インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

投資信託協会が「投資信託に関するアンケート調査報告書(2016年)」を公表しています。

【外部リンク】「投資信託に関するアンケート調査結果-2016年」の公表について

投資信託協会では、毎年、投資信託に関するアンケート調査を実施しているそうですが、今回、初めてインターネット調査で実施したとのこと。

調査の概要は、次のとおりです。
調査方法:インターネット調査(抽出フレーム:インテージネットモニター)
調査時期:平成28年9月16日〜9月30日
調査時期:全国
調査対象:20〜79歳の男女
サンプル数:20,000サンプル
調査実施:株式会社インテージ
(投資信託協会のページより引用)

「投資信託に関するアンケート調査報告書(2016年)」では、67ページにわたり、調査結果が報告されていますが、個人的に興味深かった結果をご紹介いたします。

投資信託の保有経験(「図3-9」)

投資信託の保有経験を尋ねた結果によれば、投資信託を「現在保有している」という”現在保有層”は16.0%、「以前保有していたが、現在は保有していない」という”保有経験層”は8.6%とのことです。両者を併せても25%になりません。つまり、残りの75%以上の人たちは、「これまで一度も投資信託を保有したことがない」ということになるようです。

私と同年代の30代をみてみると、”現在保有層”が10.1%、”保有経験層”が3.1%で、全体に比べると、”現在保有層”と”保有経験層”の割合が低い結果になっていました。

普段、投信ブロガーの方たちのブログを読んでいると、投資信託への投資が一般的であるかのように勘違いしますが、世間的にはまだ馴染みがないものなのかもしれません。

投資信託の保有種類(現在保有層)(「図4-1」)

現在保有層”に対して、現在保有している投資信託の種類を尋ねた結果によれば、「株式投資信託」が57.6%で最多とのことです。次いで、「外国で作られた投資信託」、「不動産投資」、「公社債投資信託」が保有されているようです。

年代別で比較してみると、全体の傾向としては、保有している投資信託の種類にあまり違いはみられませんが、「ETF」は20代(17.3%)、30代(12.4%)の保有率がやや高い結果になっています。

また、性別で比較すると、男性の方が「株式投資信託」や「ETF」の保有率が高い傾向にあるようです。

この設問が尋ねているのは、あくまで「現在保有している投資信託の種類」なので、それぞれの保有割合はわかりません。性別や年代別で比較した際、どのようにアセットアロケーションに違いが出てくるのか、興味があります。

投資信託の積立投資の利用状況(現在保有層)(「図4-1」、「図7-11」)

現在保有層”に対して、積立投資の利用について尋ねた結果によれば、「利用している」が27.2%、「利用していない」が72.8%という結果になっています。

また、他の設問で、調査対象者全員に対して、ドル・コスト平均法/積立投資プランの認知状況を尋ねた結果では、「ドル・コスト平均法/積立投資プラン両方非認知」が82.4%と大半を占めています。そのため、「積立投資」に関しても、一般に知られ、実践されているとは言えないようです。

ただ、非常に興味深いのは、積立投資の利用率を年代別でみてみると、年代が若いほど高い傾向にあり、20代が51.9%、30代が40.9%と、他の年代に比べて、やや高い利用率になっていることです。これから資産を形成していく若年層の多くが、積立投資を利用している状況は頼もしい印象を受けました。

投資信託の商品特徴認知状況(「図7-1」、「図7-2」)

ただ一方で、少し不安な調査結果もありました。

調査対象者全員に対して、投資信託の商品特徴の認知状況を尋ねた結果によれば、投資信託の特徴として認知率が高い順に、「元本の保証はない」(46.4%)、「価格変動と、外国に投資するものには為替リスクがある」(32.7%)、「国内の投資信託と海外の投資信託がある」(32.2%)などが挙がっています。

上記の結果は、投資信託への投資経験がない人たちも含まれているため、投資信託の特徴に対する認知度が低くても仕方ないと思うのですが、保有状況別にみた分析によると、”現在保有層”であっても「元本の保証はない」の認知率が78.8%に留まっています。

残りの21.2%の人たちは、投資信託の特徴をきちんと理解しないまま投資しているということでしょうか。約5人の1人が「元本の保証はない」ということを知らない状況で、投資信託を購入している事実に不安を感じました。


今回、一部の調査結果だけをご紹介しましたが、「投資信託に関するアンケート調査報告書(2016年)」では、他にも様々な項目についてアンケート調査を行なっており、興味深い結果になっています。このアンケート調査は、毎年行なっているようですので、経年変化を調べてみても面白そうです。

来年、2017年は、個人型確定拠出年金(iDeCo)の対象者が拡大されます。それに伴い、投資信託に対する認知度は高まるのでしょうか。来年のアンケート調査結果が楽しみです。


