インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

scholarship
仕事関連の本として、『奨学金が日本を滅ぼす』(朝日新聞出版, 2017.2)を読みました。

概要

奨学金が日本を滅ぼす / 大内裕和.
東京 : 朝日新聞出版, 2017.2. 261p : 18cm.

著者の大内裕和さんは、中京大学国際教養学部教授で、「奨学金問題対策全国会議」の共同代表を務められている方です。

本書の目次は、次のとおりです。
  • 第1章 この30年で大きく変わった大学生活
  • 第2章 なぜ奨学金を借りなければならないか
  • 第3章 奨学金を返せないとブラックリストに
  • 第4章 奨学金返済で「結婚」「出産」「子育て」できない
  • 第5章 学費と奨学金制度の過去から現在
  • 第6章 奨学金をめぐる改善の動き
  • 第7章 奨学金制度 : 当面の改善策
  • 第8章 奨学金制度の抜本的改革が必要

奨学金を利用する学生が増えている2つの理由

本書は、様々な統計データを紹介しながら、社会問題化している「奨学金問題」を明らかにしています。

特に印象に残ったのが、冒頭で紹介されていた「大学生の奨学金利用者の割合は、1996年の21.2%から、2012年には52.5%に上昇した」との統計結果です。

幸いにも、私自身は奨学金を借りることなく大学院まで修了することができました。また、業務として奨学金に携わることもなかったため、半数以上の大学生が奨学金を利用しているとの認識がありませんでした。

大内さんによれば、奨学金の利用者が増加した原因として、次の2点が考えられるそうです。

  1. 大学の授業料が値上がりしていること
  2. 学費を負担している保護者の所得が減少していること

1980年代以降、国立大学、私立大学ともに授業料が値上がりしている一方で、1990年代半ばから平均年収は減少しています。昔と今では、大学生活を取り巻く環境が大きく変わっているにも関わらず、「国立大学の学費は安い」といったイメージを持ったままの世代も多く、世代間ギャップが存在しているそうです。

奨学金を返せないとブラックリストに!?

本書では、奨学金回収の厳しい実態も明らかにされています。

最近、日本学生支援機構による取り立てが強化されていて、奨学金の返済が滞ると
  • 本人や保証人への電話による督促
  • 債権回収専門会社への回収移行
  • 個人信用情報機関への登録
  • 裁判所に支払督促の申し立て
などが行われているとのこと。

本書では、奨学金制度の説明だけではなく、リアルな事例も紹介されており、奨学金の返済が困難になっている実態について知ることができます。

少し気になる点も・・・

本書は、統計データの分析から「奨学金問題」は、個人だけで解決できる問題ではなく、社会として取り組むべき課題であると指摘しています。

しかしながら、個人的には少し気になる点もありました。それは、奨学金の管理が親や保護者任せになっており、貸与されている金額や使い道を把握していない学生が多い点です。

大内さんも主張されていますが、
  • 奨学金を利用するか否かは、利用する本人と話し合った上で決定する
  • 奨学金の金額や使い道については、きちんと本人に伝える
ことが重要だと感じました。自分が置かれている状況を正確に把握できないと、その後の対応が誤ったものになる可能性があるからです。

自分の状況を把握し、適切な対応策を考える。この部分は、個人でも取り組むことができる部分なのではないでしょうか。

まとめ

本書は、奨学金問題の全体像を分かりやすく解説するとともに、抜本的な改革案を提示しています。本来、「人への投資」であるべき奨学金が、「将来の債務」になっている奨学金問題。この問題を解決していくために、一人でも多くの方に、現状を知って欲しいと思います。

奨学金が日本を滅ぼす (朝日新書)
大内裕和
朝日新聞出版
2017-02-13

New York Stock Exchange
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」の純資産総額が500億円を突破しました。

先進国株式クラスのインデックスファンドで、純資産総額が500億円を突破したのは、「SMTグローバル株式インデックス・オープン」に次いで2例目です。

低コストインデックスファンドの純資産総額(2017年5月10日時点)

