インデックス投資で長期航海

インデックス投資を中心とした投資ブログ。30代の会社員が資産形成、お金、教育について語ります。

つみたてNISAへの移行
これまで一般NISAを利用してきましたが、来年から「つみたてNISA」に移行します。

一般NISAとつみたてNISAのどちらが良いかは、投資状況や方針によって異なるため、「自分の場合は、どちらだろうか」と、悩んでいました。

最終的には、「つみたてNISAフェスティバル2017」が決め手となり、つみたてNISAへの移行を決心しました。


あくまでも一個人投資家のケースにすぎませんが、移行を決めた理由、そして、活用方針についてまとめたいと思います。

つみたてNISAを選んだ理由

理由1. 最長20年間の非課税期間

1つ目の理由は、つみたてNISAの非課税期間が最長20年間であること。

定年退職まで投資を続ける場合、残りの投資期間は30年以上。実際には、退職後も資産を取り崩しながら運用を続けるでしょうから、投資期間はさらに長くなります。

投資期間が長期であることを考えると、私には、非課税期間が長いつみたてNISAの方が合っていると判断しました。

理由2. 最大非課税枠が800万円

2つ目の理由は、最大非課税枠が800万円(年間40万円×20年)という点です。

私にとって、NISA口座は運用資産(コア部分)を積み立てる場所。そのため、最大で800万円を運用することができるつみたてNISAにメリットを感じていました。

ただ同時に、つみたてNISAの非課税枠は、移行を迷う原因でもありました。

年間40万円という金額は、資産形成層の私にとって、少し物足りない金額です。1年間に40万円を超える金額を投資する場合、つみたてNISAの口座だけでなく、特定口座を利用しなければなりません。

「特定口座を利用するぐらいだったら、年間あたりの非課税枠が大きい一般NISAを使うべきではないか」実に悩ましい問題でした。

色々悩みましたが、非課税枠については割り切ることにします。

短期的には物足りなさを感じるかもしれませんが、先々のことも考えると、年間40万円という金額は案外悪くない金額なのかもしれません。(いずれ運用資産が増えたときには、積み立て額を減らすつもりでいます)

以上2点が、つみたてNISAへの移行を決めた理由です。次に、つみたてNISAに移行した際の活用方針をまとめます。

つみたてNISAの活用方針

つみたてNISAの活用方針は、次の3点。

  • 「運用資産の一部」として位置付ける
  • 先進国株式のインデックスファンドが主力
  • 年間投資非課税枠40万円をすべて活用

つみたてNISAに切り替えても、投資方針自体は変えるつもりはありません。投資方針書に記したアセットアロケーションに従い、淡々と積み立てていくだけです。

運用資産全体で、アロケーションを考え、毎月購入するファンドは、つみたてNISA口座と特定口座に割り振ります

その際、非課税の恩恵を最大限活かすため、つみたてNISA口座には、期待リターンが高い先進国株式のインデックスファンドをメインに配分し、年間40万円の非課税枠をすべて活用する方針です。

絶好の投資教材とされる「つみたてNISA」。来年から、がんがん使い倒していきたいと思います。

定期積立
2017年11月分の定期積立を行いました。通算22回目の積立投資です。

今回、購入した商品は、次の4本です。

  • 普通預金(「国内債券」とみなしています)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード新興国株式

先月から忙しい状況が続いています。ようやく代休を取ることができたため、溜まっていたタスクを処理。その流れで、11月分の定期積立を行いました。結果として、いつもよりは若干早いタイミングでの投資になりました。

また、今月分の積立投資と併せて、つみたてNISAへの変更を申し込みました。後日、SBI証券に「勘定変更依頼書」を返送すると、手続きは完了です。

現行NISAからつみたてNISAに変更した理由は、後日、別記事にまとめたいと思いますが、2018年以降はつみたてNISAと特定口座で、インデックス投資を継続します

なんと驚いたことに、今まで投資に興味がなかった妻が、最近、つみたてNISAに興味を持ち始めているようです。せっかくなので、この機会を利用し、つみたてNISAデビューしてもらいたいのですが、夫婦仲のために無理強いすることもできず・・・気長に説得しようと企んでいます笑

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」に投票しました。初投票だった昨年に続き、2回目の投票です。

そもそも、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」とは
投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

公式サイトから引用)
昨年の投票記事にも書きましたが、投資ブログをはじめようと思ったのは、このイベントがきっかけでした。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」は、個人投資家が自らの想いを投票に託し、運用会社に伝えることができる貴重な機会だと思います。

ひとりひとりの声は小さくとも、集まることで大きな力になります。是非、多くの投信ブロガーに参加していただきたいイベントです。

なお、2017年は、つみたてNISAの開始に向けて、投信業界に大きな動きがあった年でした。Fund of the Year 2017も激戦が予想されます。果たして、どのファンドが栄冠に輝くのか。今から、来年の結果発表が楽しみです。

↑このページのトップヘ