が起きています。

最近では、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、官民を挙げて様々な取り組みが行われていますが、まだまだ「忙しくて休めない」「時間外労働が多い」というのが実態ではないでしょうか。

本書では、「制度」「プロセス」「個人スキル」「場」の4つの観点から、職場の問題点を洗い出し、解決策を提示しています。重要なポイントは、フローチャートやイラストで図示化されているため、さくっと読み進めることができるのも本書の特徴です。

5つの要素で仕事をとらえる

本書では、「仕事」を5つの要素に分解して、定義しています。
  1. 目的
  2. インプット
  3. 成果物
  4. 関係者
  5. 効率

(34-35ページより)

「仕事がうまく回らない」「職場に問題がある」という状態は、上記の5つの要素のいずれかに問題があるとのこと。

この5要素はシンプルな図にまとめられており、職場の問題点を特定する「」として、繰り返し登場します。

働き方改革のTips

本書が提示する改善策の中には、日常の心がけレベルから上司や経営層にしか取り組めないレベルのものまでありました。下記に挙げたものは、平社員の私でも取り組めそうな改善策。備忘録として、残しておきたいと思います。

  • 仕事の早い段階で、成果物のイメージを「ポンチ絵」で確認しておく
  • 「無駄な会議」「会議の無駄」を減らすために、「会議の目的(種類)とアウトプット」「出席者選び」「議事録を取りやすい発言」「3本締め(決定事項・宿題事項・次回予告)」の4点を意識する
  • 「野生のカン」に頼るのではなく、業務プロセスを意識する
  • 属人化は避けられない。ただし、悪い属人化(=あたり前の仕事が特定の人しかできない状態)は減らす
  • 結果に加えて、プロセスを報告する

まとめ

本書は、思わず「あるある」と頷いてしまう職場の問題点を、シンプルなイラストと分かりやすい説明で、解き明かしています。加えて、様々な改善策を提示しているため、「働き方改革」の入門書として、役に立つのではないでしょうか。上司の席に、こっそり置いておきたい一冊です。

walking
『ウォール街のランダム・ウォーカー』を読み返していた所、次の文章に目が止まりました。
金持ちになりたいなら急がないことだ。しかし重要なのは、今すぐ始めることだ。
(『ウォール街のランダム・ウォーカー』(2016.3)368ページより引用)
上記の引用文は、原著第11版の翻訳から訳出されるようになった「財産の健康管理のための10カ条」に出てくる文章です。

著者のバートン・マルキール教授は、安心できる財産運用のための第一条件は、継続的な貯蓄計画であるとし、できるだけ若いうちから始めることを推奨しています。

この文章を再読した時、思い出したのが次のニュースです。


金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、「40歳代・年収300万円未満の世帯では半数が金融資産を保有していない」とのこと。

リンク先の記事中でも言及されているとおり、この調査では、金融資産が「定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分」と定義されているため、「金融資産を保有していない」と回答した世帯でも、生活費の範囲で何らかの貯蓄を行なっている可能性はあります。

ただし、全世代でも、30.9%の世帯が「金融資産を保有していない」と回答しているのは、心もとない気がします。ひと昔前なら、日本は貯蓄率が高い国とのイメージがありましたが、実態は変わってきているようです。

マルキール教授が、「財産の健康管理のための10カ条」の第1条を「元手を蓄えよ」としているように、継続的な貯蓄は重要です。私自身、インデックスファンドへの投資とは別に、生活防衛資金として2年分以上の預貯金を確保した上で、貯蓄も続けています。

世帯構成によっては色々な事情もあると思いますが、無理のない範囲で貯蓄を始めてはいかがでしょうか。

繰り返しになりますが、
金持ちになりたいなら急がないことだ。しかし重要なのは、今すぐ始めることだ。

The art of money and how to use it better
経済コラムニスト・大江秀樹さんの『教科書にないお金の増やし方・守り方 : 行動経済学で解決する50のムダづかい』(大和書房, 2016.12)を読みました。

概要

教科書にないお金の増やし方・守り方 : 行動経済学で解決する50のムダづかい / 大江秀樹.
東京 : 大和書房, 2016.12. 255p : 19cm.

著者の大江秀樹さんは、野村證券を退職後、オフィス・リベルタスを設立。経済コラムニストとして、行動経済学・資産運用・企業年金等をテーマに、執筆やセミナーを行われています。

本書の目次は、次のとおりです。
  • Lesson 1 人は「損失を避ける」ことを優先する : なぜ合理的に考えられないのか
  • Lesson 2 誰もが「心の錯覚」で買ってしまう : 直観や衝動は押しのけられるか
  • Lesson 3 幸せになる使い方を選び取る : お金で買える楽しみを増やすには
  • Lesson 4 不合理な選択をしない体質になる : 本当に欲しいものだけを買うには

「勘定」よりも「感情」を優先してしまう私たち

タイトルに「お金の増やし方・守り方」とありますが、この本は資産運用や蓄財のノウハウ本ではありません。「はじめに」に書かれているように
日常の何気ない行動の中で陥りがちな「心の罠」ともいうべきものを学ぶことによって、若いうちからお金に関する基本的な教養を身につけ、気がつかないうちに損をしてしまうことのないようにする
(1ページより引用)
ことが、この本の狙いです。

お金のことを判断する場合、私たちは、損か得かといった「勘定」を判断しなければならないのにも関わらず、しばしば「感情」を優先してしまいがちです。本書では、こうした不合理な意思決定について、行動経済学の観点から多くの事例とともに解説が行われています。

不合理な行動の例をいくつか紹介すると

  • 「定期預金の解約は損だ」と思い、ローンを組む(損失回避性のバイアス)
  • 高い買い物の時ほど、予定外の出費が増えていく(参照点、ディドロ効果)
  • 1万円札は崩したくないが、お釣りはすぐに使ってしまう(メンタル・アカウンティング)
  • ポイントを増やすために、無駄な買い物をしてしまう(保有効果)

ここで挙げた事例の他にも、読みながら「あるある」と思える事例がたくさん出てきます。日常生活の中で、私たちがどれほど不合理な行動をとっていることか・・・やっかいなのは、客観的に見える数字の中にも「心の罠」が潜んでいることです。

ベストな判断でお金を使うための5つの行動習慣

結論では、不合理な意思決定に陥らないための5つの行動習慣が説明されています。私自身の備忘録も兼ねて、ご紹介します。
  1. 仕組み化する
  2. ルールを決める
  3. 良いか悪いかではなく、必要か不必要かで決める
  4. 相手の側に立って考えてみる
  5. 見た目に惑わされない

(238-251ページより)

本書では、行動経済学の考えを活用したマーケティング例についても説明が行われています。

例えば、「無料サービス」のように、相手側が損をしているように見えるものの、実はしっかりと儲けているケースが、世の中には多く存在しています。こうしたケースで損をしないためには、「相手の側に立って考えてみる」必要があるとのこと。

まとめ

本書は、ひとつの事例について、4〜5ページ程度で説明が行われており、手に取りやすい行動経済学の本になっています。解説されている「心の罠」の中には、簡単に回避できそうなものもあれば、回避が難しそうなものもありますが、不合理な行動を取ってしまう心の仕組みについて知ることで、大きな損は避けられそうです。時折、本書を読み返すことで、「心の罠」の存在を再確認していきたいと思いました。



↑このページのトップヘ