先進国株式インデックスファンド純資産総額比較
ファンド名純資産総額
SMTグローバル株式インデックス・オープン576.68億円
ニッセイ外国株式インデックスファンド501.05億円
eMAXIS先進国株式インデックス362.04億円
外国株式インデックスe151.81億円
たわらノーロード先進国株式91.99億円
野村インデックスファンド・外国株式73.30億円
(出典:各運用会社のデータ(2017年5月10日時点)より柴崎シュンスケが作成)

ファンドの純資産総額を見てみると、低コストインデックスファンド第一世代の「SMTグローバル株式インデックス・オープン」と「eMAXIS先進国株式インデックス」が、未だ大きな純資産総額を保っていることが分かります。

一方、「ニッセイ外国株式インデックス」は後発のインデックスファンドですが、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で3連覇しており、急速に純資産総額を伸ばしています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの資金流出入状況

ニッセイ外国株式インデックスファンドの直近6ヶ月の資金流出入状況は、次のとおりです。 
  • 2017年3月: 29.70億円
  • 2017年2月: 14.97億円
  • 2017年1月: 15.94億円
  • 2016年12月: 1.16億円
  • 2016年11月: 9.44億円
  • 2016年10月: 13.35億円
ばらつきはありますが、平均すると1ヶ月あたり10億円を超える資金が流入しています。

果たしてマザーファンドの純資産総額の伸びは?

安定的に純資産総額を伸ばしている「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」ですが、マザーファンドの純資産総額はどれだけ伸びているのか気になります。

直近の運用報告書(第18期)によれば、マザーファンドの純資産総額は624億円。ライバルのマザーファンドは、概ね2,000億円を超えているため、ニッセイの規模の小ささが目立つ形になっています。

ニッセイ外国株式を保有する立場から、「運用実績の安定化」と「実質コストの低下」のために、マザーファンドの純資産総額も伸びていれば嬉しいのですが・・・次回、運用報告書が公開されたら、マザーファンドの純資産総額の伸びにも注目したいと思います。

account
大学生の頃から、4つの口座で、個人資産を管理しています。きっかけは、竹川美奈子さんの『「しくみ」マネー術』(PHP研究所, 2008.8)を読んだことでした。

竹川さんは、お金の仕組み化が大切として、「生活口座」「貯蓄用の口座」「プール用の口座」「投資用の口座」の4つに分けた使い分けを提案されていました。

貧乏学生だった私は、これなら自分にもできそうだと思い、さっそく使い分けを開始。その後、微修正を加えながら、今に至っています。

1. 生活資金

メインで使っている都市銀行の普通預金口座を利用しています。生活資金を管理する口座で、給与の振込先口座、光熱費・クレジットカードの引き落とし口座として使っています。だいたいクレジットカードの利用限度額以上の金額は入れるようにしています。

あくまで決済を目的にした口座なので、金利の低さには目をつぶっています。

2. 生活防衛資金

メインで使っている都市銀行の定期預金口座(一部、普通預金口座も併用)を利用。病気や失業といった非常時に備えた資金で、2年分以上の生活費を確保しています。

守り」を意識したお金なので、こちらも金利の低さは気にしていません。

3. 予備積立金

メインで使っている都市銀行の普通預金口座を利用しています。1〜2年以内に使うことを予定している資金(冠婚葬祭費、賃貸住宅の更新費、旅行代など)を積み立てて管理しています。

当初は、サブで使っている都市銀行を利用していましたが、決済の時、生活資金に移し替えるのが面倒になり、メインの銀行に集約化しました。

エクセルで、使用目的と積立額を管理しています。

4. 投資用口座

ネット証券の特定口座、NISA口座を利用しています。長期的に増やしていくことを目的にした口座。いわば「攻め」のお金です。

現在は、低コストのインデックスファンド、国内個別株式、個人向け国債を活用し、分散投資しています。

まとめ

夫婦共有の口座も含めると、他にもいくつか口座を持っているのですが、同様に「4つの口座」を意識して使い分けています。

口座が増えすぎると管理が面倒になるというデメリットもありますが、個人的には「心の会計(メンタルアカウンティング)」を利用した今の管理方法が気に入っています。

↑このページのトップヘ