インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

3000円投資生活

横山光昭さんの『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム, 2016.7)を読みました。

概要

はじめての人のための3000円投資生活 / 横山光昭.
東京 : アスコム, 2016.7. 223p : 18cm.

著者の横山光昭さんは、家計再生コンサルタントとして、貯金法などのマネー本を数多く出されています。本書では、投資初心者向けに少額から始める積立投資について、書かれています。

本書の目次は、次のとおりです。
  • Part 1 さあ、3000円投資生活を始めよう
  • Part 2 3000円投資生活なら「貯金感覚」でコツコツ増える
  • Part 3 1万人の家計を見てきてわかった「投資の分かれ道」
  • Part 4 絶対にやってはいけない、投資とお金の使い方

本の奥付を見ると、なんと26刷でした。20回以上、刷り増しされたことを考えると、本書の売れ行きは好調のようです。

本書の概要を簡単にご紹介します。

「貯金+投資」で、将来に備える

本書の中で、横山さんがすすめている投資法は、非常にシンプルなものです。
月々3000円で投資をスタートし、バランス型の投資信託を買う
(17ページより引用)

「3000円」という金額は、横山さんがこれまでの経験をもとに考えた金額とのこと。
  • 始めて投資をする方が、おそらくあまり怖さを感じずに投資にまわせる金額
  • 貯金をしながら投資をスタートさせるのに、ちょうどいい金額
(19-20ページより)
確かに、3000円程度の金額であれば、無理なく投資を始めることができそうです。本書では「3000円投資生活」というキーワードで、貯金積立投資を組み合わせた資産形成法が、わかりやすい言葉で解説されています。

「遠くの100万円」ではなく、「近くの1000円」を目指す

本書の中で、一番心に残った文章が次のものです。
これから3000円投資生活を始めようというみなさんは、決して大もうけは狙わないでください。「遠くの100万円」ではなく、あくまでも「近くの1000円」を目指しましょう。
(115ページより引用)
私が実践しているインデックス投資は、どちらかというと地味な投資法です。相場の上げ下げに乗じて大儲けを狙うというよりは、資本主義経済の成長に従って、ゆっくりと資産を増やしていく投資法だからです。

投資を始めると「老後までに数千万貯めたい」といったように、つい目標を高く設定してしまいがちです。しかし、まずは「1000円を増やす喜び」を知った上で、地道に資産形成を続けていくことが大切だと、改めて感じました。

まとめ

本書は、わかりやすい文章で、積立投資やお金の管理法について解説が行われています。また、文字や行間が大きめなので、サクサクと読み進めることができます。

本書には基本的なことしか書かれていないので、「インデックス投資を行っている人」や「似たようなマネー本を読んだことがある人」にとっては、得られる情報はあまり多くありません。

しかし、投資初心者の方にとっては、投資を始めるきっかけとなる一冊だと思います。「3000円投資生活」を通して、「1000円を増やす喜び」を知ってみませんか。


ear-of-rice
新興国株式クラスのファンドを「野村インデックスファンド・新興国株式」から「たわらノーロード 新興国株式」に変更します。

変更の理由は、次の3点です。

1. 「たわらノーロード新興国株式」の方が信託報酬が低い

新興国株式インデックスファンド信託報酬率比較
信託報酬率(年率・税抜)
委託会社販売会社受託会社合計
たわらノーロード 新興国株式0.2275%0.2275%0.0400%0.4950%
野村インデックスファンド・新興国株式0.2800%0.2800%0.0400%0.6000%

信託報酬を比較すると、「たわらノーロード新興国株式」の方が0.105%だけ信託報酬が低くなっています。

毎年、保有資産に対してかかる信託報酬は、運用成績を確実に押し下げるコストになります。そのため、「できるだけ低コストなインデックスファンドに乗り換えたい」というのが、一番の理由です。

2. 資金流入が続いている

「たわらノーロード 新興国株式」は、ファンドの設定以降、資金流入が続いています。直近6ヶ月(2016年11月〜2017年4月)の資金流出入額を見てみると

  • たわらノーロード 新興国株式: 5.36億円
  • 野村インデックスファンド・新興国株式: 1.64億円

繰上償還の可能性が低いインデックスファンドに投資したいため、継続的に資金が流入している「たわらノーロード 新興国株式」の方が魅力的でした。

3. マザーファンドの規模が大きい

「たわらノーロード 新興国株式」の純資産総額は15.67億円(2017年6月2日時点)と、それほど大きくはありません。しかし、マザーファンドの純資産総額を調べてみると

  • たわらノーロード 新興国株式: 約362億円(2016年4月18日時点)
  • 野村インデックスファンド・新興国株式: 約130億円(2016年5月10日時点)

「たわらノーロード 新興国株式」の方が、マザーファンドの規模が大きいです。

現在の保有ファンドは、そのままバイ&ホールド

上記の3つの理由から毎月の積み立てを「たわらノーロード 新興国株式」に変更します。ファンドの変更によって、税抜きで0.105%の信託報酬を節約できることになります。

ただ、毎月積み立てるファンドを変更するだけで、既に保有している「eMAXIS新興国株式インデックス」と「野村インデックスファンド・新興国株式」は、バイ&ホールドし続けます。(今後、評価額がマイナスになるようなことがあれば、全面的な乗り換えを検討するかもしれませんが・・・)

これからも低コストなインデックスファンドを活用し、分散投資を続けていきます。

coins-997799_1920
2017年5月24日、SBI証券が投資信託の最低買付単位引き下げを発表しました。

参考:投資信託が100円から購入できるようになります!(5/25(木)発注分(予定)〜) | SBI証券
SBI証券でお取扱している約2,400本の投資信託ほぼ全てが100円から購入いただけますので、投資が初めての方は、今まで以上に気軽に!投資経験がある方も、気になる投資信託のお試し買いや、より細かなポートフォリオ構築にご利用いただきやすくなります!
SBI証券のページより引用)
SBI証券のお知らせによれば、金額買付と積立買付の最低買付単位を引き下げるとのこと(ただし、一部例外となる投資信託あり)。

  • 金額買付: 原則10,000円以上1円単位 → 原則100円以上1円単位
  • 積立買付: 原則500円以上1円単位 → 原則100円以上1円単位

金額買付については本日(5/25)発注分から、積立買付については2017年7月初旬(予定)からサービスが開始されます。

これまでも積立買付であれば少額から購入可能でしたが、今回の変更により金額買付でも100円から投資信託を購入できるようになりました。

塵も積もれば山となる」という諺のとおり、1回あたりの金額は少額であっても、長期間続けることで、まとまった金額に膨れ上がることもあります。

今後、投資信託のつもり買付アセットアロケーションの微調整などが可能になるため、SBI証券の使い勝手が大幅に向上しそうです。

↑このページのトップヘ