インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

キャッシュレス決済
2017年1月5日に放送された経済情報番組「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)で、「"現金が消えた"国 中銀が電子通貨を発行?」という特集が組まれていました。

面白い内容だったので、内容をご紹介します。併せて、私が考えるキャッシュレス社会のメリット・デメリットについて、まとめてみました。

【記事の目次】
1. 特集内容
2. キャッシュレス生活のメリット
3. キャッシュレス生活のデメリット
4. おわりに

特集内容

日本でも普及が進む電子マネー。しかし、クレジットカードを含めたキャッシュレス決済の比率は19%と中国、韓国、アメリカの半分以下だ。まだまだ普及が遅れる日本とは対照的にキャッシュレス決済が100%近くに迫っている国が北欧にあった。その国はスウェーデン。クレジットカードの普及に加えて、スマートフォン向けのアプリを使って決済する「スウィッシュ」が普及している。首都ストックホルムでは青空市場のようなところでも使え、街中のカフェなどでは現金お断りの店も。教会も現金による寄付は1割に過ぎず、カードが使える。キャッシュレス化で現金を狙った強盗などの犯罪が減っているという。こうしたなか紙幣クローナを発行しているスウェーデン中央銀行では新しい電子通貨の発行も検討しているという。出遅れている日本のヒントになるのか?キャッシュレス大国スウェーデンを取材した。

「ワールドビジネスサテライト」番組公式ページから引用)


印象に残った内容をご紹介します。

  • スウェーデンでは、国内のお金のやりとりのうち、電子決済の割合が98%、現金決済は2%
  • 国内銀行1600店舗のうち900店舗は現金を置いていない
  • 銀行が共同で立ち上げた決済アプリ「スウィッシュ(Swish)」が普及、国民の半数が使用している
  • 青空市場での購入、教会への寄付にもスウィッシュやクレジットカードが使用可能
  • 「現金お断り」のお店も多い(現金を扱わないので安全、お金に触れないので衛生的という考え)
  • スウェーデン中央銀行は、電子通貨「イークローナ」の発行を検討している

日本はキャッシュレス決済の比率が19%に留まっているのに対し、スウェーデンは98%にも達していることに驚きました。銀行も半数以上の店舗が、現金を取り扱っていないほど、徹底しています。

キャッシュレス決済が進んだ背景には、金融機関の運営コストの削減資金決済の透明化捕捉率の向上があるとのこと。

日本は現金主義が根強いですが、私自身は、日頃からクレジットカードや電子マネーを多用しています。

銀行振込を含めると、支出の9割程度がキャッシュレス決済。現金を使う場面といえば、慶弔時のお金、飲み会時の割り勘、現金オンリーのお店などでしょうか。

そこで、私が考えるキャッシュレス生活のメリット・デメリットをまとめてみました。

キャッシュレス生活のメリット

まずは、キャッシュレス生活のメリットを挙げると
  • クレジットカードや電子マネーを利用することで、ポイントが貯まる
  • ATMで現金を引きおろす「手間」と「時間」を節約することができる
  • 使用履歴が残るので、どこでいくら使ったのか管理しやすい
1回あたりは少額であっても、年間にするとまとまった金額になるので、日々の決済をクレジットカードや電子マネーにすることで、多くのポイントを貯めることができます。

特に、決済方法で値段が変わらないのであれば、ポイントが貯まる分、クレジットカードや電子マネーによる支払いがお得だと思います。

また、口座から現金を引きおろす手間が省けるのも嬉しい点。最近では、ATM手数料もバカになりませんしね。

マネー本によっては、使い過ぎを防ぐため、クレジットカードの不使用を勧めていることがあります。ただ、個人的には、使用履歴が残る分、クレジットカードや電子マネー決済の方が家計管理しやすいと感じています。

キャッシュレス生活のデメリット

反対に、デメリットとして
  • 災害時や回線トラブルで、クレジットカードや電子マネーが使えないことがある
  • 個人店や少額決済の場合、キャッシュレス決済を嫌がられることがある
  • データの流出が怖い
  • ポイントを貯めることが目的になってしまう
東日本大震災の際、地震発生後の停電で、レジが使えなかったため、現金で購入したことがありました。その時、店員さんは、手元のメモ用紙で、売り上げを計算しながら売ってくれたのですが、このような非常時には、現金の力は偉大です。

ごく稀に、通常時でも回線トラブルで、クレジットカードなどが使えないこともあります。日頃は便利なクレジットカードや電子マネーであっても、電気やネット回線が止まってしまえば、使うことができません。災害時のことも考えると、いくらかの現金を持っておいた方が良いようです。

キャッシュレス決済の場合、加盟店である店舗側が数%の手数料を負担しているため、使用を嫌がられることがあります。本来、ユーザである私たちは、気にする必要はないと思いますが、なんとなく気まずいですよね。

また、以前、データの流出で、クレジットカードを再発行したことがありました。すぐに再発行できれば、不正使用の心配はありませんが、あまり気持ちのいいものではありませんでした。

最後に、ポイントを貯めることが目的化していないか、注意が必要です。カード会社は、ユーザにより多くの金額を使って貰おうと、色々なキャンペーンを出してきます。しかし、特別ポイントが付与されるからといって、不要な買い物をしては節約になりません。

おわりに

国としても、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会の開催に向けて、キャッシュレス決済の普及を進めるようです。現状では、クレジットカードや電子マネーが利用できない場所も多いので、政策によって、利用できる場面が増えることを期待しています。

今後もキャッシュレス決済を賢く使って行くと同時に、災害などに備えて、少額紙幣や貨幣で現金を手元に置いておこうと感じました。

NHK・Eテレの番組「ねほりんぱほりん」で、株式投資で1億円以上儲けた「億り人(おくりびと)」が取り上げられていました。

「ねほりんぱほりん」とは?

