インデックス投資で長期航海

低コストインデックスファンドを活用し、国内/先進国/新興国の株式に分散投資を実践中。ブログで、投資および資産状況を公開しています。

2016年度の第4四半期末を迎えましたので、2017年3月末時点の資産状況を公開します。

参考:前回の資産状況は、以下をご参照ください。

運用資産(コア部分)のアセットアロケーション

2016-4q2
国内債券 42.6%(目標配分:45%)
国内株式 5.2%(目標配分:  5%)
先進国株式 40.7%(目標配分:40%)
新興国株式 11.5%(目標配分:10%)

前期と比べると、新興国株式の比率が高くなりました。相対的に、国内債券の比率が、目標配分よりも小さくなっています。ただ、リバランスを実施するほどのズレではありませんので、次期も目標配分に従って積立投資を行っていきます。

なお、2017年3月末時点での運用資産(コア部分)と運用資産(サテライト部分)の比率は、65%:35%でした。

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移

運用資産(コア部分+サテライト部分)の推移は、下記のとおりです。
2016-4q1
期中において、国内外の株価が堅調だったこともあり、評価額が過去最高額を達成しました。投資額の方も順調に積み上がっています。

新たなチャレンジとして、米国株に挑戦したいと書いていましたが、実際にはまだ投資していません。最近は、国内の個別株にも投資していませんし、コア部分のインデックスファンドを淡々と積み上げている感じです。段々と、インデックス投資に傾倒してきているのかも

まとめ

2016年度は、ブレグジットやトランプ・ショックなどで、一時的に相場が急落する場面が何度かありました。しかし、後半にかけて、株価が持ち直したため、結果的には評価額が過去最高額を達成することができました。

2017年度は、どこかで相場の転換期を迎えるのかもしれませんが、相場がどのようであっても、低コストのインデックスファンドを中心に、分散投資を続けていきます。

次回の公開は、2017年6月の予定です。

birthday-1208233_1920
当ブログ「インデックス投資で長期航海」が一周年を迎えました。諸先輩方の投資ブログとは、質、量ともに比べるべくもありませんが、一年間続けることができたのは、皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

投資ブログを始めたことで、憧れだった「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」に投票できたことが、一番の思い出です。当初、「投信ブログ」として認めてもらえないのではないかと、ヒヤヒヤしていましたが、無事投票できていたようです。良かった(笑)

駆け出しブロガーの第一目標は、100記事書くこと」といった記述をよく見かけます。その意味では、記事数が60程度の本ブログは、かなりスローペースのようです。ただ、今後ともインデックス投資同様に、焦らずマイペースで、続けていければと考えています。

これからもごく普通のサラリーマンによる資産運用の様子を発信していきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

piggy-bank-1344135_1920
2017年3月分の定期積立の発注を行いました。今月、購入したファンドは、次の4本です。
  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 野村インデックスファンド・新興国株式
毎月購入している同じ顔ぶれです。

ここ最近、先進国株式クラスを「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるブロガーが増えています。たわらノーロードの方が、実質コストの点で優れていますが、下記の2点の理由から乗り換えに踏み切れず、ニッセイ外国株式を継続しています。
  • たわらノーロード先進国株式の純資産総額が100億円未満であること
  • 資産流入状況をみると、流入額がニッセイに負けていること
「たわらノーロード先進国株式」の純資産総額がもう少し増えたら、乗り換えを検討しようと思います。

今月の積立投資で、2016年度の投資活動が終了しました。来月から新年度が始まりますが、来年度も淡々と積立投資を続けていきます。

↑このページのトップヘ