今回初めて、投資信託協会のページを見ましたが、色々と情報が充実していて面白いです。個人向けのガイドブックも無料で資料請求できたので、早速応募してみました。届き次第、内容をご報告します。

cashbox-1642988_640
12月分の定期積立を実施しました。2016年12月に購入したファンドは、次の4本です。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・新興国株式

ニッセイ外国株式インデックスファンドがベンチマークから下方乖離したため、他のインデックスファンドに乗り換えたブロガーの方もいらっしゃいましたが、私はもう少し様子見です。

次の運用報告書で実質コストを確認してから、他のインデックスファンドに乗り換えるかどうか、検討します。

関連記事:ニッセイアセットマネジメントが臨時レポートを発行

また、今月、積立投資を行った結果、2016年分のNISA枠を使い切ることができました。いわゆるトランプ・ラリーで、円安株高が進行していますが、浮かれることなく、来年も淡々と積立投資を行っていきます。

IMG_0527
二宮敦人さんの『最後の秘境 東京藝大 : 天才たちのカオスな日常』を読みました。
(インデックス投資とは関係ない話題です。ご興味がある方のみご覧下さい)

ほぼ毎年のように卒展を見に行っているためか、母校でもないし、知り合いがいるわけでもないのに、東京藝大に対して、妙な親近感を持っています。加えて、美大を舞台にした漫画『ハチミツとクローバー』が好きなこともあり、電車の中吊り広告で宣伝されていた本書を手に取ってみました。

概要

最後の秘境 東京藝大 : 天才たちのカオスな日常 / 二宮敦人.
東京 : 新潮社, 2016.9.  286p : 20cm.

著者の二宮敦人さんは、普段、ホラー小説やエンタメ小説を書いている方らしいのですが、現役の藝大生である奥様をきっかけに、ユニークな存在「東京藝大」に興味を持ち、初のノンフィクション作品として、本書を執筆されました。

本書では、各学科に所属する学生たちのインタビューを通して、東京藝大に所属する人々の日常が紹介されています。


東京藝術大学とは?

  • 美術学部("美校")」と「音楽学部("音校")」の2学部からなる芸術系大学
  • 芸術界の東大」と呼ばれることもある
  • 入学試験は狭き門。二浪、三浪なんて当たり前といった厳しい世界
  • 卒業生のおよそ半分は行方不明に・・・

本書でインタビューを受けている学生たちも変わっていて、口笛の世界チャンピオン、自宅の中で雨を降らせた学生などが紹介されています。


入学試験は「ハンター試験」?

個人的に印象に残ったのは、入学試験のエピソードでした。

東京藝大は難関校で、特に美校の場合、現役合格率は約二割。多浪生も多いようです。入学試験の内容は、学科によって、センター試験の重要度が異なるものの、どちらかというと実技試験の方が重視されています。その実技試験の内容がとてもユニークなんです。
  • 「全音符の書き順」を問う問題
  • 初見の楽譜が与えられ、その場で歌う試験
  • 楽譜の冒頭だけが与えられて、その続きを作曲する試験
  • 「人を描きなさい。(時間:二日間)」(「二時間」ではなく、「二日間」!!)
  • 自分の仮面を作り、それを装着した時のつぶやきを100字以内で答える問題

普通の大学試験では見かけないような、人間性や価値観を問われるような問題が多いとのこと。

また、油画科の場合、そのイメージとは異なり、体力勝負な面があるそうです。実技試験に必要な画材が多く、どうしても荷物が多くなってしまうため、集合場所から試験会場に誘導する試験監督についていくのは、一苦労。一部では、「ハンター試験」と呼ばれているそうです。


何かを極めた、極めようとしている人たちの話は面白い!

他にも、本書では次のようなエピソードが紹介されていました。

  • 美校と音校のカルチャーの違い
  • 各学科の特徴、所属する人々の個性の違い
  • 芸術に対する向き合い方
  • 恋愛と芸術
  • 「古典」と「新しい芸術」への挑戦

もちろん副題のとおり、カオスなエピソードが満載ですが、なかには恋愛や就職のことで悩む姿なども紹介されていて、天才たちの「非日常性」と「日常性」を垣間見ることができました。

また、この本を読んで感じたのは、「何かを極めた、もしくは極めようとしている人たちの話は面白い!」ということでした。私たち凡人から見ると、少し変わった人たちに見えますが、特定の分野を極めた人たちの言葉や行動には、人を惹きつける何かがあると感じました。

本書は、東京藝大を志望する受験生やその家族にとっては「大学案内」になりますし、これまで「藝大」についてよく知らなかった人にとっては「藝大入門書」もしくは「芸術入門書」になる一冊だと思います。



↑このページのトップヘ