インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

つみたてNISAの認知度
三菱UFJ国際投信株式会社が、つみたてNISAに関する認知度調査の結果を発表しました。

【外部リンク】「つみたてNISA」1万人認知度調査の結果について(PDF)|三菱UFJ国際投信株式会社

つみたてNISAに関する認知度調査

調査対象

20才〜69才までの男女10,000人

調査時期

2017年9月20日〜9月23日

調査方法

インターネットリサーチ

調査結果

今回のプレスリリースによれば

  • つみたてNISAについて、「知っている」と回答した人は19.1%
  • 性別でみると、男性の認知度23.8%に対し、女性の認知度は14.4%
  • 年齢別でみると、「60歳以上」の認知度が一番高い(22.7%)
  • 資産形成層の認知度は比較的高い(「30才〜34才」20.7%、「35才〜39才」19.5%、「40才〜44才」18.4%)

という結果になっています。

2017年5月に、野村アセットマネジメント株式会社が実施した類似の調査では、「つみたてNISAの認知度は1割程度」だったため、認知度が上がっています。

【外部リンク】「つみたてNISA」に関する意識調査の結果について(PDF)|野村アセットマネジメント株式会社


まだ制度が始まっていない段階で、約5人に1人が「つみたてNISAを知っている」と回答しているのは、悪くない結果だと思いました。

ただ、今回の調査結果で気になったのは、男女間で認知度の差が大きいことです。

認知度向上のためには、女性へのアプローチが必要なのでは?

上記のとおり、つみたてNISAの認知度を性別でみると、男女間で9.4%の開きがあります。

投資系ブログやSNSでは、女性もつみたてNISAに関心を持ち、積極的に情報収集している様子が見られますが、世間一般的には、まだ関心が薄いようです。

つみたてNISAを普及させるためには、これから認知度を上げていく必要があると思います。ただ、現時点で、認知度に男女差があることを考えると、女性へのアプローチが認知度向上のカギなのかもしれません

まずは女性をメインターゲットにしたPRを進め、全体的に底上げしていくことが必要だと感じました。

三菱UFJ国際投信は、継続的に調査を行うようです。今後、つみたてNISAの認知度が上がっていくのか、男女差が解消されていくのか注目したいと思います。

<購入・換金手数料なし>シリーズ5商品が信託報酬率引き下げ
2017年10月6日付で、ニッセイアセットマネジメント株式会社が、<購入・換金手数料なし>シリーズ5商品の信託報酬率引き下げを発表しました。3年連続3回目の引き下げです。

【外部リンク】<購入・換金手数料なし>シリーズ5商品の信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について(PDF)|ニッセイアセットマネジメント株式会社

概要

今回、信託報酬率引き下げが発表されたのは、次の5商品です。
ニッセイ信託報酬率引き下げファンド
今回の引下げによって、上記の5ファンドが、信託報酬率最安値になりました。それぞれのクラスにおいて、これまでの信託報酬率最安値から0.001%引き下がる形での更新です。

先日、発表されたニッセイ新興国株式インデックスファンドもライバルファンドから0.001%低い信託報酬率の設定でした。これからは0.001%単位で、激しい信託報酬率引き下げ競争が繰り広げられるのかもしれません。

【参考】ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズに、新興国株式とバランスファンド(6資産均等型)が登場

Fund of the Yearで、4年連続の1位はあるか?

ニッセイのプレスリリースによれば、<購入・換金手数料なし>シリーズ合計の純資産総額が1,000億円を超えたそうです(2017年9月末時点、全9商品)。

後発のインデックスシリーズですが、ニッセイ外国株式インデックスファンドを中心に、順調に純資産総額を伸ばしていることがわかります。(ちなみに、9月末時点におけるニッセイ外国株式の純資産総額は、約629億円)

ニッセイ外国株式インデックスファンドといえば、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で、2014年から3年連続1位を獲得したファンド

2016年11年に発生したベンチマークからの乖離問題やライバルファンドの登場によって、人気に陰りがでていましたが、今回の信託報酬率引き下げによって、4年連続1位の可能性が高まったように思います。

2017年度の第2四半期末になりましたので、2017年9月末時点の資産状況を公開します。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2017年2Qアセット・アロケーション
国内債券 43.2%(目標配分:45%)
国内株式 5.1%(目標配分: 5%)
先進国株式 40.4%(目標配分:40%)
新興国株式 11.3%(目標配分:10%)

運用資産(コア部分)のアセットアロケーションは、前期末とほぼ変わっていません。国内債券の割合が目標を下回っていますが、リバランスは行わず、毎月の積み立ても目標アセットアロケーションの割合で行いたいと思います。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
2017年2Q
投資額が順調に積み上がっています。また、国内外の株式市場が堅調だったため、評価額も過去最高額を更新しました

2017年度第2四半期(7月〜9月)の運用資産(コア部分+サテライト部分)の収益率は+3.99%、今年度始めからの収益率は+7.00%でした(ざっくりとした計算ですが、下記の計算式で収益率を算出)。

今期末評価額 ÷ (前期末評価額 + 今期投資額)

なお、2017年9月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、68%:32%でした。もう少しコア部分の割合を高めたいのですが、のんびりいきます。

今後の投資方針

9月に参加した「つみたてNISAフェスティバル2017」のパネルディスカッションで、ファンド情報編集長の岡田篤さんが仰っていた「続けること、続けること、そして続けること」という言葉が、とても印象に残っています。

【参考】「つみたてNISAフェスティバル2017」に参加。市場に残り続けることの重要性を再認識

今後、相場環境の急激な悪化が起きるかもしれません。そのような時でも市場に残り続けられるように、これからも無理がない範囲で、コツコツと積み立て投資を続けていきたいと思います。

次回の公開は、2017年12月の予定です。

↑このページのトップヘ