顔出しNGの訳ありゲストはブタに、聞き手の山里亮太とYOUはモグラの人形にふんすることで「そんなこと聞いちゃっていいの〜?」という話を"ねほりはほり"聞き出す新感覚のトークショー。作りに作り込んだEテレお得意の人形劇と、聞いたこともないような人生の"裏話"が合体した人形劇×赤裸々トークをお楽しみください!

番組公式ページの「番組情報」より引用)

「ねほりんぱほりん」は、毎週水曜午後11時に放送されているトークショーで、かわいらしい人形に扮したゲストが、赤裸々な体験談を語る番組です。

NHKにしては、なかなか攻めた内容で、これまで「養子」、「痴漢えん罪経験者」、「2次元しか本気で愛せない女たち」などが放送されています。

2017年1月4日に放送された番組では、ゲストとして「億り人」が登場していました。

番組内容

簡単に、番組内容をご紹介します。なお、リアルタイムで観ただけなので、理解できた範囲でのメモであることをあらかじめご了承ください。


  • ゲストは、20代独身の男性。保険会社にSEとして勤務
  • 株式投資をしていた母親の影響で、自身も小学校3年生の頃から株式投資を始めた
  • 新聞3紙、雑誌13誌に目を通し、世の中の動向をチェック
  • 『会社四季報』を通読(証券コードから企業名などを言い当てられるレベル)
  • 休日はスポーツジムで自転車を漕ぎながら、『世界国勢図会』を読んでいる
  • 月に1、2回は、投資家仲間とオフ会を開催
  • 年収1年分の損失を出したことも。その時は、落ち込んで1日中寝込んだ・・・
  • 時には、豪遊することもある(高級ホテルのランチブッフェ、パスタの食べ歩き)


番組中では、これから値上がりすると思う銘柄を教えあうオフ会の様子や、株の恐怖体験として、製薬ベンチャーで2億円失った投資家、仕手株で失敗した人などが紹介されていました。

株式投資は恋愛に通じる」とのエピソードから、進行役のYOUが株式投資に興味を持ち始める、という一幕もありました。

感想

ゲストで登場した男性は、ファンダメンタルズ派のアクティブ投資家のようでした。現在、私が行っているインデックス投資は、世界経済の成長に連動して、数%の平均リターンを目指す投資法です。そのため、ゲストのように、短期間で1億円越えの資産を築くことはできません。

しかしながら、銘柄分析に時間をかける必要がなく、基本的に「ほったらかし」にできる所を気に入っています。こっちの方が、私には合っていると思うので、これからもインデックス投資をメインに、資産形成を続けていきます。

まだお正月気分が抜けませんが、明日の大発会から2017年の相場が始まります。
リスク許容度を再確認するために、わたしのインデックスで公開されている資産配分ツールでポートフォリオの分析を行いました。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

資産配分ツールに入力したアセットアロケーションは、直近のデータ(2016年12月末)です。

国内債券 43.0%
国内株式 5.2%
先進国株式 41.1%
新興国株式 10.7%


平均リターンとリスク

過去20年実績データ(1996年12月-2016年11月、円ベース)でみると、次のような結果になりました。
平均リターンとリスク
(「わたしのインデックス」の資産配分ツールより転載)

平均リターン: 5.1%
リスク: 11.0%
シャープレシオ: 0.47

大暴落時のポートフォリオ

「資産配分ツール」では、次の4期間におけるポートフォリオの状況を調べることができます。
  • アジア通貨危機(1997年7月-1998年10月)
  • ITバブル崩壊、テロ(2000年3月-2003年3月)
  • 世界金融危機(2007年7月-2009年2月)
  • リーマン・ショック(2008年8月-2009年2月)
最大の下落率だった世界金融危機時で調べた時、ポートフォリオの状況は、次のようになりました。
大暴落時のポートフォリオ
(「わたしのインデックス」の資産配分ツールより転載)

世界金融危機並みの大暴落が起きた場合、38.4%の評価損になるようです。

一般に、年率リターンのバラツキが、平均リターンを中心とする正規分布に従うと仮定した時
  • 平均リターン ± 1標準偏差(= リスク)の間に収まる確率: 68.3%
  • 平均リターン ± 2標準偏差の間に収まる確率: 95.4%
  • 平均リターン ± 3標準偏差の間に収まる確率: 99.7%
といった確率になることが知られています。

私のポートフォリオの場合
  • 平均リターン ± 1標準偏差: -5.9%〜16.1%
  • 平均リターン ± 2標準偏差: -16.9%〜27.1%
  • 平均リターン ± 3標準偏差: -27.9%〜38.1%
ぐらいの変動の間に、それぞれの確率で、年率リターンが収まる計算になります。

ざっくりまとめると
  • 大暴落が起きた時、1年間で約30%の評価損を抱えることになる
  • 世界金融危機のように株価低迷が長引けば、約40%の評価損を抱えることになる

このことを念頭に置きながら、2017年もインデックス投資を続けていきます

下記の図書は、暴落時でも積立投資の継続が、いかに重要かということを教えてくれます。


↑このページのトップヘ